ASIA INFORMATION BLOG

アジア各国での生活や旅行・転職に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

基本給はどう決めるか? ~賃金制度移行時の差額解消法~

こんにちは。 ICONICで人事労務コンサルティングを担当しております長浜です。 最近、ベトナムでの人事制度構築についてご相談を頂く機会が増えています。 その中でも、マネジメントの頭を悩ます人事制度まわりのトピックスであり、求職者の方にとっても気になる、「基本給」についてご紹介しています。 前回までのコラムで、新しい賃金テーブルを設計したあとの賃金移行シミュレーションの進め方を解説しましたが、想定した移行先として想定した等級のMin-Maxレンジ内にあるべき基本給額が適切に収まればスムーズな移行ができる

【フィリピン就職活動】雇用契約を交わす前に確認するポイント5つ!

最近は友人からフィリピン就職の相談に乗ることがよくあるので、今回はフィリピンで就職活動をする時に気を付けたいポイントをご紹介したいと思います! フィリピンで働くには「現地採用社員」と「現地駐在員」という形がありますが、今回は、日本の本社から派遣される駐在員ではなく、フィリピンでの就職活動が必要となる現地採用を希望する方々向けの重要な確認ポイントになります。     フィリピンで働く求人情報を探そうと思うと、その情報は基本英語で記載されており、その記述内容も日本の常識とは大きく

基本給はどう決めるか? ~賃金構成と昇給方法~

こんにちは。 ICONICで人事労務コンサルティング部門を統括しております長浜です。 その中でも、マネジメントの頭を悩ます人事制度まわりのトピックスであり、求職者の方にとっても気になるのが「基本給」。 そこで今回は、ベトナムでの基本的な賃金構成と昇給方法についてご紹介したのち、基本給の性格を決める要因についてまとめます。 基本の賃金構成と昇給方法 1. 基本の賃金構成 賃金は、その支払い頻度や金額の変動性、支払い目的等によって、性質の異なる各部分を累積して総額を構成するようにできています。一般的な

もうすぐクリスマス! 皆が楽しみにしている「13月給与」とは?

10月になり、ショッピングモールへ行くと必ずと言ってよいほど、クリスマスソングが流れる季節となりました。キリスト教徒が多いフィリピンでは、毎年クリスマスをとっても楽しみにしています。 クリスマスそのものも楽しみですが、もう一つの楽しみが「13月給与(13th Month Pay)」! (「13ヶ月給与」とも言います。) 今回は、「13月給与」についてご紹介します! 13月給与(13th Month Pay)とは? Christmas in the Philippines https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Parols_For_Sale.png 13月給与とは、

ベトナム労働法に基づく解雇とは?

「ベトナムは労働者側の法律だから、解雇ってなかなかできないんですよね?」とお問い合わせいただくことがよくあります。 確かにシンガポールほど会社側が解雇権を行使しやすいわけではありませんが、解雇ができないわけではありません。今回は解雇とその対策についてお伝えしていきます。   与えた職務を全うせず、何度注意しても改善されない・・・ 勤怠不良が目立つ、会社のルールを守らず、他の社員に悪い影響を与えている・・・   そういった社員の方がいた場合、「解雇」という言葉が頭をよぎったこと

手当制度設計時の外せない注意点三ヶ条

今回は、ベトナムにおける手当制度を整備する上でのはずせない注意点「三ヶ条」を以下にまとめます。 1.生活配慮目的の手当は、職位や職能に関わらず、一律支給する。 一口に手当と言っても、その手当の支給背景は様々あります。例えば、昼食手当や通勤手当、住宅手当などの生活配慮目的の手当であれば、職位や職能によってコストが変わるものでもないため、会社が生活物価状況などから判断し、月額を固定して、全社員へ同額を一律支給するという運用に納得感があります。一部、通勤手当については、郊外立地のオフィスや工場の