ベトナムとマレーシア、徹底比較10選 どちらに行きたいか迷っている方必見

記事をシェアする

_3_

マレーシアとベトナムのどちらに行きたいか迷っている方は、必見です。

観光に行く際はもちろん、マレーシアとベトナムの魅力が知りたい方も必見です。

 

1、飛行時間

file_2

日本からは30~1時間程度、ベトナムに行く方が近いです。

 

◆ベトナム飛行時間

日本からベトナムまでの飛行時間は、直行便でハノイまで約5時間半ホーチミンまで約6時間です。

乗り継ぎの場合は、経由する都市や乗り継ぎによって大幅に異なります。

http://www.airlineguide.jp/flight-time/vietnam/

 

◆マレーシア飛行時間

首都のクアラルンプールへは成田、関空、羽田から直行便が出ていて、所要約6時間30分

ボルネオ島のコタ・キナバルへも成田からの直行便が運航しています。

http://www.arukikata.co.jp/country/asia/MY_general_3.html

 

 

2、物価

images_3

ベトナムの方が物価は低いです。

ビールが大好きな方は、ベトナムは最高です。

 

◆ベトナム(ドン)

http://ja.exchange-rates.org/Rate/JPY/VND

ビール1杯150円

http://vietnam.navi.com/special/5038293

 

◆マレーシア(リンギ)

http://info.finance.yahoo.co.jp/fx/convert/?a=1&s=MYR

宗教上の縛りでアルコール類すべての値段が高いです

http://websae.net/kuala-lumpur-20130604/

 

 

3、町並み

d7c359d5

マレーシアの方が有名な世界遺産の街などもあり、ベトナムより都会な所もあるので、

幅広い方に好かれる町並みだと思います。

 

ベトナムの町並みは、発展途上国のエネルギーを感じることが出来き、

活気に満ち溢れていて活力を沢山感じると場所です。

 

◆ベトナム

世界遺産に登録されたホイアンです。

http://www.vietnamiko.info/vietnam_shirou/hoi_an_machi_nami.html

 

◆マレーシア

世界遺産の町ジョージタウン

http://stworld.jp/earth_info/MY/diary/51de8158e74f15.67345382/

世界遺産の街マラッカ

http://matome.naver.jp/odai/2139280324599736601

 

 

4、気候

images_4__1

気温30度前後と、マレーシアもベトナムも基本的に気候は似ています。

 

◆ベトナム

ハノイとホーチミンではかなりの差がある

ホーチミンでは年間を通じて平均26℃以上なのに対し、ハノイでは12月から4月にかけてかなり冷え込みます。

http://www.arukikata.co.jp/weather/VN/

 

◆マレーシア

季節は大きく雨季と乾季に分かれる。年間の日中平均気温は27~33℃

雨季は11~1月頃。島々のリゾートホテルなどは雨季にはほとんどがクローズとなるので注意が必要です。

 

 

5、ビーチ

images_8_

ベトナムもマレーシアも綺麗な海がありますが、マレーシアの方が島が多く、

綺麗な海に行きたいという方にはマレーシアの方がお奨めです。

 

◆ベトナム

クアダイビーチ

砂浜が綺麗な場所で、観光客も多い。中部のダナンの隣に位置している。

http://4travel.jp/overseas/area/asia/vietnam/hoi_an/kankospot/10336349/

ニャチャンビーチ

のんびりとした時間の流れを感じる、ベトナム屈指のリゾート地。海の青さもすばらしくダイビングスポットとしても有名です。

http://4travel.jp/overseas/area/asia/vietnam/nha_trang/kankospot/10336095/

http://4travel.jp/os_hotel_each-10417529.html

ダナンビーチ

見渡す限り海といった感じで、観光客は少ない。田舎の海でのんびりしたい人向け。交通が不便です。

http://vietnam.navi.com/special/5040220

 

◆マレーシア

ペナン島

KLから飛行機で約50分。対岸から陸路でも移動可能。バツー・フェリンギマレーシアを代表するビーチリゾート。「東洋の真珠」と形容されている。観光客多い。

http://anaikaname.exblog.jp/9192357

パンコール島

エメラルド・ベイKLから飛行機で約50分。船便多い。交通が不便。エメラルドグリーンhttp://matome.naver.jp/odai/2139267617172428601

