【写真付きで紹介】日本の自動車運転免許証からマレーシアの現地免許を取得する

記事をシェアする

【10月1日追記】現在、マレーシア国内の多くの交通局で外国の免許証(シンガポールを除く)からマレーシアの免許証への書き換え手続き(新規)が一時停止されています。今後申請予定の方や、すでに証明を取得済の方は、交通局からの発表を注視いただきますようお願いします。(交通局本局より正式な通知がありましたら、本注意書きは削除します)

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。

マレーシアでは首都クラルンプールを始め、ペナン島、マラッカ、イポー、ジョホールバルといった国内の主な都市では、Grab(タクシー配車アプリ)を使うことで快適に移動できます。筆者の個人的な印象ですが、市内では特に不便を感じたことはありません。

しかし、電車やバスなどの公共交通事情は、都市部以外ではあまりよいとは言えません。少し郊外に出ると、道を行き交うのはオートバイと車ばかりといった光景です。東南アジアらしくバイクが行き来しているのかと思えば、意外にもマレーシアは車社会なのです!

そこで、「それならばいっそ自分で車を運転しよう」「たまにはレンタカーでドライブに行こう」という方のために、今回はマレーシアの自動車免許証の取得手続きについてお伝えします。

以下は筆者が免許証を取得した時の手続きとなります。マレーシアでは公的機関の規則などがいつの間にか変わっていた!なんてことがよくありますから、実際に取得する際の必要書類などの詳細は、日本大使館やマレーシア交通局の公式サイトで確認してくださいね。

 

国際免許より有効期限が長いマレーシアの免許証

マレーシアで車を運転する場合、日本で国際免許を取得し持参してもよいのですが、有効期限は1年となっています。

マレーシア日本免許証

筆者も一応取得していますが、長期滞在となると、やはり現地の免許を持っていた方が何かと便利だと思います。
ちょっと便利情報として、パスポートがない時に免許証がIDとして使える……なんてこともあります。

 

マレーシアでの免許証の取得手続きについて

マレーシア日本免許証

免許を取得するには、マレーシア交通局(JPJ=Jabatan Pengangkutan Jalan )に出向くことになります。
日本ですでに運転免許証を持っている場合は、JPJで必要書類を提出のうえ、マレーシアの運転免許証を取得することができます。まずは以下の書類を揃えましょう。

1.日本の運転免許証(原本、提出用コピー)
2.日本の運転免許証の翻訳証明書(日本大使館で依頼する。通常は4業務日かかる)
3.日本のパスポート(原本、提出用の本人写真付ページ&査証ページのコピー)
4.運転免許証用の写真(縦3.3cm×横2.5cmを1枚)

コピー(1枚でRM0.2)や写真(4枚でRM10)はJPJでその場でもやってもらえます。しかし、日本の運転免許証の翻訳証明書は日本大使館に作成してもらうので、事前に申請する必要があります。なお、翻訳証明書作成にはRM80(約2154円)の手数料がかかります。詳細は以下の日本大使館のサイトをご参照ください。
http://www.my.emb-japan.go.jp/Japanese/ryoji/shoumei.html

 

マレーシア交通局(JPJ)へのアクセスと手続き

マレーシア日本免許証

JPJは、クアラルンプール市だと北東のセタパク(Setapak)、南西のシャーアラム(Shah Alam)にあります。以下に住所を記載しておきます。

セタパク(JPJ Setapak)
Lot 14264, Jalan Genting
53300 Setapak, Kuala Lumpur

シャーアラム(JPJ Shah Alam)
Padang Jawa
40620 Shah Alam, Selangor

マレーシア日本免許証

必要な書類や写真などを揃えたら、申請書類に記入します。記入事項は免許証に記載される住所や生年月日だったりします。そしてJPJに行く時は、絶対にパスポートの原本を忘れないように注意してください。コピーのみ持参では受け付けてもらえません。

記入した書類を提出し、手続き費用を支払ってしばらく待っていると、名前を呼ばれますので、記載事項を確認し受け取ってください。手続きは以上です。免許証は即日発行なので早くて良いですね。
ちなみに、できあがった免許証の有効期限はビザの有効期限と同様になっていました。

マレーシア日本免許証

一つ注意が必要なのが、取得時に適正な査証(ビザ)がないとマレーシアの免許証を取得できないということです。通常はビザを取得→免許証を取得という流れになると思います。

 

以上、マレーシアでの運転免許証の取得の流れをご紹介しました。
マレーシア国内の運転に関しては、天気や交通ルールなど日本とは異なることも多いので、十分に注意してくださいね!

写真:全て筆者撮影

パンダン

野生の勘を磨け!

ICONIC

暑いところが大嫌いだったはずが、住んでみたらマレーシアの南国独特の時間の流れにすっかりはまったビール好きライター。旅は自分で車を運転していくのが好き。ビーチで夕日を見ながら一杯!が至福の時間。

記事をシェアする

関連する記事