バイクタクシーのすゝめ。~配車アプリ「Uber」「Grab」を活用!~

記事をシェアする

こんにちは。

ベトナムでの生活に切っても切れない必需品といえば、バイク
しかし、外国人にとって、ベトナムでのバイクの運転は至難の業。

そこでオススメなのは、バイクタクシー(ベトナム語でXe ôm/セオム)。
バイクタクシーの使い方は、「Uber」や「Grab」といったベトナムで流行中の配車アプリ、道で待機しているドライバーなどさまざま。「どうすればいいの?」とお悩みのあなたもご安心ください! これを読めば、あなたも今日からバイクタクシーの達人に!!

ということで、今回は、ベトナムでのベトナムでの移動を快適にするバイクタクシーの利用方法についてお届けしていきます。

それでは本編スタート!


ベトナムでの配車アプリといえば、「Uber」と「Grab」

みなさま、ベトナムでの移動手段に何をお使いですか?
タクシー? バイク? 徒歩?
外に出れば見渡す限り、道ゆくバイク……

 

20160429_170610

 

歩くには若干遠いけれど、タクシーに乗るほどの距離でもない……
渋滞しててタクシーだと進みが悪い………
「あんな風にバイクで移動ができたら便利だろうな……」
そう思うことはありませんか?

 

しかし、バイクタクシーといえば、観光客に「ナンデヤネン」とか「イマデショ」とかちょっと不思議な(失礼)日本語で客引きしてくるおじさんのイメージが強いですよね。

なんだかぼったくられそうで、ちょっと敬遠しちゃいますよね。

たとえ、ふっかけてこなさそうなドライバーだとしても、そもそも言語面で、ベトナム語がしゃべれないからハードルが高い。

そう感じている方も多いのでは?

 

そんなあなたに朗報です。

 

 

 

テレレレッテレー♪(ド○えもん風)

 

 

 

 

Uber(ウーバー)

「なんじゃそら?」とお思いの方、スマホとネット環境があれば簡単にバイクや車を呼び出せる魔法のアイテム(配車アプリ)です!
準備編
1)App storeやGoogle playから、Uberアプリをダウンロード
2)登録(電話番号が必要です)
※Uberアプリは、なんと、日本語対応です!
日本で登録して、ベトナムで使用できるので観光で来られる方にもオススメ!
実践編
1)乗車場所と降車場所を入力

Screenshot_2016-09-26-06-46-01-1

2)目安金額を確認して、配車
※価格は、毎分200ドン(約1円)+1kmあたり3,700ドン(約17円)。
ただし、最低料金は10,000ドン(約47円)
(ちなみにタクシーだと、初乗り10,000~13,500ドン。以降、1kmあたり15,000ドン程度)

Screenshot_2016-09-26-06-45-34-1

Screenshot_2016-09-26-06-45-19-1
3)バイクが到着
4)スマホ画面を見せ合って、バイクに乗る
5)目的地に到着
6)お金を払う
あら簡単。
乗車前に目安金額がわかる上に、あらかじめアプリ上で行き先を設定できるので安心です。
したがって、バイクタクシーのおじさんに乗車前に口頭で場所を伝えたり、金額の交渉をしたりする必要もありません。

混雑時を除いて、だいたい5分以内にお迎えに来てくれます。
地図上でどの辺までバイクが来てるというのが、リアルタイム表示されるので安心ですね。
そして、ちゃんとヘルメットも貸してくれるので、「出先でヘルメットなんか持ってないよ」という時でも気にせず乗れますよ!

 

つづきまして〜

 

Grab(グラブ)

ベトナム人からよくオススメされるのは、Grabです。
アプリが日本語対応でなかったり、確認の電話がかかってきたり、Uberに比べると言語面のハードルが少し上がります。価格もちょっぴり高め。

しかし、Grabもサービスでは負けていないです。
ドライバーが道に迷ったり、電話がうまくつながらなかったりした場合は、Grab運営側からのサポートが入ります。
さらに私の印象では、Grabの方が通勤時間や降雨時などのラッシュアワーでもドライバー数が安定しています。
準備編
1)App storeやGoogle playから、Grabアプリをダウンロード
2)登録(電話番号が必要です)
※日本語未対応(2016年10月現在)ですが、英語には対応しています。
実践編
1)乗車場所と降車場所を入力

Photo_16-10-07-16-04-51.872

2)金額を確認して、配車
※価格は、2kmまで12,000ドン(約55円)、その後1kmごとに3,800ドン(約18円)

Photo_16-10-07-16-05-30.934
3)ドライバーから電話がかかってくる
4)ドライバーが到着
5)スマホ画面を見せ合って、バイクに乗る
6)目的地に到着
7)お金を払う
やはり、3)の電話がネックかなと思われます。
ただ、基本的に電話の内容は同じで
「Grab Bikeですが、あなたが配車しましたか?」
「(住所)でお間違えないですか?」
「○分ぐらいで着くので待っててください」
この三言です。

なので「Yes」と答えれば大丈夫です。
ドライバーさんも「Yes」と言われると、「あ、ベトナム人じゃないな」と理解してくれます。
外国人とわかると、英語で対応してくれるドライバーさんもいます。

 

道で待機してるバイクタクシーを使ってみよう!

Photo_16-10-07-16-01-58.222

道で待機してるバイクタクシーの利用方法はこんな感じ。

1)歩道にバイクを停めているおじさんを見つける。
※「moto?」と聞かれたら、その人がバイクタクシーのおじさんです。
2)行き先を伝え、金額を交渉。(乗る前に交渉することをオススメします。)
3)いざ出発!
4)目的地に到着したら、料金の支払い。

 

2kmぐらいまでだと、2万ドン程度で連れて行ってくれます。
UberやGrabと比べるとお高めの設定です。
外国人からすると、口頭で交渉しなきゃいけないなんて、大変な上に価格も高いなんて利用するメリットなんてないんじゃ……
いえいえ、そんなこともありません。

 

メリットその1:速い
道を知り尽くしているので混雑時も、最速で行けるルートで走ってくれます。
(UberやGrabのドライバーさんはときどき迷います。ただ、その時は地図で確認しながら目的地までちゃんと連れていってくれるのでご安心を。)

メリットその2:いいバイクに乗ってる人が多い
やっぱり、いいバイクだと安定感が段違い。少し長い距離でも疲れ知らず。

メリットその3:常連になるとまけてくれる
これはUberやGrabでは難しい。
それに、知らない人より知ってる人に乗せてもらう方が安心ですよね。

 


いかがでしたか?

初心者の方は、配車アプリのUberやGrab!
長距離や急ぎの時は、道端のバイクタクシーのおじさんにお願いする。
バイクタクシーを上手に使って、より快適なベトナムライフをお送りください。

それではまたお会いしましょう!

yuko

人生は宝探し

yuko

yukoです。2016年4月よりホーチミン留学中。愛媛県出身。現在、人生で最も都会に住んでいます。都会ってステキ! マイブームは朝ごはんのサツマイモ!(都会感はどこへ…笑)ベトナムにはいろんな種類のおいもがありますが、オススメはにんじん味のサツマイモ。新しいものに出会ったときってワクワクしますよね♪

記事をシェアする

関連する記事