日本に留学しているベトナム人留学生が抱える問題とは

記事をシェアする

ベトナム人の若者の間でも人気上昇中の日本、彼らは経済的に恵まれたこの国で勉強したいとの思いで留学してきていますが、必ずしも充実した生活を送れているとは限らないそうです。むしろ、様々な場面で障壁や問題が生じています。


近年、日本に留学するベトナム学生はだんだん多くなっています。現在ではベトナム人日本留学生の数は2014年5月時点でおよそ2万5千人に達しています。どうして多くのベトナム学生が留学先に、日本を選ぶのでしょうか?

ご存知の通り、日本は世界においても経済大国です。ベトナムに比べて経済的に潤っている日本で、働いてみたり、勉強してみたいというのがベトナム人にとって日本に来る最大の目的でもあります。そんな整われた環境下で家族の助けるためや、自らを自立するために日本に留学し勉強する人が多いです。しかし彼らには日本に来る前に予想できない多くの困難に直面しています。

Du-hoc-sinh

 

教育・学習上での障壁、問題

確かに、日本の教育水準や制度は充実していますが、その前に必要最低限の日本語を留学生に要求されます。日本語は世界でも学習が難しい言語の一つとして見られています。しかし、ほとんどのベトナム人学生は日本語での簡単な挨拶だけしかわからない状態で日本に来ることが多く、日本でほぼゼロから日本語を勉強し始めます。同時に、教育水準が高いということは、学生に対し、要求するレベルも高めに設定されがちです。これは、学習の面だけではなく、日本でのアルバイトでも同じ問題が見受けられます。

生活するためのアルバイトが本業になってしまう問題

日本で、外国人留学生はアルバイトしかできません。もしたくさん儲けたければ朝から夜まで働かなければなりません。さらに日本語の能力が高くない場合は、力仕事を紹介されることが多いです。例えば、新聞配り、ご飯の包装、港で担ぎなどです。それだけではなく、1日に2つの異なる仕事をしなければならない人もいます。現地での生活するためのアルバイトですが次第に本業になってしまい、勉強面が怠ってしまっています。去年では過労死でベトナム人留学生が死亡したケースもあります。

dong-goi-com-hop phat bao

 

もっともベトナム人を苦しめる住宅費と生活費

これは学生たちにとって最大の心配です。日本での生活費は決して安くありません。家賃と生活費を含めて毎月、最低10,000,000VND(1千万ベトナムドン)ぐらいかかります。東京などの都心部だともっと必要になってきます。1部屋に8人で暮らしていることなんてよくあることだそうです。 ある学生には、数百万ドンだけここに来るひとがいます。お金がなくなった時、彼らは家族に連絡することもできません。節約のために、1日1食だけで暮らしている学生もいます。

アルバイトを見つけた幸運な人は一生懸命働き、学校で居眠りをして、授業後、はやく家に帰って、ご飯を作って、また働きに行きます。4時間以上睡眠はごくまれです。仕方がない時、他人から借りたり、ましてや犯罪に手を染めるものもいます。それによってさらに日本人のべトナム人に対し悪い影響を与えてしまうという悪循環が生まれてしまっています。

phong tro tn_nhat1

アルバイト

ベトナム人は日本での生活のアドバイスをしっかりと留学カウンセラーや日本に在住しているベトナム人などからしっかりと聞くべきだと思います。彼らはしっかりと学習と両立できるような最適なアルバイトを見つけることができるかもしれません。最も重要なのはベトナムに住んでいる時にある程度の会話できる能力の日本語を身につけるべきです。これは日本人とコミュニケーションをとる唯一の方法でもあり、コミュニケーションをとるための最低限の条件でもあるからです。

日本に限らず他国で長期に滞在するときはカルチャーショックや文化の違いや障壁に耐えれる確固たる強い心を持つことが重要だと思います。


参考:
http://xuatkhaulaodongnhat.vn/Thuc-tap-sinh/bai-tiep-du-hoc-sinh-viet-nam-tai-nhat-voi-thuc-te-khong-mau-hong.html
http://www.viet-jo.com/news/statistics/150304014550.html

 

vytran

ICONIC

私はVyと申します。友達からはMoonと呼ばれています。ベトナム人です。1992年12月12日生まれました。射手座です。HOASEN 大学を卒業し、専門はビジネス英語です。ホーチミン市に家族と一緒に住んでいます。暇な時、買い物したり、映画を見たり、音楽を聞いたりします。今まで、ICONIC会社で翻訳者として働いています。機会があれば、私は日本の人々や文化についてを学ぶために日本に行きたいです。どうぞ宜しくお願いします。

記事をシェアする

関連する記事