堤雄史(外部ライター)

日本国弁護士

堤雄史(外部ライター)

会社設立手続き、各種ライセンス取得手続き、雇用契約書や就業規則の作成等の労務関連、売買契約書等の各種契約書の作成、法規制の調査、意見書の作成、DD等のM&A関連、訴訟・紛争案件、不動産譲渡手続き、商標登録等の知的財産権関連等、幅広い法務関連サービスを提供している。 ヤンゴン(SAGA国際法律事務所)、クアラルンプール(TNY Consulting (Malaysia) SDN.BHD.)、バンコク(TNY Legal Co., Ltd)、テルアビブ(TNY Consulting (Israel) CO., LTD.)大阪(弁護士法人プログレ・TNY国際法律事務所)に拠点を有する。

最近書いた記事

【ミャンマー法務ブログ】第3回:ミャンマーにおける法人設立

第3回となる本稿では、ミャンマーでの法人設立について解説します。   1. ミャンマーの外資規制 ミャンマーに進出するに当たり、まず確認すべきは外資規制です。ミャンマーで実施予定の事業を外資100%で行うことができるか、合弁が必要か、ミャンマー内資会社のみが実施できるかにより進出スキームの選択肢が大きく異なります。 外資規制については、投資法に基づき発布された2017年4月10日 投資規制業種通知(MIC Notification No.15/2017, List of Restricted Investment Activities)において、①「連邦政府のみが実

【ミャンマー法務ブログ】第2回:社会保障法

第2回となる本稿では、ミャンマーの社会保障法について解説します。   1. ミャンマーの社会保障法の制定 社会保障法(The Social Security Act, 1954)を改正する形で、2012年8月31日に新たな社会保障法(The Social Security Law, 2012)が制定されました(社会保障法104条)。同法は2014年4月1日に施行され、同月2日に施行細則(Notification No.41/2014, Ministry of Labor, Employment and Social Security)が制定されました。   2. ミャンマーの社会保障制度への加入対象 施設(製造業、政府機関、開

【ミャンマー法務ブログ】第1回:雇用関連の法規制

初めまして、弁護士の堤と申します。2012年よりミャンマーで業務を開始し、TNYグループとして2016年にタイ、2017年にマレーシア、2018年にイスラエルに拠点を設立しております。 今後私の連載はミャンマーの法規制を中心に解説しますが、マレーシアに関しても当グループで担当させて頂きますのよろしくお願いいたします。 第1回となる本稿では、ミャンマーで事業を開始する際に必ず直面する、雇用に関する法規制について解説します。   1. ミャンマーの採用に関する規制 ミャンマーにおける採用方法について法的規制は