【ミャンマー法務ブログ】第11回:ミャンマーの定款

本稿ではミャンマーの新会社法の施行に伴う定款の変更点や留意点について解説します。

 

第1.はじめに

近時、定款の作成又は修正の依頼が増加しています。そこで、旧会社法(Myanmar Companies Act, 1914)からの定款に関する変更点や、新会社法(Myanmar Companies Law, 2017)における定款に関する規定などについて解説します。
旧会社法上での、定款は基本定款(memorandum of association)と附属定款(articles of association)の2つに分けられていました。しかし、新会社法上は、定款(constitution)に一本化されました。

また、旧会社法に基づきDICAから発表されていたモデル定款は、基本定款7条、付属定款24条の合計わずか31条の条文で構成された内容であった上、実務上、モデル定款を変更することが非常に難しい状況でした。
しかし、新会社法下では、DICAから発表されているモデル定款は165条で構成されており、かつ、実務上もモデル定款の変更が容易に認められるようになりました。
そのため、旧会社法下で設立された会社においても、自社の定款を新会社法の施行を契機として改めて作り直そうという動きが増加しています。

 

第2.定款の効力と事業目的

定款の効力については、会社法11条において以下のとおり規定されています。

(a)定款は、各株主、その相続人及び法的代理人にかかる定款の全条項を遵守しなければならないとする誓約条項を含み、かつ、各株主がそれぞれ定款の各条項に署名した場合と同一の効力を有するものとして、その条項に従い、会社及びその株主を拘束する。
(b)会社、取締役会、各取締役、及び各株主は、本法に従って、定款によって修正される場合を除き、本法に定める権利、権限、義務及び責任を有する。
(c)設立申請書にその名前が記載された株主及びその後に加わった株主は、定款に拘束されるものとみなされる。

したがって、定款は会社を拘束する憲法のような位置付けにあり、定款に記載している内容は法律に違反する内容でない限り必ず遵守する必要があるため、自社の定款の内容を正確に理解することが重要です。

旧会社法下では定款に事業目的を記載することは必須でしたが、新会社法下では任意的記載事項に変更されました。また、モデル定款においても事業目的は記載されていません。会社によっては事業目的を記載しなければ当該会社が何を行っている会社か分かりづらくなることから定款に追記する会社もありますが、その場合には、当該事業目的以外を行うことは定款上認められないという点に留意が必要です。

 

第3.定款の言語

定款の言語については、ミャンマー語の作成は必須であり、英語は作成することができる旨規定されています。したがって、多くの日系企業は、英語で作成した上で、ミャンマー語への翻訳を行います。翻訳の誤りがある場合、原則としてミャンマー語が優先することから、慎重に翻訳を行う必要があります。会社法の条文に沿った記載も多く、法律用語も多いことから法律事務所に翻訳を依頼することをお薦めします。

 

第4.再登録及び設立との関係

2019年1月末が期限とされていた新会社法に基づく再登録及び新会社法に基づく新規設立のいずれの場合においても、MyC上でモデル定款をそのまま使用するか、独自定款を使用するかを選択する必要があります。前者の場合には、モデル定款をそのまま使用するとみなされ、当該会社の商号等を記載した定款が発行されるわけではない点に留意が必要です。また、その場合には、旧会社法のモデル定款を使用している会社においては、当該定款は無効となり、新会社法に基づくモデル定款に変更された扱いとなります。

 

第5.定款を変更する必要性

実務上、独自定款を作成する場合においても、全部を1から作成するのではなく、モデル定款をベースとすることが多いですが、その上で、独資の会社よりも合弁会社の方がモデル定款を修正する必要性が高いことが多いです。なぜなら、合弁契約で規定するのみの場合、当該内容に相手方が違反しても契約違反を問うことは可能であっても、無効を主張することは難しい場合があるためです。例えば、各種決議の定足数、要件、対象事項等について合弁契約に合わせた修正を行う必要があります。
なお、独資の会社においても、株主総会を電子的方法等で開催する旨を追記する等、会社の運営をより簡便にするための修正を行う会社は多いです。

 

第6.定款で変更可能な事項

新会社法上、株式の内容や取締役の権限など、定款で変更が可能な旨が規定されている事項も多く存在します。どのような事項が定款で変更可能であるかを確認した上で、会社独自に変更可能であれば、変更したい事項について、特別決議を行い、MyCにおいて変更した定款を登記する必要があります。

<本記事に関するお問い合わせはこちら>

TNY国際法律事務所 TNYグループ
日本国弁護士:堤雄史
連絡先:yujit@tny-legal.com
HP:http://tny-myanmar.com

日本国弁護士

日本国弁護士

ICONIC

会社設立手続き、各種ライセンス取得手続き、雇用契約書や就業規則の作成等の労務関連、売買契約書等の各種契約書の作成、法規制の調査、意見書の作成、DD等のM&A関連、訴訟・紛争案件、不動産譲渡手続き、商標登録等の知的財産権関連等、幅広い法務関連サービスを提供している。 ヤンゴン(TNY Legal (Myanmar) Co., Ltd.)、クアラルンプール(TNY Consulting (Malaysia) SDN.BHD.)、バンコク(TNY Legal Co., Ltd)、テルアビブ(TNY Consulting (Israel) CO., LTD.)東京・大阪(弁護士法人プログレ・TNY国際法律事務所)、メキシコシティ(TNY Legal (Mexico) Co.,Ltd.)に拠点を有する。

記事をシェアする

関連する記事