【人事担当が語る】ICONICって、どんな会社?

記事をシェアする

こんにちは! ICONICグループの人事統括を務めています。ちぇるしーです。

最近、ありがたいことに「ICONICに興味あるよ」「転職支援というよりも、アイコニックで採用してないの?」というご連絡をよく頂戴します。

心から、ありがとうございます!!!

採用に関するご質問にお答えするために、人事担当の目線からICONIC(アイコニック)という会社の実態について、お伝えしたいと思います。


何よりも大切なのは、”人”

ICONICは、世界4カ国で人材総合サービスを提供しています。
メイン事業は、グローバル人材紹介と人事労務コンサルティング。

具体的なサービスとしては、たとえば、ベトナムで働きたい日本人の方、日本で働きたいベトナム人の方の就労支援などを行っています。

「仕事を選ぶ」って、人生の中の大きなターニングポイント。

働くことだけが全てではありませんが、働くことは人生の中で多くの時間を占めています。
その時間が楽しいものであれば、人生は何倍にも、何十倍にも楽しいものになると私は考えています。

私たちが行っているのは、誰かの人生の岐路に携わる、大切な仕事です。

 

企業にとっても、「人を採用する」ことは、経営に関わる最重要事項。

良い人が入社することによって、会社の成長スピードが飛躍的にアップする。
良い人が入社することによって、組織の空気がガラッと変わる。

そんな場面に、これまで何度も出会ってきました。

 

だからこそ、何よりも大切なのは、“人”であると、強く感じています。

 

ICONICへの入社を希望してくださる方にとっても、受け入れる私たちにとっても、双方にとってハッピーな入社となるように心がけています。

そのために、選考はお一人おひとりと、じっくりお話をさせていただいています。
これまでのご経歴などもお聞きしますが、それよりも「どんなことをやっていきたいのか」という“意志”をお尋ねしています。

そして、私たちが提供できる環境を素直にお伝えするようにしています。

選考は、私たちだけでなく、入社を希望してくださる方にとってもご判断いただく場であると考えています。

 

ICONICの大変なことって、どんなこと?

大企業の場合は、役割が明確にあって、組織がしっかりしていて、サポート体制も整っていることが多いですよね。

一方ICONICは、まだまだ整っていないことばかり。
「会社に入れば守ってもらえる」と考えている方は、入社すると悩んでしまうかもしれません。

逆に、自分で課題を見つけて「解決するぞ!」と思える人にとってはやりがいがあり、「自分の力で会社が成長した!」という達成感を存分に味わえる環境です。
人数が少ない分、一人ひとりの影響範囲は、とても広いです。

 

ICONICで活躍している人って、どんな人?

ICONICには、誰かの力になりたくて、働く国に貢献したくて、成長したくて。
そんなメンバーが揃っています。
この記事を書くにあたって、業務中のメンバーを突撃撮影しました!

 

グローバル人材紹介キャリアアドバイザー/加賀谷優希

グローバル人材紹介キャリアアドバイザー/加賀谷優希

Ms. ICONICと言っても過言ではないほど、ICONICのビジョンを体現している加賀谷。

2015年3月入社なので、まだ在籍1年半。
ですが、たった1年半とは思えない圧倒的な存在感です。

毎日元気で明るい加賀谷ですが、一緒に働く後輩やメンバーには、厳しい一面も。
怒らせたらヤバい! そんな空気があるのは事実。笑

話を聞くと、実は、嫌われ役を買って出てくれているんですよね。

「何か間違えてしまったことがあったら、誰かがきちんと注意をしなければならない。自分が嫌われてしまうことを恐れて見過ごしてしまうのは、誰の成長にも繋がらない。」と語っていました。

怒らせたらヤバいキャラですが、実はメンバーからの信頼が一番厚いのも彼女。
叱られたメンバーは凹んだとしても、自分のために言ってくれたのだと分かっているんです。頼もしいリーダーです。

 

グローバルディレクター/本田光人

グローバルディレクター/本田光人

本田は、2016年6月入社。
まだ3ヵ月しか経っていないとは思えないほどの活躍ぶりです。

京都の高校を卒業後すぐに働き始めて、Webディレクターとしてのキャリアは約10年。

「クライアントの依頼内容をそのままキレイに整えて制作するのは、“業務”。依頼の目的・戦略を汲み取り、見えない課題や目的に応じてコンサルティングをすることが“仕事”。」というプロ意識の塊のような本田。

入社早々発生した、ICONIC過去最大のピンチのときにも、休み返上でサポートをしてくれました。
今は、新サービスのリリースに向けて、ベトナム人のエンジニア・デザイナーと協力しながら、「より良いものを作ろう」と毎日懸命に取り組んでくれています。

(でも、休みはしっかりと休んでもらいたいと思っています!!! 無理はしないでね。)

 

私は、こんな仲間たちと一緒に働けてすごく幸せです。

 

求めているのは、こんな人

ICONICが目指しているのは、望む人は誰もが、世界中のどこででも自由に活躍できる社会。
「こえるをうみだす」というICONICが掲げるビジョンのもと、

国境を越える
今までの仕事の範囲を越える
過去の自分を超える
自分の壁を越える

誰かの「こえる」をサポートしたい人、自分自身の壁を「こえたい」と思っている人。
そんな方に、ぜひ仲間になってもらいたいと思っています。

 


「ICONIC、面白そうじゃん」と思っていただけたら、ぜひご連絡ください。

■人事担当(ちぇるしー)の連絡先
電話: +84-(0)96-2265-930 ※日本人直通
E-mail: human.resources@iconic-intl.com
本記事が、ICONICで働くことを検討してくださる方にとって、参考となれば嬉しいです!

ちぇるしー

お祭りだいすき

ICONIC

ベトナムはホーチミンに暮らし始めて早2年。 最近行った国は、シンガポール、マレーシア、タイ、日本、台湾、トルコ、フランス。北欧やロシアにも興味がある今日この頃!

記事をシェアする

関連する記事