ASIA INFORMATION BLOG

アジア各国での生活や旅行・転職に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

マレーシアビジネスの最前線④(2017年版)

日系企業がマレーシアに進出する際に、さまざまな投資恩恵を受けられることは前回解説しましたが、一方で、外資企業の進出・参入が認められていない産業も存在します。 本稿では、マレーシアにおける外資規制の概要について解説します。   1. マレーシアの外資規制   i. マレーシアの外資規制の概要 マレーシアの外資規制は、政府による規制と各業界における所轄官庁の規制の2つから構成されます。特に、政府による規制は存在しなくても所轄官庁の許認可(ライセンス)において、実質的に外資規制の縛りがあ

マレーシアビジネスの最前線③(2017年版)

前回の記事では、日系企業がマレーシア進出をする際にどのような進出形態がありうるのか、その概要を解説しました。 一方、マレーシア進出において、当局の必要条件を満たした際には各種の投資優遇の恩恵を受けられることも可能です。 本稿では、そのマレーシアの投資優遇制度の概要について解説します。   1. マレーシアの投資優遇制度の概観   マレーシアにおいては、製造業、農業、ホテル業等のサービス業等を中心にさまざまな業種において投資優遇制度を受けられます。 これは、マレーシア政府が外国企業

ベトナムでの帰任時及び代表者変更時のビザ・労働許可証手続き

こんにちは。 ICONIC 組織人事コンサルティング部門の前田です。 ベトナムに駐在しているといずれやってくるのが帰任の時期です。 通常、後任の方との入れ替わりとなり、それぞれのビザや労働許可証の手続きが発生します。 特に代表者が変更する場合は、企業登録証明書(ERC)の変更手続きも必要です。 今回は、その必要な手続きについて、現時点の法令や実務に基づいてご紹介します。 下記の弊社ホームページには、リニューアルしたビザ・労働許可証関連のページがございますので、そちらも合わせてご参照くださいませ。 ・

ハロウィンの楽しみ方、教えます! in ベトナム・ホーチミン

こんにちは。 最近ジムに行く回数が減り、焦りを隠せないURANOです。 思えば10月がもうすぐ終わります。(ベトナムのホーチミンは相変わらず暑いです。) あっという間にクリスマス、そして大晦日がやってきてしまいますね・・・。 ・・・と、その前にまだ残っている一大イベントがありますよね? そう! ハロウィン! 私が住んでいるホーチミンでも、徐々にハロウィンの雰囲気が目立つようになってきました。 今回は、ホーチミンでハロウィンを迎える前に知っておくべき情報を、現地からお伝えします。 ホーチミン

【ダナン求人特集】南国移住希望者は必見! ベトナム第三の都市ダナンの魅力

  今、iconicJob編集部が勤務地としてオススメしたいのは、ホーチミン、ハノイと並ぶベトナム第三の都市、ダナン! 日系企業も続々進出中のダナンの魅力。そして、ダナンで働く人に求められるマインドについてご説明いたします。   ダナンは、ベトナム中部にある都市で、ここ数年人気急上昇の南国リゾート。 「アジアのハワイ」とも呼ばれ、成田空港や関西国際空港からの直行便の就航も開始となりました。   リゾートとして人気が高まってるダナンで人気なのは、ミーケビーチ(My Khe Beach)。 経済

クアラルンプールで超有名な占い師マスター・チンに占ってもらった

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 マレーシアに暮らしてみて思うのが、毎日が夏か真夏。 そのため日々はゆる~く365日すぎていくため「細かいことは、まあいいか……」と、楽な方に流れてしまいがちです。 「仕事が終わっておいしいビールが飲めればいいか」なんていつまでも言ってる場合じゃないのではと自問自答。 いきなりですが前向きに人生を考えてみることにしました。   クアラルンプールで占いといえばマスター・チン   というわけでやってきたのは、セントラル・マーケッ