ベトナムのフォー・ガー VS 日本の鶏白湯

記事をシェアする

ベトナムといえば?

「フォーだ。」

「そーだ。フォーだ。」

 

みなさん、どうも、MAGです。

(お久しぶりです!)

 

ベトナムといえば、やっぱり、「フォー(Pho)」ですよね!

フォーにもたくさんの種類、地域別の特徴がありますが、

私たち日本人の味覚にもマッチしやすく、ベトナムで一度口にすれば、

すぐに好きになっちゃうのが、「フォー・ガー(Pho Ga)」かと思います。

 

フォー・ガーの、「ガー(Ga)」は、「鶏」!!

鶏肉×フォー ですね。

※ちなみに、牛肉×フォーは、「フォー・ボー(Pho Bo)」といいます。

 

ここで、僕の「超」おすすめのフォー・ガーのお店を紹介しましょう!

 

それは、ICONICのオフィスから徒歩7分程度、

Vo Thi Sau通りにあります、「HUONG BINH(フン ビン)」!!

 

どん。がー。

 

o0775051613177951580

(香草が苦手なので絵的には殺風景ですが。笑)

 

この店の特徴は、とにかく「遅い時間帯になればなるほど、美味い!」です。

 

朝イチ行くよりも、夕方以降〜に行って下さい。明らかに、「濃厚さ加減」が違います!

あと、店員の量が違います!増えすぎです!笑

 

量も多く、ボリュームたっぷり。なのに、「おふくろの味」がするのですから、もうヤミツキですね!

MAGを信じて、行くべし。

 

HUONG BINH
148 Vo Thi Sau,P.8,Dist3,HCMC
TEL:08-3829-8762

 

(いつもだったら、この辺で指が痛くなるので、ブログを終えるところなのですが・・・・)

 

な、 ん、 と ! !

 

 

先日、この「旨すぎるフォー・ガー」へ、挑戦状を叩きつけてくるお店が出現したのです!!!!

 

 

それが、鶏白湯(とりぱいたん)のお店、「晴壱」!!

 

 

どん。ぱい。たん。

 

5208

 

 

 

お店は、「東京都杉並区梅里2-3-7 モンテパラティーノ 1F」にあります。

 

 

食べログ

 

 

 

 

って、

 

 

日本かよ!!!

 

 

 

というツッコミが嬉しい。笑

 

 

日本ですが、同じ「鶏麺業界」です。

「鶏麺業界」は、えらいことになりますよ、この2つ店の熾烈な争いで。

 

みなさん、

ベトナムにお越しの際には、HUONG BINHへ!

そして、東京にお越しの際には、晴壱へ!

 

それではまた!

 

MAG

所有物はロープライススマホ

MAG

2015年からホーチミンへ来ました。 アイコニックへの転職、移住、そして結婚(日本人妻です)、と3つの転機が同時に押し寄せましたが、いまはそれなりにハッピーに生きています。笑 最近、iPhoneをタクシー内に置き忘れ、妻に怒られ、画質の悪いロープライススマートフォンに切り替えました。 よって、写真がイマイチだとしても、それは僕の「腕が悪い」のではなく、単なるハード側の問題だ、とご容赦くださいませ。 宜しくお願い致します。

記事をシェアする

関連する記事