ASIA INFORMATION BLOG

アジア各国での生活や旅行・転職に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

タイの雨季は終わりごろが大変! 冠水だらけのバンコク

熱帯モンスーン気候のタイなど、東南アジアには日本の梅雨のように雨季があります。   ここタイの雨季は非常に長く、6月くらいから10月、へたすると11月まで続き、特に雨季の終わりに近づく10月は大雨が降りやすく各地で冠水被害が起こる大変な時期なんです。   そもそも東南アジアの雨季とは アフリカ東岸から始まってインド洋を通過してタイに来る、いわゆる季節風であるモンスーン(monsoon)の影響は多大。日本の梅雨もこれに由来するものではあるようですが、東南アジアのそれとは降水量や期間の長さが大き

バンコクのナイトマーケット「アジアティーク ザ リバー フロント」でお買い物

はじめまして! パクチー丹羽です。 「え?」と思った方。 その反応、正解です。 私の愛するパクチーについては、後日どこかでご説明しますね。 気ままに東南アジアで生活をしている女子、パクチー丹羽をこれからどうぞよろしくお願いします。   さて、私、パクチー丹羽の初めての執筆は、タイについて。 タイといえば、食? 観光? いやいや、まずは買い物でしょ。 というわけで今回は、バンコクの巨大ナイトマーケット「アジアティーク ザ リバー フロント」に行ってきました! オシャレ度満点!「ア

大都会バンコクを見下ろす超高層ビル、バイヨーク・タワーⅡ

眼下に広がる景色を楽しめる場所は、どこの観光地でも魅力的で人気ですね。 バンコクにもさまざまなビュースポットがありますが、その代表といえば、バイヨーク・タワーⅡです。高くそびえるタワーの屋上からは、バンコク全体が見渡せるほどの絶景が広がっています。 バイヨーク・タワーⅡってどんなところ? バイヨーク・タワーⅡ(Baiyoke Tower Ⅱ)は、高さ304m、85階層の超高層ビル。 タイでは2番目に高いビル(1番はマハナコンの314m)です。1~2階はショップが入っており、主に衣類が販売されています。3~14階は駐車場

バンコク庶民の台所! ローカル色満点の「クロントゥーイ市場」

東南アジア全般で、庶民の生活に欠かせないのが市場ですね。 バンコクにもさまざまな規模の市場がありますが、最大規模はクロントゥーイ市場(Khlong Toei Market)。バンコク中から食材を求めて人々が集まってくるクロントゥーイ市場は、強烈なローカル色を放つ庶民の台所なんです。 クロントゥーイ市場ってどんなところ? クロントゥーイ市場は、クロントイ市場などとも呼ばれるバンコク最大の市場で、長辺およそ600mの広い敷地に、魚介から肉、野菜、果物まであらゆる食材が並んでいます。飲食店の食材仕入れから一般家庭

個性的にチャオプラヤー川を楽しむ! ピンクラオ橋周辺

バンコクを旅行する際、皆さんはどのような計画を立てるのでしょうか? 有名なお寺巡り、ショッピング、美味しいタイ料理、などなど楽しみ方はさまざまですが、何をするではなく、タイらしいチャオプラヤー川のゆったりした景観を、ぼんやり眺めて過ごす、なんていうのも贅沢な過ごし方のひとつですね。 のんびり過ごせるピンクラオ橋周辺 チャオプラヤー川に掛かるピンクラオ橋(Phra Pin-klao Bridge)は、トンブリーというローカル地区から王宮寺院周辺へと繋がる橋で、バックパッカーの街、カオサンロード(Khaosan road

バンコクのチャイナタウン「ヤワラート」の裏通り散策!

バンコクの人気スポットの一つにチャイナタウンがあります。 各国に必ずと言っていいほど中華街は存在しますが、さてバンコクの場合はどんな雰囲気の街でしょう。 観光客なら必ず訪れる大通りではなく、昔の面影が残る、ちょっとディープな昼間のチャイナタウンの裏通りをご紹介してみたいと思います。 チャイナタウンのロケーション バンコクのチャイナタウンはヤワラート通り(Yaowarat)と呼ばれる大通りがメインとなっており、夜になると香港のようなネオンが光る賑やかな雰囲気。訪れる人々を楽しませてくれます。