ティオマン島

サラン・ビーチKLから飛行機で約1時間。船便多い。交通が不便。マリーンブルーhttp://greenholiday.com.sg/sin/tioman/index.html

 

 

6、ショッピング

_1__1

マレーシアは、数多くのファッションモールがあり、セレクトショップなどの買い物をするのに適しています。

ベトナムは、大型ファッションモールは存在せず、市場などでonly1を探したい方向けです。

 

◆ベトナム

ヴィンコム・シティ・タワーズ

ベンタン市場

http://vietnam.navi.com/play/45/

 

◆マレーシア

ショッピングモール多数

http://www.tourismmalaysia.or.jp/shopping/kuala.html

パビリオンクアラルンプール

http://www.pavilion-kl.com/content/

 

 

7、ホテル

images_2__2

ホテルはどちらも素晴らしいホテルが多数存在します。

特に隠れリゾートホテルは、ゆっくり休暇を過ごされたい方は必見です。

 

◆ベトナム

隠れリゾート

http://crea.bunshun.jp/articles/-/2585

ベトナムホーチミン シェラトンサイゴン

http://4travel.jp/os_hotel_each-10152049.html

ソフィテル レジェンド メトロポール ハノイ

http://4travel.jp/os_hotel_each-10122219.html

 

◆マレーシア

ペナン島隠れリゾートホテル

http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g660694-d655458-Reviews-Malihom_Private_Estate-Penang_Island_Penang.html

 

パークロイヤル クアラルンプール

http://www.expedia.co.jp/Kuala-Lumpur-Hotels-PARKROYAL-Kuala-Lumpur.h14489.Hotel-Information?chkin=2014%2F07%2F18&chkout=2014%2F07%2F21&rm1=a1&

 

ザ ウェスティン ランカウイ リゾート & スパ

http://www.expedia.co.jp/Langkawi-Hotels-The-Westin-Langkawi-Resort-Spa.h34686.Hotel-Information?chkin=2014%2F07%2F18&chkout=2014%2F07%2F21&rm1=a1&

 

 

8、自然

images_3__2

マレーシアの方が世界遺産などより多くの「自然」観光スポットがあり、

そういったスポットを見に行く上ではマレーシアの方がお奨めです。

ベトナムは文化遺産が数多くあり、戦争の博物館など歴史を感じたい方にお奨めです。

 

◆ベトナム

世界自然遺産登録されているハロン湾「海の桂林」とも称されるベトナム有数の景勝地です。

http://crea.bunshun.jp/articles/-/2394

 

◆マレーシア

マレーシアには現在2つの世界自然遺産が登録されています。

・東南アジア最高峰を頂点に広がるサバ州のキナバル公園

・神秘の巨大洞窟が点在するサラワク州のグヌン・ムル国立公園

http://ameblo.jp/worldheritage-next/entry-10654107083.html

 

 

9、お土産

images_1__3

どちらも個性あるお土産を買える国です。

 

◆ベトナム

バッチャン村で作られた陶磁器は「バッチャン焼き」

http://vietnam.navi.com/special/5046735

民芸品

http://vietnam.navi.com/special/5044986

アオザイ

 

◆マレーシア

ピューター:マレー半島で産出されるスズを原料とした合

http://allabout.co.jp/gm/gc/20523/3/

ババ・ニョニャのテーブルウェア

http://allabout.co.jp/gm/gc/20523/3/

 

 

 10、人柄

_kjfjd

ベトナムもマレーシアも親日国として、人柄も温かい方が多いです。

 

◆ベトナム

親日国なため優しく親切人が多く、エネルギッシュな方が多くいます。

 

◆マレーシア

一見無愛想で、怖そうに感じてしまう事さえあるマレーシアの人達ではありますが、

様々な体験を通して実はとても温かく、フレンドリーな人柄の方が多いです。

 

結果

今回の記事を通して、ベトナムとマレーシアに観光で行く上で迷われた際は、マレーシアをお勧め致します。

海が綺麗で、観光スポットが数多くあり、幅広い方が楽しめる国だと思います。

ですが、発展途上国の活気やエネルギーを感じたい方は、

マレーシアよりもベトナム観光に行くことををお奨め致します。

記事をシェアする

関連する記事