前田純

いろいろやってみる

前田純

ICONIC 組織人事コンサルティング部。名古屋大学を卒業後、日本の会計事務所にて約4年間、中小企業の会計・税務といった「カネ」に関する業務を行う。その後、「モノ」を扱う製造業を経て、2015年よりベトナムへ進出。ICONICにてベトナムにおける人事労務に関する業務を行うことで、世の中の「ヒト・モノ・カネ」について国内外を通して経験。

最近書いた記事

労働許可証の申請書類準備の方針を決める最も重要な等式

こんにちは。 ICONIC 組織人事コンサルティング部門の前田です。 ベトナムにおける労働許可証申請の実務を開始する際、最初に行う必要があるのは、労働許可証に関する申請書類準備の方針を決定することです。 今回、リーガルチームからは、その方針決定において、最も重要な等式をお伝えしたいと思います。 下記の弊社ホームページには、リニューアルしたビザ・労働許可証関連のページがございますので、そちらも合わせてご参照くださいませ。 ・ベトナムのビザを申請する場合 ・ベトナムの労働許可証(ワークパーミット)を新

覚えておきたいベトナムのビザ・労働許可証申請実務の開始時期

こんにちは。 ICONIC 組織人事コンサルティング部門の前田です。 今回、ベトナムにおけるビザ・労働許可証申請実務への開始時期についてご案内したいと思います。 弊社へご依頼いただく際にも、その時期によっては、一度第三国へ出国していただかなければならないケースもございます。 理想としては、いったいどれくらいの時期から検討する必要があるのか、現時点の法令や実務にもとづき、よくある3つのケースを中心に見ていきたいと思います。 また、弊社ホームページにおけるビザ・労働許可証関連のページをリニューアルいた

ベトナムの労働許可証申請手続きを案内するときの注意点3つ

はじめまして。 ICONIC 組織人事コンサルティング部門の前田です。 弊社、ICONICの組織人事コンサルティング部門は、労働許可証申請や就業規則作成、労務相談等を担当する「リーガルチーム」と、人事制度構築や人材開発・研修を担当する「HRM(Human Resource Management)チーム」に分かれています。 これまでは、HRMチームを中心に情報を発信して参りましたが、今月より弊社リーガルチームからも情報をお届けして参ります。 最初のテーマは、日本人採用後、労働許可証の申請手続きを内定者に案内するときの注意点です。 労働許