2015年 抱負

記事をシェアする

ICONICの安倉です。

2015年の抱負を記載したいと思います。

 

まずは、2015年は「集中」をテーマにしたいと思います。

脇目もふらず事業成長に集中したいと思います。

2014年が集中できなかったわけではないですが、自分は最も苦手なことの一つが集中です。。。

って、人格崩壊者みたいですが、本当に一つのことを考えると色んな事が頭のなかを駆け巡り深堀りすることが苦手でした。

そんな自分が、今年のテーマを集中にしたいと思っています。

事業についても、自分の行動規範についても、ひとつひとつのことを集中して取り組んでいきます。

そして、事業的に2014年を振り返りたいと思うのですが、実は非常に反省することの多かった一年でした。

弊社の年度末は3月末のためまだ事業年度は終わってないのですが、今期もこのまま着地すれば1.5倍程度の売上・収益の増大は見込めそうです。

しかし、これまでの事業経営が本当にまだ未熟だったことが露呈しました。

ちょっとした小さな問題に左右され、明確な方針が打ち出せず、右往左往しました。

一部の人間の想いだけで、事業を運営をしてきた印象です。

そのため売上や組織も思った以上に伸ばすことが出来ず悔しい思いをし続けました。

そのため、昨年の後半ぐらいから、ミッションやビジョンを再度定め直し、組織改革もスタートしたところです。

2015年はICONICが本当の意味でミッションとビジョンにこだわった企業になるための一年にしたいと思っています。

幸いにも課題が見えているため、手を打てる状態にあることが希望です。

言うは易し行うは難しなので、一歩一歩手を打っていきます。

そのために、2015年は「集中」をテーマにしたいと思っています。

事業自体は打つ手がたくさん有り、様々な拠点展開や平行して事業を立ち上げていくので一見集中してないように見えるようで、その中に大きな核となるものを持ち集中して進んでいきます。

その核となるもののひとつであるミッションを再度定義しなおしました。

現在、会社のコーポレートサイトをリニューアル中でそちらに明確に記載しますが、ミッションを記載したいともいます。

ICONICのミッション——————————————-

ワクワクするグローバル化社会を創る!

私たちが信じている根源的な価値として、「新しいものに出会うと成長する」ということがあります。

国であれ人であれ、鎖国状態で閉じこもっていると、今の状態以上の成長や発展は望めない、もしくは、望めたとしても独力だけに頼ることになるので、成長スピードがとても遅くなる。

現代社会は益々ボーダレスにグローバル化しています。

私たちICONICは、「グローバル化=人や国が新しいものに出会い、成長するきっかけをもたらすことのできる潮流」であると信じています。

このグローバル化の潮流を活かし、私たちICONICは、

●国境を越えた新しい機会の提供を通じて人の可能性を広げ、
●国境を越えた新しい挑戦により発生する問題を解決する

ことで、ワクワクするグローバル化社会を創ります。

——————————————————————-

このミッションを本気で達成する組織を作り、事業を運営していきたいと思っています。

僕は日本出身でベトナム発で東南アジア及び日本で、人材紹介サービス(転職支援)と人事コンサルティングという2つの事業を行っています。

この2つの事業を通じて実現したい世界は、グローバルに広がる社会で人や社会が希望に満ちた豊かなものであります。

アジアで働く日本人が活躍し、アジア出身の人が日本や日系企業で活躍することで、ベトナムやインドネシアそして日本の経済の発展に寄与すると信じてます。

2015年のICONICは、人材サービスを通じてアジアで働く人と企業を活性化することで、グローバル化社会に貢献したいと思ってます。

この核を中心に集中し事業を行ってまいる所存です!

IMG_2355-672x372

関西学院大学総合政策学部卒業。株式会社ベンチャー・リンクにて中堅中小企業のコンサルティング、小売店フランチャイズ事業の全国展開に従事。単身ベトナムに渡り年間500社程度ベトナム企業に営業・訪問する。2008年5月ICONIC CO., LTD. を設立。ベトナム、日本、インドネシア、マレーシアで人材総合サービスを展開中。

記事をシェアする

関連する記事