ベトナム滞在、どんなビザが必要?ベトナムビザの種類5つ

記事をシェアする

ベトナム生活・観光情報ナビ様から転記させていただきした
日本人は海外旅行に行く際にあまりビザを意識しませんが、海外に行く際は誰でも、どこの国でもビザが必要になります。

なぜ日本は短期旅行の場合ビザが不要なのかは、日本が他国とビザ免除協定を結んでいるからであり、そのためビザを意識する機会が他国に比べると少なくなっています。
ビザの種類について知りたい方必見です。

1、ビザ不要の場合

ベトナムに来る際は、ビザが不要な場合が2つあります。
1、15日以内の滞在
2、ベトナムから出国する航空券を持っている場合
通常の観光旅行の場合はこの条件に該当するため、ビザの取得は必要ありません。

注意するポイントとして、入国時にパスポートの期限が3ヶ月以上ある必要があります。

2、ベトナムへの入国条件
有効な旅券を所持する日本国籍者については、15日以内のベトナム滞在で、次の要件を満たしていれば入国査証が免除されます。

1、 合法的な旅券で、かつ、入国時点で3ヶ月以上の有効期間を有すること。
2、 往復または他国へ行くための交通手段のチケットを有すること。
3、 ベトナム国内法により入国禁止措置を受けていないこと。

3、観光ビザ

15日以上の観光の場合はを取得しなければなりません。

観光ビザは、昔は1ヶ月、3ヶ月のものがありますが、度々状況が変わりますので注意が必要です。
1ヶ月以上滞在する場合は、ビジネス(商用)ビザを取得すると良いでしょう。
ビジネスビザの場合も観光は可能です。

注意ポイント、ビザ取得時にパスポートの期限が3ヶ月以上ある必要があります。
取得する際に持っていく書類はこちらをどうぞ。
その他にも、旅行代理店にお願いすることも可能です。

4、ビジネスビザ

 

 

15日以上の滞在をする場合や、ベトナムで仕事をする際はビジネスビザを取得する必要があります。

おもに出張に2週間以上行かれる方は、ビジネスビザを取得します。

ビジネスビザには、シングルタイプとマルチタイプがあります。

 

注意ポイントは、ビザ取得時にパスポートの期限が3ヶ月以上ある必要があります。

 

 

5、就学(学生)ビザ

 

 

ベトナムに勉強しに留学される方は、就学ビザを取得することになります。

実際に学校に通う期間のビザの取得となります。

こちらの取得は現地教育機関のサポートが必要なので、詳しくは教育機関に問い合わせることになります。

■ 関連記事■

「ベトナム滞在ビザ免除期間を30日間に延長」期待を込めて真相確認してみました

記事をシェアする

関連する記事