【解説付き】ベトナムの祝日カレンダー

日本やベトナムを含む世界各国には、大切な時を祝う様々な祝日が存在します。
ベトナムでは旧正月を始めとした他国と同様の祝日に加え、国内ならではの記念日もあります。外国人の皆さんも、ベトナムに来て初めて知ったという日があるのではないでしょうか。
そこで今回は、ベトナムにおける祝日とそれぞれの概要、どのようなイベントが行われるのかを紹介します。

ベトナム人と同じ職場で働いている方は、祝日のスケジュールや過ごし方を知っておくだけで、現地のスタッフと馴染みやすくなると思います。ぜひ参考にされてください。

 

ベトナムの祝日:旧正月 – テト(2020年1月25日)

ベトナムでは旧正月を「テト(Tet)」と呼びます。期間は毎年異なりますが、2020年は1月25日が元旦となり、その前後も祝日となります。労働傷病兵社会省が各機関に意見聴取のうえ、連休日数を政府に提案しています。

テトは1年で最も大きなイベントとなるため、2週間ほど前から街中は準備で忙しくなり、師走のアメ横状態です。家族の絆が強いベトナムでは、テトに親戚一同が集まって宴会を開きます。そのため、日本と同様に帰省ラッシュで交通機関が混雑します。連休を利用して国内旅行に出かける人も多く、ホテルはどこも混み合います。

そして、テトに食べる料理といえばバインチュン(Banh Chung)です。バインチュンは、もち米の中に緑豆の餡や豚肉を入れたベトナム版ちまき。この他にも色々なテト料理がありますよ。家には花や植木を飾って、家族みんなで料理を食べて、談笑して楽しみます。

バインチュン作りを体験する子供たち
http://english.vietnamnet.vn/fms/society/195476/hanoi-overwhelmed-with-tet-atmosphere.html

旧正月は大渋滞に
引用:http://dtinews.vn/en/news/017/55075/hanoi-plans-solutions-to-ease-traffic-jams-on-tet.html

 

ベトナムの祝日:フンブオン王の命日(旧暦3月10日)

紀元前に初めてベトナム北部~中部を統一したとされる、フンブオン王(フン王)を祀る日です。命日にあたる旧暦3月10日に行われます。

この日は東北部のフート省(Phu Tho)にあるフン寺で、盛大な祭礼が行われます。ベトナム中から400万人もの人々が訪れ、伝統的な儀式や演奏、催し物を楽しみます。

祭りの見物に集まる人々
引用:http://www.sohuutritue.net.vn/nhung-hinh-anh-dep-trong-ngay-gio-to-hung-vuong-10-3-d10012.html

祭礼の様子
引用:http://www.sohuutritue.net.vn/nhung-hinh-anh-dep-trong-ngay-gio-to-hung-vuong-10-3-d10012.html

 

ベトナムの祝日:南部解放記念日(新暦4月30日)

南部解放記念日、または戦勝記念日とも呼ばれています。1975年4月30日にベトナム共和国の首都サイゴンが陥落し、ベトナム戦争が終結したことを記念した日です。当日はホーチミン市内で花火が打ち上げられ、大通りのライトアップなども行われます。

引用:http://thuongtruong.com.vn/tin-tuc/trong-nuoc/cac-diem-ban-phao-hoa-tai-tp-hcm-dip-30-4-6755.html

 

ベトナムの祝日:建国記念日(新暦9月2日)

ベトナム民主共和国の成立を記念する祝日で、建国記念日または独立記念日とも呼ばれています。初代主席であるホーチミン氏が、1945年9月2日にハノイでベトナムの独立を宣言しました。
当日は花火の打ち上げや自転車レース、写真展の開催、テレビ中継など…イベントが盛りだくさんです。詳細を知りたい方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

 
続いては、ベトナムでポピュラーな祭日についてもお伝えします。

 

ベトナムの祭日:中秋節(旧暦8月15日)

中国から伝わる風習で、ベトナム版お月見です。中秋節から1・2週間前から、街中では色々な種類の月餅が売り出されます。
当日は灯篭などの飾りを買ったり、獅子舞の踊りを見て楽しみます。

 

ベトナムの祭日:ベトナム女性の日(新暦10月20日)

1930年、ベトナム女性組合が発足したことを祝う日です。女性の日は年に2回あり、3月8日の「国際婦人デー」、10月20日の「ベトナム女性の日」がこれにあたります。
ベトナム人男性がバラの花やプレゼントをあげたり、感謝の気持ちを伝えるなどして、社会における女性の貢献を讃えます。当日は贈り物を持った男性で溢れかえるので、初めて女性の日を過ごす方は、少し驚かれるかもしれません。

女性の日に花を贈る習慣

 

ベトナムの祭日:ベトナム先生の日(新暦11月20日)

日本では聞き慣れない祝日かもしれませんが、この日は日頃お世話になっている先生に、花やプレゼントを渡すとともに感謝の気持ちを伝えます。ベトナムではとても大切にされている記念日です。
当日は学校主催のイベントが開催されるなど、先生と生徒達が交流を深める機会となっています。

花を贈る子ども達
引用:https://laodong.vn/dien-dan/50-ban-doc-noi-tang-phong-bi-nhan-ngay-nha-giao-viet-nam-92140.bld

 
以上、ベトナムの祝日を中心に、イベントの概要をお伝えしました。みなさんが知っているものはいくつありましたか?
ぜひこれらの日をチェックしておき、私たちベトナム人と一緒に楽しく過ごしましょう!

鳥のように自由だ

鳥のように自由だ

ICONIC

こんにちは、Thuyです。旅行やあたらしいことを見つけるのが好きです。世界は広くてたくさんやりたいことがあります。さあ楽しみましょう!

記事をシェアする

関連する記事