堤雄史(外部ライター)

日本国弁護士

堤雄史(外部ライター)

会社設立手続き、各種ライセンス取得手続き、雇用契約書や就業規則の作成等の労務関連、売買契約書等の各種契約書の作成、法規制の調査、意見書の作成、DD等のM&A関連、訴訟・紛争案件、不動産譲渡手続き、商標登録等の知的財産権関連等、幅広い法務関連サービスを提供している。 ヤンゴン(TNY Legal (Myanmar) Co., Ltd.)、クアラルンプール(TNY Consulting (Malaysia) SDN.BHD.)、バンコク(TNY Legal Co., Ltd)、テルアビブ(TNY Consulting (Israel) CO., LTD.)東京・大阪(弁護士法人プログレ・TNY国際法律事務所)、メキシコシティ(TNY Legal (Mexico) Co.,Ltd.)に拠点を有する。

最近書いた記事

【ミャンマー法務ブログ】第10回:ミャンマーの労働組合に関する法規制と実務

本稿ではミャンマーの労働組合に関する法規制と実務を解説します。   第1.はじめに 近時、ミャンマーにおいても工業団地に所在する工場等において賃金の増額等を求めるストライキが増加しています。背景としては、物価の上昇に比して賃金の増加率が低いことやストライキを扇動する活動家等の存在が挙げられます。このようなストライキに関する法律として、労働組合法が存在します。現在の労働組合法は、労働組合法(The Trade Union Act, 1926年)を改正する形で、2011年10月11日に成立しました。同法は、1962年以降結成が

【ミャンマー法務ブログ】第9回:ミャンマーの汚職に関する法制度

本稿では、ミャンマーの汚職に関する法制度について解説します。   1. ミャンマーでの汚職の現状 NGOトランスペアレンシー・インターナショナルが発表した2018年腐敗認識指数(Corruption Perceptions Index)によると、ミャンマーは180位中132位に位置付けられています。かかる順位が示しているとおり、ミャンマーにおいては、場面によっては賄賂を要求され、特に裁判や許認可の取得の際に金銭を渡す事例が多く存在します。しかし、安易にこのような要求に応えることは法律上非常にリスクが高いです。ミャンマーにおい

【ミャンマー法務ブログ】第8回:ミャンマーのビザ

本稿では、ミャンマーのビザについて解説します。     1. ミャンマーのビザの概要 日本人がミャンマーに入国する場合には、従来はいかなる目的であっても必ず事前にビザを取得する必要がありました。日本において取得できるビザの種類は主に表1のとおりです。表1記載以外にも、留学する場合に取得できる学生ビザや、瞑想を行う目的で来緬する場合に取得できる瞑想ビザ等も存在します。 しかし、2018年10月1日より、1年間の暫定的措置として、日本人は観光目的の場合にはビザが不要となり、ビザなしで30日以内であ