ASIA INFORMATION BLOG

アジア各国での生活や旅行・転職に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

ベトナムでの帰任時及び代表者変更時のビザ・労働許可証手続き

こんにちは。 ICONIC 組織人事コンサルティング部門の前田です。 ベトナムに駐在しているといずれやってくるのが帰任の時期です。 通常、後任の方との入れ替わりとなり、それぞれのビザや労働許可証の手続きが発生します。 特に代表者が変更する場合は、企業登録証明書(ERC)の変更手続きも必要です。 今回は、その必要な手続きについて、現時点の法令や実務に基づいてご紹介します。 下記の弊社ホームページには、リニューアルしたビザ・労働許可証関連のページがございますので、そちらも合わせてご参照くださいませ。 ・

どのビザを取得するべき? フィリピンでお仕事をするためのビザを紹介

小売業や飲食業など、フィリピンに進出する日系企業がここ数年で増加しており、フィリピンへの出張、または駐在という機会もどんどん増えてきそうですよね。 そこで、フィリピンにお仕事で渡航する際、事前に知っておきたいのがビザ(VISA)。目的によって、取得が必要な種類も違います。 今回は、短期出張、長期出張、そして駐在員に必要なビザをご紹介します!   ケース1:30日以内の短期出張者は無査証で入国可能   [caption id="attachment_10487" align="alignnone" width="600"] ▲空港のイミグレーシ

【フィリピンで日本旅行ブーム】マニラの旅行博へ行ってきた!

フィリピンではここ数年、日本旅行ブーム! 日本観光協会(JNTO)によると、2016年7月の訪日フィリピン人は、7月として過去最高記録を更新。前年同月比で24%増、20,300人のフィリピン人が日本を訪れたそう! 東南アジアではタイ、マレーシア、インドネシアに次いで4位の多さです。 旅行好きの私としては、チェックせずにはいられない! ということで、マニラで行われた旅行博の様子をレポートします。 なぜ今、日本旅行ブーム? 日本旅行の人気が増してきた理由としては、経済成長による所得の増加、日本ビザ取得の緩和

【ベトナムへ観光予定の方は必見!】2015年 ビザに関するビッグニュース!

こんにちは、Nguyenです。 ベトナムへの観光客に向けて、3ヶ月前に大きなニュースがありました!   (参照元:https://www.gapuranews.com/lintas-alam-akan-digelar-di-rammang-rammang-festival-31-juli-2016/) 「視界が開けた」とも言うべきニュースです! というのも、今まではベトナムで16日以上滞在予定の方は 入国前に必ず、ベトナム国外の大使館・領事館でビザを取得する必要がありましたが、 今回のニュースで一部の規制を緩和することになったからです。   対象者や注意点など具体的な詳細内容

【必見!】2015年ビザ無しでどれくらいASEAN諸国に滞在できる?

ご無沙汰してます、Nguyenです。 実は裏方としてブログに関わっていますが、自らの記事を書くことは久しぶりですね。 さて、最近私の周りに「東南アジア・バックパッカー」という人が増えてきたので、 彼らに頼まれたわけではないですが 実際、ASEAN諸国の中でどれくらいの期間であれば、 「ビザ免除対象者」として滞在できるのか調べてみました! ※今回は、「日本人が2015年8月20日時点で入国する場合」です。 今回は特別に、ASEAN10カ国別ランキング形式でお知らせします! 10カ国のうち、1位に輝くのはICONIC創業の地、ベトナム

「ベトナム滞在ビザ免除期間を30日間に延長」期待を込めて真相確認してみました

  現在ベトナムで滞在ビザ免除期間は、15日以内となっておりますが、 その期間が30日間に変更されるかもしれないという情報が公開されたので、 事実を確認してみました。   「ベトナム滞在ビザ免除期間を30日間に延長」という噂について 「観光総局が、ベトナムを訪れる日本など7か国の外国人に対し、 入国査証(ビザ)免除期間を現行の15日間から30日間に延長する」   「同局は、今回のビザ免除期間延長とビザ発給の緩和・免除により、 訪越観光客の多い国々からの更なる観光客の誘致を目