GLOBAL INFORMATION BLOG

海外転職やアジアでの生活に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

ベトナムの記事一覧

【わたしのフエ旅行記】世界遺産巡りと絶品フエ料理を楽しむ。

こんにちは。Thuyです。 私は友人と2日間のフエ(Hue)を旅行しました。 今回は私のフエ旅行記をお届けします。   ベトナムの古都「フエ」とは? 多くのベトナム人にとって、フエは古くて歴史のある静かな都市、というイメージです。中央ベトナムの沿岸平野にあり、フエはその霊廟で有名です。宮殿やフエ料理、伝統工芸の村などもあります。   フエ旅行のベストシーズン フエの気候は厳しく、乾季と雨季の2つの季節があります。フエの乾季は3月~8月まで続き、暑く快晴が続きます。雨季は8月~1月にかけてで

メコンデルタ地方のドンタップ省を旅する【黄水黎の家・蓮の花・国立公園】

こんにちは。Thuyです。 今回はĐồng Tháp(ドンタップ省)という、ホーチミン市内から離れた郊外への旅についてご紹介します。   メコンデルタのドンタップ省とは? Đồng Tháp(ドンタップ省)は、ホーチミン市から170km離れたメコンデルタの南西に位置し、バスや車で行くことができます。市内中心部から一足運んで、静かな景色と新鮮な空気、シンプルな村の生活を楽しみたい方にぴったりな場所です。   ドンタップ省の観光名所 次に、ドンタップ省ではどんな楽しみ方があるのか見ていきましょう。 黄水黎の家 -

ベトナム投資法改正案の概要(主に投資分野に関する外資規制関連)

現在、ベトナムでは投資法第67/2014/QH13(2015年7月1日施行)の改正草案が国会に提出されており、2021年1月1日に発効する予定となっています。まだ、議論中の草案段階のため、国会の通過までに変更される可能性もありますが、改正が予定される重要なポイントを解説します。 1.条件付経営投資分野 ベトナムでの条件付経営投資分野に関して、草案は以下、12の事業を廃止し、6の事業を追加し19の事業を調整します。 <廃止される事業> 1. 商事仲裁組織のサービス活動 2. 債権取引サービス事業 3. 液化石油ガスボンベ(LPGガス ボ

【徹底比較】ベトナムとマレーシアどっちで働く?

東南アジアに転職するときに迷うのが、「ベトナム」と「マレーシア」のどちらで働きたいのか? 現地で働く日本人も多く、海外転職先として人気の両国の違いは何なのでしょうか。 今回はどちらで働くべきか迷っている方向けに、現地生活で影響しそうな項目を比較しながら、それぞれの国の魅力を探ります。   ベトナム VS マレーシア① 渡航しやすさ ◆日本からベトナムへのフライト 日本からベトナムまでのフライトは6時間前後です。 成田空港や関西空港からは、首都ハノイやホーチミンへの便が毎日就航しています。

ベトナムの伝統工芸品「トーヘ (Tò He)」とは?

トーへ(Tò He)はベトナムに古くからある伝統的な工芸品で、重要な文化の1つとされています。 作り方は今も昔も変わりません。 今回はそんなトーへについて紹介します。   ベトナムの伝統工芸、トーへとは? トーへ(Tò He)はベトナムの伝統工芸品の1つです。水と米粉をこねて作った生地に、木の粉末やウコン、ターメリックなどの粉末を混ぜ、色の付いた生地を作ります。それを竹串に付けて、牛・鶏・犬・猫などの動物、アニメのキャラクター、食べ物(バナナ・りんご・ドラゴンフルーツ)などを形作ります。

ベトナムの美しい花畑5ヶ所を巡る旅

熱帯地域にあるベトナムは、一年を通して比較的暖かい気候となっています。 年中同じ季節かと思いきや、縦に細長い地形となるため、北部~南部にかけて気候が異なります。 そして、各地には様々な種類の花や植物が育ちます。 今回はベトナムで有名な花畑5ヶ所を紹介したいと思います。どの花畑も10月~12月頃まで咲いているので、年末の旅行でしたら見られるかもしれません。   ソバの花畑(ハザン省) ソバの花は、ベトナム北部の高地地方にある特別な花です。ソバの花畑は絵画のように美しく、辺り一面広がっており、ま