【アイコニックブログ】海外転職・アジア生活

海外転職やアジアでの生活に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

Ayu

日本の川育ち。海を越えシンガポールに渡りました。

Ayu

東南アジアにいながら、実は南アジアが専門。日本の低気圧が苦手で、常夏のシンガポールでは何故か活力がみなぎる。小籠包とJolliebeeを愛する外資系ウーマン。日本に残るサラリーマンの夫を連れてくるため、戦略検討中。

最近書いた記事

シンガポールと日本の間での郵送方法と配送事情

こんにちは。Ayuです。 今回はシンガポールと日本の間での郵送方法、郵送された荷物の受け取り事情について、お伝えしたいと思います。 1. シンガポールから日本への郵送する時 まずシンガポールから日本に荷物を郵送する場合は、最寄りのSingapore Post のオフィス(郵便局、以後 Singpostに省略)から郵送手続きができます。送りたい荷物をパッキングして持って行くか、郵便局で販売している郵送物のパッケージなどをその場で購入し、郵送先を書類に記入して、国際便で郵送します。 日本までは、郵送してから通常1週間前後くらいで

シンガポールの英語って?知っておきたいシングリッシュの特徴について

Ayuです。日本は猛暑が去って、秋らしい気候になってきましたね。今年はコロナもあって、異例の夏でした。 シンガポールも今年は雨の日が多い夏であり、洗濯物がなかなか乾かない印象が残りました。 コロナで自粛期間が続く上に、雨続きの日々は、家で新しい言語を学ぶにはうってつけです。 今回は多くの人が気になっているシンガポールの英語、シングリッシュについて、私の経験からわかる範囲でお伝えしたいと思います。 特に初めてシンガポールに来られる方にとっては、その特徴的な英語やイントネーションを聞き分けるの

デジタル都市シンガポールの必需品 SIM カード

こんにちは。Ayuです。 日本はいよいよ菅政権になり、デジタル庁が新設されたり、携帯の通信料金の低価格化が話題になっています。良し悪しは一旦抜きにして、シンガポールで暮らすとスマートフォン一つで一日中過ごせてしまうので、日本のデジタル化はまだまだ途上であることを余計に実感するこの頃です。また携帯の通信料金も高額と感じます。私が物価の高いと言われるシンガポールで暮らしていても、日本の方が高いと感じるのは公共交通料金と携帯の通信費のこの2つに限ります。因みに私の月額の携帯料金は、データ通信が毎月10Gバイ