【意外と知らないアジア転職】年内入社、まだ間に合う!? 今からの年内アジア転職活動 iconicJob キャリアアドバイザーが語る

記事をシェアする

【意外と知らないアジア転職】年内入社、まだ間に合う!? 今からの年内アジア転職活動 iconicJob キャリアアドバイザーが語る

「年内中でアジア転職を決めたい!・・・でも、今からの転職活動でまだ間に合うの?」と考えてしまいませんか。

今から年末にかけての、アジアでの海外転職についてiconicJobキャリアアドバイザー・綿引 が説明いたします。
 


【グローバル人材紹介】キャリアアドバイザー

ICONIC 綿引えいみ

ホーチミン本社 キャリアアドバイザー
綿引 えいみ(わたひき えいみ)

東南アジアの転職活動に精通しており、現地情報や海外の労務相談対応などを通じて、多くの海外転職を成功させた実績を持つキャリアアドバイザー。
日本語・中国語・英語でのキャリアアドバイスが可能。

 

そもそも、アジア転職に良い時期は?

アジア都市景観

まず、「日本国内」と「アジア」では、企業の求人活動の時期が異なります。

日本国内は、新年度を迎える2~3月、下半期がスタートする前の8~9月に転職に求人が増える傾向にあります。
一方、アジアではその時期に加えて年末の11~12月にも求人が増加する傾向にあります。
理由としては外資系企業の決算が12月に多いことと、アジアでは1月末~2月初頭に旧正月があり、年始となる2月に向けて、早めに新規人材の募集を行う時期になることが挙げられます。

ただアジアを含めた海外では、時期よりも就職される国の経済状況で求人数も大きく左右されるため、注意が必要です。

余談ですが、私は年末に転職活動を行い、アジアでの海外転職が決まりました。

 

年内に海外転職したほうが得ってほんと?

アジアのカレンダーと飛行機

本当です。
年内に海外転職するメリットは 「企業の雇用時期」「住民税の支払い」が大きなポイントになります。

 

・企業の雇用時期と、ライバルが少ない時期がマッチ!

海外の決算期は12月が多いため、「人員の入れ替え」「新規プロジェクト」などで採用を決めたい企業が多くなります。
また、日本では年末に転職活動をしない人が多く、競合となるライバルが少なくなるため、企業側の選考も早く進み、タイミングが合う人で採用されることがありますので有利なポイントです。

 

・住民税の支払いは1月1日から!

1月1日に日本国内に住民票がある場合、前年の所得から計算された住民税を支払わなければなりません。

しかし、例えば12月28日までに住民票を除票した場合は、1月1日に日本に滞在していたとしても、今年度の住民税が免除になりますので嬉しいポイントです。
厳密には、住民票を抜いて約1年間は日本に住んでいないことが条件になります。
とはいえ、海外転職を成功させるためには「常に海外の求人情報をキャッチ」する事が大切です。

最新情報をキャッチするためにも海外求人に特化した転職サイトにご登録いただくことをおススメします。
iocnicJobでは、ご登録された方のみにご紹介している非公開求人もありますのでさらに良いですね♪

 

海外転職は、採用から内定決定まで時間がかかる?

海外転職は内定決定まで時間がかかる?

海外転職で最も時間がかかる作業が「希望する求人を探す」ことと、「企業との諸々の調整」です。

どうしても日本の求人サイトでは、国内求人がメインになってしまい、海外求人は多く掲載されていません。

グローバル求人に特化したiconicJobでは、各国拠点のキャリアアドバイザーが企業から直接ニーズを聞いているので、海外転職案件を多数取り扱っており、ご希望にあった求人をご紹介しております。

また、海外転職時の企業との調整は、国内転職時よりも手間がかかることが多いです。
その点、iconicJobでは面接の日程調整から入社時の条件やビザ手続きの調整まで、現地のキャリアアドバイザーがサポートいたしますのでご安心ください。

 

iconicJobでの転職支援サービスの登録から採用後までの手順

 

海外転職では、採用企業の決済が早いのも特徴。
年内の転職も、まだまだ間に合います。
iconicJobがあなたの転職活動を全面バックアップいたしますので、海外転職に挑戦しませんか?

 

iconicJobのアジア転職支援サービスに申し込む(無料)

 


iconicJobの転職支援サービスとは

転職支援サービスにご登録いただくことで、私たちキャリアアドバイザーによる「最新の海外求人情報の提供」「キャリアプラン設計」「面談や条件交渉の代行」「非公開求人の紹介」「海外就業するための国内手続き」 などのサポートをご利用いただけます。

iconicJob編集部

Create Beyond

ICONIC

東南アジアでの求人情報や採用傾向、現地情報など、アジア転職に関する情報をお伝えしています。

記事をシェアする

関連する記事