ASIA INFORMATION BLOG

アジア各国での生活や旅行・転職に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

【お値段2000円&1時間で受け取れる】クアラルンプールで作るメガネは安くて早い!

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 以前、外出先でメガネを忘れたことに気づきました。晴れている日は裸眼でもなんとか見えるのですが雨が降ったり、夕暮れ時はかなり厳しいです。 そこで「なんなら今、作ってしまおう」と、クアラルンプールのど真ん中にありながら、レトロ感あふれる謎モールのスンガイ・ワン・プラザ(Sungei Wang Plaza)に行きました。公式サイトによると創業は1977年だそうです。   昭和ノスタルジー!ブキッビンタンのショッピングモール ブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)

若手が活躍!ベトナムの営業求人特集【ホーチミン・ハノイ・その他地域勤務】

ベトナムの営業求人特集をご覧いただき、ありがとうございます。 東南アジアの中でも経済発展が著しいベトナムでは、スキル・経験・語学力をいかして活躍できる求人が豊富にあります。 特に若手の求職者においては、高い成長意欲や行動力に期待する企業が多く、日本にはないチャレンジングな機会を与えて貰えることもあります。 伸びしろの今だからこそ海外で働きたい。そんな熱意をお持ちの方に、iconicJob編集部が厳選したオススメ営業求人をご紹介します。 <目次> ベトナム若手営業特集① ホーチミン勤務 ベトナム若手営業

【知っておきたいベトナムのお盆】「鬼月」と「ブラン祭」とは?

みなさん、こんにちは。 ホーチミン在住のベトナム人Hanです。 時が過ぎるのは早いもので、旧暦上は1年の半分が経ちました。新暦上では8ヶ月が経ち、2018年ももうすぐ終わりますね。 ところで皆さんは、今年の「鬼月」をどのように過ごされましたか? 鬼月とは、旧暦7月(新暦では8月中旬~9月中旬頃)を指します。亡き魂(鬼)がこの世に戻って自由に徘徊するといわれており、ベトナムのお盆「ブラン祭(Vu Lan)」も旧暦7月15日に行われます。 なぜ鬼月というのか?鬼月には何をして過ごすのか?今回はベトナムならではの風習

【チェックリスト&よくある質問を掲載】ホーチミンの物件内覧時に注意すべきポイントとは

前回は、ホーチミンでのお部屋探しの流れと注意点をお伝えしました。 実際に不動産会社に連絡し内覧が決まったら、内覧時に確認すべき点をまとめておきましょう。物件契約後は予想していなかったメンテナンスを不動産会社に求めることがあります。場合によっては対応してもらえない事があり、物件の解約も簡単にはできないため、事前確認をしておくと安心です。 そこで今回は、物件の内覧に役立つチェックリストと、契約時によくある質問・回答について取り上げます。   ホーチミンの物件内覧時の確認事項 まずは不動

ベトナムにおけるボーナスと初任給の動向【ボーナス平均支給額と初任給の経年推移】

今回は今年5月に弊社が実施した最新の給与昇給率調査結果より、ボーナスと初任給の動向を経年推移を追いながら概観します。   【ベトナム人社員】ボーナス平均支給額の経年推移(中央値) ※単位=KVND ※上記ボーナスには、いわゆる13ヶ月目の給与を含みます。 【ベトナム人社員】初任給の経年推移(中央値) ※単位=KVND   ボーナスの平均支給額は横ばい、初任給は大学新卒・ブルーカラーともに上昇 【ボーナス】 ボーナスの平均支給額については、ここ数年の1.1~1.4ヶ月分の支給レンジからはず

【連載③】税務調査の実例から見る給与負担按分とは~タイの経理現場から~

本シリーズではこれまで、タイにおける日本人駐在員の給与取り扱いのキーとなる源泉処理とグロスアップ、それから所得の合算についてご案内してきました。 今回は給与負担按分について、当局による税務調査の実例も交えて解説したいと思います。   給与負担按分とは 給与負担按分のここで言う「按分」の帰属先とは、親会社である日本法人と、関係会社や子会社であるタイ現地法人と定義します。駐在員の給与という費用負担を、日本側にするかタイ側にするか、法人税の観点から見た税金の取り扱いが今回のテーマになります。