日本語教師 求人特集

記事をシェアする

iconicJobの日本語教師 求人特集をご覧いただき、ありがとうございます。

本記事では、「海外で日本語教師として働きたい」「世界と日本の架け橋となる仕事がしたい」
そんな熱意をお持ちの方にオススメの海外求人から、日本語教育の実態や必要な資格、日本語教師の給与といった待遇面まで概要をお伝えします。

どうぞ最後までご覧ください。

 

日本語教師の海外求人

≪福利厚生・キャリアパス充実≫技能実習生向けの日本語教師

【業務内容】授業計画・シラバス作成・指導要綱作成、年間スケジュールの作成・講師会議の計画実施など
【勤務地】ベトナム – ホーチミン、ハノイ
【給与】月収 22,000,000~24,000,000VND (額面)
★ベトナムの若者たちが日本で技能実習生として働くための日本語指導、日本での仕事に備えた生活習慣や生活におけるルール、文化など幅広い指導をしていただきます。

求人詳細・応募はこちら
※時期によって募集は終了している可能性があります。


≪ダナン勤務≫日本の未来に貢献するグローバル人材を育成!日本語教務インストラクターを募集

【業務内容】ベトナム人の日本語教育(到達目標はN3レベル、1コマ25名程度の規模感)
【勤務地】ベトナム – ダナン
【給与】月収 1,150~1,900USD (額面) ・ 交渉可能
★ベトナムの人気リゾート地ダナンに拠点を構える、人材育成・教育系ベンチャー企業の求人です。日本の介護施設での就業を目標に、現地での教育に携わっていただきます。

求人詳細・応募はこちら
※時期によって募集は終了している可能性があります。


≪初級レベルから丁寧に指導できる方≫日本語教務インストラクターとして活躍しませんか?

【業務内容】日本語教育、1コマ50分×1日7コマ×週5日のプログラム(指導期間は半年~最長18ヶ月)
【勤務地】ベトナム – ホーチミン
【給与】月収 1,150~1,900USD (額面)
★日本での就業を目指すベトナム人向けに日本語教育を行っていただきます。ベンチャースピリットがある方、教育に対する熱意のある方を募集中です!

求人詳細・応募はこちら
※時期によって募集は終了している可能性があります。


≪日本語教師からキャリアアップ≫日本語教務部のマネージャーとしてチャレンジしませんか?

【業務内容】目標管理、マネジメント、経営活動の実施、BtoBクラスの授業実施、教材作成、企業研修報告書の作成等
【勤務地】ベトナム – ハノイ
【給与】月収 1,500USD (額面)
★日本で数百拠点の教室を展開する、大手学習塾(ベトナム拠点)の求人です。教員のマネジメントや企業研修対応、教材・教案・模擬試験などの作成をお任せします。

求人詳細・応募はこちら
※時期によって募集は終了している可能性があります。


≪日本語教師を急募≫日本で圧倒的な知名度を誇る、大手学習塾のハノイ校で働きませんか?

【業務内容】ベトナム人生徒への日本語教育(シフト制勤務)
【勤務地】ベトナム – ハノイ
【給与】月収 1,100USD (額面)
★日本語教師の資格の他、教員免許をお持ちの方にも活躍いただけるポジションです。熱意と協調性があり、前向きに業務に取り組める方を募集しています!

求人詳細・応募はこちら
※時期によって募集は終了している可能性があります。

 

日本語学習の実態

近年日本では労働力不足の対策として、グローバル人材の受け入れ・海外からの送り出しを強化しています。
日本語学習者は2017年時点で24万人に上り、過去6年連続で増加しています。学習者の84%がアジア地域の出身者で、国別では中国:31%、ベトナム:21%、ネパール:5.4%と続きます。中・越が圧倒的な比率となっており、日本語教師への需要も高いことが分かります。

こうした学習者の状況に対し、日本語教師数2017年時点で4万人となっており、日本国内を始めとする世界各地の日本語学校や教育施設で活動しています。なかでもベトナムは、日本でのベトナム人在留者数が過去最高の29万人(前年比+11%増)に達しており、日本国内での就職や技能実習を目的とした、日本語学習者への教育熱が加速しています。

 

日本語教師に必要な資格・経験

ベトナムを始めとする海外の日本語教師向け求人に応募する際は、満たすべき条件がいくつかあります。

日本語教師に最低限必要な資格

・日本語教育、日本語教員養成課程を履修/卒業
・教師養成講座420時間コースを修了
・日本語教育能力検定試験に合格
上記3つのうちいずれかに該当する必要があります。

あると尚良い日本語教師の経験

・授業計画や教材制作の経験
・試験問題の作成経験
・スタッフ(講師)の指導経験

就職支援や技能実習生の送り出し関連業務の経験

・日本の生活習慣やマナーの指導力
・日本企業向けの就職対策や面接指導
・送り出しに関わる事務業務等

日本語教師として海外で活躍するには、資格はもちろん上記のような指導・管理経験もあると有利でしょう。
普段の授業では、1コマ50~90分の授業を1日数コマ、1クラスを半年程度担当することになります。
テストの採点や副教材の作成を始め、学校によっては就職支援や生活面でのサポートなど、幅広い業務に対応することもあります。学校の指導目的や規模感、業務内容などをよく確認して応募しましょう。

 

日本語教師の給与・待遇

ベトナムの日本語教師を例とした場合、現地法人の給与水準や待遇となる「現地採用」として雇用されるケースが多く、給与相場は1,000~2,000USD程度となります。これに労働許可証・ビザの取得サポートといった福利厚生が付帯します。

成果によっては管理業務を任されたり、日本やその他海外拠点で採用されるケースもあるなど、キャリアのステップアップが望めます。すでに日本で日本語教師の経験がある場合、海外就職し現地での経験を積むことで、活躍の場が広がったという事例もあります。
少しでも興味がある方は、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

以上、日本語教師 求人特集をお届けしました。
iconicJobでは、まだまだたくさんの求人を取り扱っておりますので、どうぞお気軽にご登録・ご応募ください。

iconicjobの転職支援サービスに申し込む(無料)

Create Beyond

Create Beyond

ICONIC

iconicjobのブログ編集部です。アジア各国における求人情報や採用傾向など、アジア転職にお役立ていただける、現地情報を発信しています。ベトナム・インドネシア等のエリア別、業種・職種別に求人をまとめた特集や、企業インタビューを掲載しています。

記事をシェアする

関連する記事