パスポート更新後、ベトナム滞在と就労の許可をどうする?

世界中どこに住んでいようと、海外在住の日本人には10年に1度
「パスポートの更新」という一大行事がありますよね。

 

 

そんなに頻繁ではありませんが、このパスポート更新後、

 

ベトナムの就労許可である「労働許可証」と、
滞在の許可である「レジデンスカード」をどのように取り扱うべきか?

 

というトピックスについて、今回は言及してみます。

 

 

【QUESTION】
パスポートを更新したため、労働許可証(WP)及び居住許可証(RC)の再発行が必要です。
しかし、担当者は、WPの更新までRCの代わりにビザを取得したら出入国時は問題ないといいますが、この対応は正しいでしょうか。WPの有効期限は半年後です。

 

 

【ANSWER 】
WP上の内容に変更が生じた場合は、変更内容を申請の上、WPの再発行手続きをしなければなりません。
これは、パスポート更新によるパスポート番号変更も例外ではありません。

しかし、これを事由とするWPの再発行手続きは、WPの新規申請とは異なり、
単なる事務手続きで審査などは全くなく、所要3営業日で終了します。

 

また、RCの再発行につきましては、WPの有効期限が半年後とのことですので、
現在申請すると、申請期間が12か月未満となってしまいます。
RCというのは、発行期間が最低12か月以上ないと発行されず、12か月未満の申請であれば、RCという形態ではなく、WP更新まではビザの発給でカバーすることになります。

なお、WP更新は有効期限の最低5日~15日前から労働局にて受け付けています。
したがいまして、残存期間が15日以上あるWPを更新しようとしても、そのような更新は受け付けられませんので、ご留意ください。

 

 

他にもWPを再発行しなければならない理由として、主に2つ考えられます。

1. 労働許可証を紛失した
2. 職場の住所を変更した

 

このような場面でお悩みでしたら、まずはICONICにお問い合わせください。
お客様それぞれの事情に基づいて、適切にご返答申し上げます。

 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

東南アジア(ASEAN)での法律関連、調査関連、研修など人事・労務・制度構築・組織開発に関するご相談なら、ICONICにお任せください。

組織人事コンサルティングサービスラインナップ
ベトナムにおける市場調査や給与調査の人事労務レポートの販売

お問い合わせ・ご相談はこちら:https://iconic-hrbase.com/contact

ICONIC

こんにちは、4月からICONICでインターンシップをしている Nguyenです。 日本語が上手いベトナム人ではなく、ベトナムによくある姓を勝手に名乗っている日本人です(笑)

記事をシェアする

関連する記事