2014年のベトナム・給与・昇給率動向(第3回)

記事をシェアする

今回は、弊社が毎年末に実施している、今年で5回目を迎える在ベトナム日系企業における給与・昇給率調査の結果から、最新のベトナムにおける給与や昇給率の動向についてお伝えしてまいります。第3回目となる今回は、初任給水準についてまとめます。

 

※2014年在ベトナム日系企業における給与・昇給率調査報告書(詳細版)はUSD150(税別)で販売中です。購入方法の詳細については弊社HP人事労務レポートをご確認下さい。

 

●初任給水準について

 

初任給額の経年推移(中央値)

 

2010年 2011年 2012年 2013年 上昇幅 上昇率 2014年予測
大学新卒初任給 USD205 USD250 USD288 USD284 ▲USD4 ▲1.4% USD300
ブルーカラー雇入時給与 USD92 USD119 USD140 USD150 USD10 7.1% USD163

 

 

大学新卒初任給

 

大学新卒初任給は、昨年対比1.4%の減少となり、過去5年の調査では初の減少となりました。ブルーカラーの給与上昇が続く中、新卒初任給が減少す る傾向は中国、韓国などでもこれまで顕著に見られてきた現象であり、ベトナムにおいても今後、より細かな職群・階層毎の給与動向の分析を基に人事計画を立 てていく必要性が生じていくでしょう。

 

ブルーカラー雇入時給与

 

昨年の本調査結果では、ベトナム国内景気の停滞感を背景に、今年からブルーカラー雇入時給与の上昇は抑えられると予測する企業が大部分を占めまし た。しかしながら予測に反し、昨年対比で今年の上昇率は逓増する結果となりました。景気の停滞感以上に、ブルーカラーの人手不足の深刻さが相場を牽引して いる状況と思われます。この傾向は、地域の別を問わずベトナム全土で見られているだけでなく、先述の通り、中国等のベトナムより先に給与相場上昇を経験し ている周辺他国でも同様の問題がクローズアップされてきたことから、一時的なものではなく、新興国における製造業全般を取り巻く労働市場が直面している課 題であり、ベトナム労働市場においても今後大きなトレンドになっていく可能性があります。

 

【関連記事】

2014年のベトナム・給与・昇給率動向(第1回)

2014年のベトナム・給与・昇給率動向(第2回)

ベトナム2013年度の昇給率予測(速報値)

記事をシェアする

関連する記事