クラクションの合唱団

記事をシェアする

ベトナムの道路を歩いていて、

鳴りやまない音が一つあります。

それは、「クラクション」です。

file_27

 

クラクションは日本の感覚ですと、「危険!」を意味します。

もし、このクラクションの量が日本で聞こえたら日本中がパニックです。

車は衝突し、さらにそこに突っ込む車が現れて・・・

というイメージでしょうか。

 

ベトナムのクラクションに対する意味合いはちょっと違うようです。

あくまでも私の見解ではありますが、

危ないかもよ。」という注意。もしくは、「邪魔だ!

という種類のクラクションと解釈してもいいと思います。

あまりにも鳴りすぎているので、慣れてしまえば特に意識しなくなっていきます。

 

これだけクラクションが鳴っているのにも関わらず、その量に対して事故は意外と起きません。

事故の数は日本と比べてはるかに多いですが、日本的なクラクションの意味合いから考えると少ないです。

 

事故という観点から余談を話すと、

ベトナムではバイク同士の接触事故等をたまに見かけることがありますが、

日本では少しの接触でも事故が成立することに対して、

ベトナムでは事故として成立する基準が高く、

つまり接触等があっても小規模であればその場で解決して終了ということが多かったりもします。

 

話を戻して、、、

 

ベトナムではタクシーに乗ることが多いです。

車やバイクの交通量が多い中で、

止まっているタクシーや走っているタクシーを探します。

 

私がタクシーを探しているとき、

手を上げなくてもタクシーは雰囲気を感じ取って目の前に現れます。

場所や交通量なんかは関係ありません。

大量のバイクの流れにタクシーを突っ込みます。

もちろんお互い止まる気はないようです。

まるで、「クラクションの合唱団」

それなのに事故にならない。不思議です。

 

これらのことは、ベトナムでは「普通」のことです。

ベトナムで生活していると、この「普通」が自分の中で本当の普通になっていきます。

アジアにあるたくさんの「普通」が、普通になっていきます。

そんなイメージを膨らませながら、アジアで働くということを考えて頂けたら幸いです。

 

ケン

 

【関連記事】

アジア各国の「当たり前」

記事をシェアする

関連する記事