ASIA INFORMATION BLOG

アジア各国での生活や旅行・転職に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

ベトナムとマレーシア、徹底比較10選 どちらに行きたいか迷っている方必見

マレーシアとベトナムのどちらに行きたいか迷っている方は、必見です。 観光に行く際はもちろん、マレーシアとベトナムの魅力が知りたい方も必見です。   1. 飛行時間 日本からは30~1時間程度、ベトナムに行く方が近いです。   ◆ベトナム飛行時間 日本からベトナムまでの飛行時間は、直行便でハノイまで約5時間半、ホーチミンまで約6時間です。 乗り継ぎの場合は、経由する都市や乗り継ぎによって大幅に異なります。 http://www.airlineguide.jp/flight-time/vietnam/ ◆マレーシア飛行時間

ベトナムで就職活動の成功率を格段に上げる、4つのポイント

1. 「ベトナムで働きたい理由をはっきりさせておく」   求人企業側が1番気にしているのは、   「この方はベトナムで長期的に働けるのか」という点です。   そして、「長期的に働ける」ことを面接官に示すには、   「ベトナムで働く理由を明確に述べること」   ⇒ベトナムで働く目的は何で、なぜベトナムのその企業で働きたいのか これを堂々と伝えることが重要です。   そして企業の方が気にされているのは、下記2つです。 ①    仕事に対する考え方や常識が異な

ベトナムのぼったくりと値段交渉について、対処方法3STEP

吹っかけられたら交渉開始 価格表示がないモノを購入する場合、値段が決められていないため交渉がつきものです。 最初に売り手側から吹っかけとも言える値段を提示されると思います。 これは、交渉開始の掛け声のようなものです。 交渉による値引きを前提にして、吹っかけてきているので決して悪気があるわけではございません。   この感覚を楽しむことが一番重要なポイントです。 これを楽しいと思うならば、続きをお読み下さい。 ぼったくりには決して遭いたくない場合は、読んだ上で、百貨店に行けばぼ

ベトナムの就業規則

ベトナムの就業規則 なぜ就業規則が必要なのか 労働法で定められていることを守ることはもちろんのことですが、実は意外と会社独自で決められることがたくさんあるのです。例えば、ベトナム労働法 では、懲戒処分の形式は3つ(戒告・6ヶ月未満の昇給期間延長、もしくは降格、解雇)とされてます。しかし、どんな行為を行ったらその処分に該当するの か、大枠しか書かれておらず、具体的な行動までは明記されていません。自社で勤務するにあたって、何をしてはいけないのか、また、有給を取るとき、会社を 休むとき、そういったシチ

インドネシア移住前準備3

こんばんは。 インドネシアではいよいよ断食(プアサ)が始まりました。人口の9割弱がイスラム教のインドネシアでは多くの人が断食を行っています。これからあと3週間程は日が昇ってから沈むまでの間、何も口にすることができなく、勿論水もダメだそうです。 街中にいつもある屋台も出ておらず、食堂も閉まっているところ もあり、心なしか街が静かな気がします。開いている食堂もあるのですが、日中は外から人が食事をしているのが見えないようにカーテンで隠されています。私 のように断食をしていない人間もあまりおおっぴらに外で

ベトナムでよくある手当とは?

ベトナムにおいても、給与の核をなす基本給の他に、各種の手当が支給されています。 以下にベトナムでよく支給されている手当の種類をまとめました。 ベトナムでよく支給されている手当の種類一覧 手当項目 支給方法 時間外手当 残業時間に応じて支給 交通費・通勤車両の運行 通勤距離に応じて支給、もしくは、一定月給を支給 出張手当 出張日数に応じて支給 役職手当 役職に応じて支給 昼食手当・社員食堂 出勤日数に応じて支給 皆勤手当 皆勤した場合にのみ支給 言語能力手