ASIA INFORMATION BLOG

アジア各国での生活や旅行・転職に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

クアラルンプールの街歩きなら超快適なウォークウェイ

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 ライター紹介のコメントに「暑いとこが苦手だったけど、すっかり克服しました」みたいなことを書いてしまいましたが……正直に言います。 暑いなか歩くのは、好きではありません。 そんな私がクアラルンプール中心部を歩いてみよう! というのは全く説得力がないかもしれませんが…… 「陽射しを避けて、安全で素晴らしいコースに、思わずウキウキ楽しく歩けるんですよ! これなら大丈夫かなって思いました(個人の感想です)」   ペトロナスタワーとブキッ

崩れ落ちそうな超高層ビル「マハナコン」がある新注目スポット、サトーン!

バンコクには、世界的にも大都会を印象づける豪華な高層ビルが多くあります。 特に観光地としても有名なのが、展望台もあり、バンコク一円が見渡せるバイヨーク・タワーⅡ(Baiyoke TowerⅡ)ではないでしょうか。 しかし、長年に渡って高さタイ1位に君臨し続けていたバイヨークは、ついに2016年ソフトオープンした「マハナコン(Maha Nakhon)」に1位の座を明け渡してしまいました! さて、その気になるマハナコンはどこにあるのでしょう。近年栄えているそのエリアをちょっとご紹介いたしましょう。   ビジネスシティ

インドネシアビジネスの最前線②(2017年版)

前回の記事では、日系企業がインドネシアのビジネス概況と日系企業の進出状況を解説しました。インドネシア進出において、当局の必要条件を満たした際には各種の投資優遇の恩恵を受けられることも可能です。 本稿では、そのインドネシアの投資優遇制度の概要について解説します。   1. インドネシアの投資優遇制度の概観   インドネシアにおいては、外国資本を呼び込むために、様々な投資優遇制度が存在します。これは、インドネシア政府が外国企業の投資や誘致を積極的に推し量っていることの表れで、日系企業

ベトナムにおける就業規則の法令面からの必要性

こんにちは。 ICONIC 組織人事コンサルティング部門の前田です。 ベトナムの就業規則については、ベトナムへ進出する際に作成されることが多いですが、進出時は本業に関する業務に集中しており、労務までなかなか手が回っていないことも少なくありません。 今回は、ベトナムにおける就業規則作成の必要性について、現時点における法令面からご紹介します。   ① 10名以上の被雇用者を使用する場合は、就業規則を作成し、登録しなければならない。 10名以上の被雇用者を使用する場合、ベトナム労働法上、雇用者は就業

世界で注目のフィリピン留学! その魅力をご紹介!

フィリピンへの留学は、近年世界中から注目を集めていることをご存知でしょうか? 距離の近さもあって日本や韓国、台湾からの留学生が多いのですが、イラン、リビア、ブラジルやロシアからの留学生も増えてきているんです。 今回は、フィリピン留学の魅力をご紹介します!   フィリピンで使用されている言語   留学といえば、「語学留学」「大学留学」「ボランティア留学」などありますが、目的が何であれ、使用する言語は留学する国を決める大きな要素ですよね。   フィリピンにおいて憲法で定

タンソンニャット国際空港からホーチミン市内までの安全なアクセス方法【タクシー・バス】

こんにちは。URANOです。 ホーチミンに住み始めてから半年以上が経ち、ホーチミンを愛する気持ちはますます加速。 皆さんにもぜひ来てほしい! と常に思っています。 お越しの皆さんを全力でサポートしたい私は、ホーチミンに初めて来た方が最初に悩むであろうことを解消したいと考えました。 そう。 交通手段 です。 というわけで、今回の記事は、空港からホーチミン市内の目的地までのアクセス方法をご紹介します。 空港からホーチミン市内までは、配車アプリのGrabやUberを使う方法もありますが、今回はタクシーとバ