★お役立ち★インドネシアのお薬情報!!

こんにちは!!

最近、風水にはまってたら風水おばさんと呼ばれてしまっているgreenです。。。
#風水でいいとされている金魚飼ったら猫に食べられたよ。。。

さてさて海外に行くと、体調崩したり風土病などが心配ですよね。その時に合う薬って。。。??効能は??
などなど色々不安が多いと思います。
そこで今回は薬局などで手に入るようなお薬をテーマにお話ししたいと思います。

▪インドネシアの病気って・・・?

元々健康が売りで、体調を崩さないで定評だった私ですがインドネシアに来たばっかりの頃、3ケ月に1回くらいは体調崩してました。。。恐らく、風土病みたいなものですかね。
慣れない食事や空気、気温など言葉が通じないストレスもあったのだと思います。

そこで必ずと言っていいぐらいかかってしまう病が「masuk angin ( マスックアンギン)」。
病気というよりは、風邪ですね。
日本語に直訳しますと、masuk (入る)angin(空気)。
要は体に空気が入ってしまうって事なんですねー。
症状としたら、お腹にガスが溜まった感じやだるさに襲われます。
人によっては熱もでますが、基本的に軽症ですぐ治ります

バイク生活なので、長時間風にあたっているのが大半の原因なのかな。
インドネシア人は暑いのにバイクに乗る時は必ずジャケットを着ていて、最初は「なんで暑いのにジャケット着るんだ?」と思っていましたが、、、納得。
#私も今ではジャケット着用

全部着るのはめんどくさいから、逆に着る人が多いです。笑

その時によく飲むのが「TOLAK ANGIN(トラックアンギン)」。
こちらはシロップで薬というより、漢方的存在ですね。(ジャムウ↓↓まとめで解説してます)
ちなみにインドネシア人はなんでもTOLAK ANGINで治そうとします。笑
#コロナも流行り始めはこれ飲めばいいと言ってた

私もこちらにはお世話になってます。
体調崩しそうだな、、、という時に飲んでもOK!!効果ありです
自宅に常備する事をおすすめします。

1箱12個入りで31,500ルピア(約250円)ほどで購入できます。

他にも気を付けなければならないのが、「マラリア」「デング熱」。
デング熱はインドネシア全土で毎年多くの感染者が出ており、マラリアはスマトラ島が主に多いらしいですが、ジャワ島でも油断は禁物です。

日本よりもデング熱患者が多いので、医療的にはインドネシアの方が対応なれてるようですが媒体は蚊ですので、虫よけや長袖長ズボンで行動するように私も気を付けてます。

破傷風、アメーバ赤痢なども感染症として怖い病気とされてますので、もしワクチンを打てるなら日本で打ってきた方がいいかもしれません。(私の周りで聞く限りではまだ感染者はいませんが)

さて、それでは一般的な風邪薬はどのような物があるか紹介したいと思います。
インドネシアに滞在する際は是非参考にしてみてください。

 

 

▪インドネシアの薬局で手に入る薬

まずは代表的な風邪薬。
くしゃみ、鼻水、発熱、倦怠感など風邪の症状が現れた時には、、、

Panadol COLD & FLU (緑)

大手製薬メーカーが販売している市販薬。
インドネシア人に聞いても、この薬は定番のようです。

 

Panadol FLU & BATUK(緑)


こちらは、上記のPanadol COLD & FLU (緑)とほとんど同じ成分。
ただ、BATUKは咳という意味ですので咳が気になる方はこちらの方がいいかもしれません。
上記とパッケージは同じですので、購入時は気を付けてください。

 

 

Panadol Extra(赤)

こちらは解熱剤。とにかく解熱したいときはこれを服用するみたいですが、日本の薬よりも少々成分が強いようなのでほどほどにしといた方がいいかもしれません。
他にも痛み止めにも有効のようで、頭痛や歯痛などにも使われてます。

デング熱などの解熱剤にも使用する事があるそうです。

 

そしてインドネシアに来たら、まずは洗礼を受けると思います。。。
#下痢ピー

Diatabs

こちらは、腸内で便の水分を保つ成分があるようです。

出来れば正露丸など日本の薬の方が精神的にも安心ですが、持ち合わせていない時はこちらがおすすめ!!
辛いの食べ過ぎてもお腹壊しますのでお気をつけて。。。

上記紹介しました薬は全て薬局で販売してまして、1パック約100円もしない位で購入できます。

 

▪薬局はどうなってる??

ジョグジャカルタの薬局は、この二つが大きく店舗展開しています。
#ジャカルタは都会だから他にもあるかも、、、

サークルKかと思って入ったら「薬局かいっ!」ってのはきっと一度は経験すると思います。ちなみに24時間やっている所もありますが、夜中行くと店員さん寝てますので起こしてあげてください。。。笑

日本ではドラッグストアで日用品も一緒にお買い物できますが、インドネシアは薬局は薬局で別れてますのでこちらも要注意。

klinikと記載ある所は診察も可能です。
病院は待ち時間が長いので、ちょっと体調崩したくらいだとこちらで診てもらうのがお手軽でいいかと思います。

ちなみに、コロナ対策で必ずお店の前にはこの即席手洗い所を設置しないと営業停止を食らってしまいます。。。

 

▪最後に

正直に申し上げますと、インドネシアの医療は日本の医療に比べると少し劣っております。
(日本の医療レベルが最高峰というのもありますが)
裕福な方はシンガポールに手術しに行ったりするようです。
もし手術が必要な場合は、日本へご帰国されるのが無難でしょう。

しかし、多少体調崩したくらいならインドネシアでも問題なく回復できますし、何といってもジャワ島はジャムウが有名です!!
#伝統薬

ジャムウとは、根茎、木の皮、花、種子、葉、果実といった自然素材から作られる植物性の内服薬で化学薬品を使ってないので安心ですね。
#滋養強壮にも◎

でもやっぱり、どこにいても健康第一!!
いっぱい笑ってストレスなんて吹き飛ばして、インドネシアライフをとびきり素敵な物にして下さい。

応援してます!
最後までありがとうございました!!

★maki green★

 


 

インドネシア勤務の求人をお探しの方へ

iconicJobでは、「インドネシアで働きたい」「グローバルに活躍したい」方のために転職支援サービスを提供しています。
興味をお持ちの方は、以下の申し込みフォームよりお気軽にご連絡ください。ご利用は全て無料です。

転職支援サービスに登録(無料)

 

猫アレルギーなのに猫11匹と共存中。。。

猫アレルギーなのに猫11匹と共存中。。。

ICONIC

「与えられた環境を楽しむ」をモットーに生きてたら、インドネシアに辿り着きました(笑) 猫アレルギーなのに猫11匹と共存してたり、甘いの嫌いなのにクレープ屋を経営してたりちょっと変わってるんだと思います。。。 楽しむことを常に探しているため、どこかにいけば何か面白いことが起こります。 そんな、面白いエピソードを交えてインドネシアの魅力をお伝えしたいと思います!

記事をシェアする

関連する記事