【日本と徹底比較!】ベトナムの経済事情Part1

記事をシェアする

今回から、私はGDPやGNDやCPIなどベトナム経済に関係する内容について書いてみます。私は経済専攻ではないので、くわしくありませんが、自分の国の経済をよく知るきっかけになりそうです。また、せっかく日本人と一緒に働いているので、日本のグラフと比べてみようと思います。

それでは、今回はGDPとGNP、人口、為替について調べてみます。
まず、GDP (国内総生産) の推移についてグラフをのせます。単位は100,000,000USDです。

Graph
ベトナム

gdp JAPAN
日本

日本の方が何十倍も高いですが、ベトナムの成長率は日本よりも圧倒的ですね。
ベトナムの分野別で見ると、特に工事・建設業界の伸びが大きいそうです。

次はGNPについてですが、まずGDPとGNPの違いは、

GDP(国内総生産)
国内で一定期間内に生産されたモノやサービスの付加価値の合計額。
日本企業が海外支店等で生産したモノやサービスの付加価値は含みません。

GNP(国民総生産)
国民が基準のため、国内に限らず、日本企業の海外支店等の所得も含んでいます。
つまり、ベトナムにある日系企業の生産は、GDPだとベトナム、GNPだと日本に入りますね。

それでは、次にベトナムと日本のGNPを見てみましょう。
ベトナムのグラフの単位は100,000,000VND、日本のグラフの単位は1,000,000,000円です。

GNPベトナム

gNp JAPAN
日本

このグラフを見てみると、日本のGDPはGNPの半分以下ですが、ベトナムはGDPの方がGNPより少し高いことが分かります。
それくらい日系企業の海外進出が多いということですよね。

さて、次は人口について比べてみましょう。
単位は1,000,000人です。

POPULATION vnベトナム

population日本

このグラフの推移は少しGDPと似ていますね。あと何十年あれば、ベトナムは日本の人口を抜くのかな?
今は日本の75%くらいがベトナムの人口ですね。

最後に、ベトナムと日本円、アメリカドルとの為替について調べました。

VNjp

VNen

前に日本人の同僚が、「ベトナムドンを半分にして、0を2つとると、日本円のねだんになる」と言ってましたが、最近は円安だから、1円=176vndまで下がってしまいました。
ベトナムの一番小さい通貨は200vndなので、だいたい日本の1円くらいですね。

vnd

一番大きい通貨は500,000vndですが、それでも、22usdくらいですね。
ベトナムでもiPhoneは高いので、現金で買いたいとき、お札が全部財布に入るか分からないですよ?

最後に、今回のブログの出典URLをのせます。
http://tradingeconomics.jp/
http://ja.exchange-rates.org/

次回はベトナムの物価変動について調べてみます!

私はVyと申します。友達からはMoonと呼ばれています。ベトナム人です。1992年12月12日生まれました。射手座です。HOASEN 大学を卒業し、専門はビジネス英語です。ホーチミン市に家族と一緒に住んでいます。暇な時、買い物したり、映画を見たり、音楽を聞いたりします。今まで、ICONIC会社で翻訳者として働いています。機会があれば、私は日本の人々や文化についてを学ぶために日本に行きたいです。どうぞ宜しくお願いします。

記事をシェアする

関連する記事