アジア各国の「当たり前」

記事をシェアする

みなさんこんにちは。

ガクです。

 

長い間日本で過ごした後、突然海外で生活するようになると、

「日本では当たり前だったのに!」

と思うことがあるかと思います。

 

そこで今回はアジア各国の「当たり前」をいくつかご紹介させていただきたいと思います。

 

【女性が働くのは当たり前? atベトナム】

file_5

ベトナムの女性は勤勉で真面目に働く方が多いです。

その理由として、女性用の娯楽が少ない・働く女性が法によって比較的保護されている・昔から家事を手伝っているから、などがあります。

アイコニックでも、たくさんのベトナム人女性スタッフが働いてくれています!

(男性が働かないという訳ではありませんよ!!)

 

【道に牛がいるのは当たり前? atインド】

????????????????????????????????????
????????????????????????????????????

インドではヒンドゥー教において牛のことを神様の乗り物として考えており、とても神聖な生き物として扱われています。

街ではそこら中で牛が歩き、車での移動も一苦労です。

狭い道にいられると通りたくても通れないので困っちゃいますね。笑

 

【罰金を払うのは当たり前? atシンガポール】

file_6

シンガポールではクリーン&グリーンという政策が実施されており、社会的マナーに関しての取り締まりが非常に厳しいです。

例えば有名なもので言うと、

・電車の中で飲食をしたら罰金最高500ドル(現在のレートで約5万円)

・禁煙エリアでタバコを吸ったら罰金最高1000ドル(現在のレートで約10万円)

・シンガポールにガムを持ちこんだら罰金最高8000ドル(現在のレートで約80万円)

 

間違ってガムをカバンに入れたりしていたら大変ですね!気を付けましょう!

 

【待ち合わせに遅刻は当たり前? atフィリピン】

file_7

フィリピンでは遅刻が多いです。

待ち合わせをすれば、1時間の遅刻は当たり前で、普通に現れます。笑

他の国でも遅刻はありますけどね!(日本も含め!)

当たり前ではないですが。笑

 

【列に並ばないのが当たり前? at中国】

file_10

中国では列に並ばず、順番を抜かすことが普通です。

理由として、歴史的な背景や競争意識が強いから等の理由があるようですが、

何も知らずに並んでいると前に進めなくて困っちゃいますね。笑

 

 

以上、今回はベトナム・インド・シンガポール・フィリピン・中国の「当たり前」をご紹介させていただきました。

日本では当たり前だったことが崩される瞬間、驚くと同時に楽しさがあります。

この記事を読んでその楽しさを感じて頂けたら幸いです。

 

今後もアジアの情報を発信していきますので、よろしくお願いします!

 

ガク

 

MAG

所有物はロープライススマホ

ICONIC

2015年からホーチミンへ来ました。 アイコニックへの転職、移住、そして結婚(日本人妻です)、と3つの転機が同時に押し寄せましたが、いまはそれなりにハッピーに生きています。笑 最近、iPhoneをタクシー内に置き忘れ、妻に怒られ、画質の悪いロープライススマートフォンに切り替えました。 よって、写真がイマイチだとしても、それは僕の「腕が悪い」のではなく、単なるハード側の問題だ、とご容赦くださいませ。 宜しくお願い致します。

記事をシェアする

関連する記事