ASIA INFORMATION BLOG

アジア各国での生活や旅行・転職に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

【2018年12月1日開始】外国人労働者の強制社会保険に関する新政令の概要

2016年社会保険法に関する政令 2016年施行の社会保険法では、「2018年1月1日から、外国人が強制社会保険に加入できる」とされていましたが、2018年に入っても具体的な施行について案内する政令がないため、この規定の運用が不明確な状況が続いていました。 駐在員の方は日本で社会保険に加入しており、かつ、年金が受領できるほどの長期滞在の方は少ないため、実際にベトナムでは社会保険を利用しない方が多いと予測されます。それにもかかわらず、年金などの高コストの社会保険料が求められることに対して、各外国企業から適用への

「駐在員が住みやすい国」ナンバーワン!シンガポール移住のすすめ

こんにちは。シンガポール在住ライターのhitomilkです。 東南アジア随一の先進国として知られているシンガポール。 2018年に香港上海銀行(HSBC)が発表した「海外駐在員にとって住みやすい国ランキング」によると、5年連続1位を獲得している人気ぶりです。 また、近年のシンガポールの在留邦人数(在留届提出済)は、2016年時点で37,504人となっており、ビジネスや節税を目的とした移住先として人気があるようです。 シンガポールに対する評価のポイントは様々ですが、同じく日本から移住してきた私の視点で、シンガポールの住

【安全なアクセス方法】ベトナム ホーチミンの空港でのタクシー・バスの乗り方

こんにちは。ベトナム在住ライターのURANOです。 ホーチミンに住み始めてから半年以上が経ち、ホーチミンを愛する気持ちはますます強まっています。 みなさんにもぜひ来てほしい!と常に思っています。 ベトナムにお越しのみなさんを全力でサポートしたい私は、ホーチミンに初めて来た方が最初に悩むであろうことを解消したいと考えました。 そう、ベトナムの空港からホーチミン市内までの移動手段です。 という訳で今回は、空港でのタクシー・バスの乗り方を紹介します。 (配車アプリのGrabを使う方法もありますが、使い

ベトナム出入国時の持出&持込禁止品

ベトナムに入国またはベトナムから出国する際、所持していると空港で没収(または罰金)となってしまう物がいくつかあります。ベトナムでの出入国を予定している方は、これらの情報を事前にチェックしておきましょう。 特に、ベトナム側では持ち出しを許可していても、日本側では持ち込みを禁止しているものや、お土産の定番とされている特産品でも、持ち帰れない場合があります。これらは間違えやすく注意が必要なため、やはり購入前に持ち出し・持ち込み禁止品の確認をすべきでしょう。 今回はベトナム旅行者が購入しがちなお土産の

英文履歴書の書き方(1) 日本の履歴書との違い

今回から、英文履歴書や英語面接について書くことになった有元です。 私は日本で大学を卒業し、日本の米企業で勤務した後、大学院入学のために20代半ばでアメリカに渡りました。ビジネススクール卒業(MBA取得)後に独立し、16年にわたりアメリカの市場調査や日米企業間の戦略提携コンサルティングを行いました。 その間に、日本人やアメリカ人から受け取った履歴書、社員を採用した経験を基に執筆したのが、「英文履歴書の書き方」や「面接の英語」(ジャパンタイムズ刊)です。 その後、海外や日本国内の外資系への転職を目指す

【2300万いいねを獲得】ベトナムのFacebookで大人気!若者が作る架空キャラクター

みなさん、こんにちは。 ホーチミン在住のベトナム人Hanです。 今日、世界の発展と通信技術の進歩によって、多くの人々がインターネットにアクセスできるようになりました。特にソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の出現は、世界中の人々の距離を縮め、また自由に思想・創造し発信できる場として定着しています。そのトップに君臨するのが、みなさんもご存知のFacebookです。 今回は、Facebookを通じて自身の作品を発信するベトナム人の若者に着目し、彼らの活動について取り上げます。   Facebookで人気な架空