クアラルンプール市内の公共交通網と利用の仕方について

記事をシェアする

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。

車社会と言われているマレーシア。もちろん郊外は車が必須ですが、グラブ(Grab)という東南アジアで一般的なタクシー配車アプリを使うことによって、安く移動する手段もあります。料金も安いため、中には通勤手段として利用する人もいるほど。

ですが、クアラルンプール市内の中心部は、公共交通インフラがかなり整備されています。
車では渋滞がひどいため、電車の方が快適というのも理由のひとつです。

というわけで今回は、マレーシア・クアラルンプールの公共交通機関についてお伝えしたいと思います。

クアラルンプール公共交通

 

クアラルンプール市内の公共交通網

クアラルンプールとその周辺(クラン・バレー)の主な公共交通網としては、ラピッドKL(Rapid KL)によって運行されている以下の路線があります。

・LRT線(LRT)
ケラナ・ジャヤ線(Kelana Jaya Line)、アンパン線(Ampang Line)、スリ・ペタリン線(Sri Petaling Line)
・KLモノレール(KL Monorail)
・MRT線(MRT)
スンガイ・ブロー・カジャン線(SBK Line)
・KLエクスプレス線(KL Expres Line)
KLセントラル駅(KL Sentral)とKLIA(クアラルンプール国際空港)間

ラピッドKL以外にも、マラヤ鉄道(マレー鉄道)がクアラルンプール近距離や長距離を結ぶKTMコミューター(KTM Komuter)を運行させており、こちらは4路線あります。マラッカ(Meraka)やイポー(Ipoh)といったマレーシア各地へは、快適な高速列車で行くこともできます。

クアラルンプール公共交通

 

MRT、LRT、モノレールの乗車方法など

以前にも「マレーシア生活で絶対持っておくべき「Touch’n Go(タッチアンドゴー)カード」とは?」でお伝えしましたが、クアラルンプールで公共交通機関を利用する際に便利なのが、このタッチ・アンド・ゴー(Toucgu’n Go)カードです。

チャージして使うプリペイドカードで、利用の際に日本のIC乗車券のように改札でタッチするだけ。利用前に主要駅やドラッグストア(ポイントカード兼用)などで購入し、コンビニなどで必要額をチャージ(トップアップ)して使用します。

タッチ・アンド・ゴーだけではなく、駅の販売機でトークンを購入して乗ることもできます。改札でトークンをタッチし(以下のようにちょっとのっける感じ)、降りる駅の改札で回収されるので、なくさないように注意が必要です。

クアラルンプール公共交通

 

日本の成田エクスプレスのように、クアラルンプール国際空港(KLIA)からKLエクスプレス線(KL Ekspres)を利用する場合のみ2日間有効の乗り放題パスKLトラベルパス(KL TravelPass)というカードもあります。空港から電車でクアラルンプールまで来る予定で、2日間電車を乗り倒すなら、こちらも検討してみてはいかがでしょうか。

 

専用通路を歩いて駅間を移動できる

日本でもそうですが、路線の乗り換えの時、駅間が離れていることがあります。クアラルンプールでも同様です。例えば、SBK Lineのミュージアム・ネガラ駅(Muzium Negara)からターミナル駅のKLセントラル駅(KL Sentral)までは10分ほど歩くことになります。

ただし外を歩くのではなく、専用通路を歩いて快適に移動できる場合もあります。
ペダストリアン・ウォークウェイ(Pedastrian Walkway)とも呼ばれています。
クアラルンプール公共交通

行き先表示板がありますが、わからない場合は駅員さんに尋ねてみましょう。外を歩くと暑かったり、スコールに降られたりと体力を持って行かれます。

これがある駅間について、いくつかまとめておきます。

・メルデカ駅(Merdeka)とプラザ・ ラッヤット駅(Plaza Rakyat)
・プトラ駅(Putra)とPWTC駅 ※Putra Warld Trade Centre
・クアラルンプール駅(Kuala Lumpur)とパサール・スニ駅(Pasar Seni)

専用通路は地図アプリでは出てこないこともあるので、駅などでアクセス経路を確認すると安心です。

クアラルンプール公共交通

 

運賃や路線図を知りたい

ところで、クアラルンプールの電車の運賃っていくらぐらいなのでしょうか?気になりますよね。
こちらにリンクを貼っておきますので、始発駅・到着駅を入力し、検索してみてください。
運賃計算→https://www.myrapid.com.my/fares-and-payments/rail-fare-calculator

例として、モノレールでラジャ・チュラン駅(Raja  Chulan)から一駅のブキッ・ビンタン駅(Bukit Bingtang)まで計算してみましょう。

クアラルンプール公共交通

クアラルンプール公共交通

グレーの部分にある「Cash」とはが現金(トークン)での乗車を意味しており、運賃はRM1.30(約36円)でした。

※路線図が必要な方は、こちらをご覧ください→https://www.myrapid.com.my/clients/Myrapid_Prasarana_37CB56E7-2301-4302-9B98-DFC127DD17E9/contentms/img/20170717_Transit_Map.pdf


以上、クアラルンプールの公共交通機関についてお伝えしました。
中心部は終日渋滞がひどいので、公共交通で移動できるなら利用した方がスムーズです。
路線もそんなに複雑ではないと思います。ただし、スリがいるとの情報もあるので、注意してくださいね。

パンダン

野生の勘を磨け!

ICONIC

暑いところが大嫌いだったはずが、住んでみたらマレーシアの南国独特の時間の流れにすっかりはまったビール好きライター。旅は自分で車を運転していくのが好き。ビーチで夕日を見ながら一杯!が至福の時間。

記事をシェアする

関連する記事