【ベトナム世界遺産】ニンビン省「チャンアン」へ弾丸旅行してきた!

ベトナムで年を越しました、saoです。
旧暦のベトナムは旧正月にお祝いをする習慣があるので、新暦1月1日のニューイヤーはあっけらかんと終わりました。
一応花火は上がったんですが…

一応画像中央のビルの後ろで花火あがっています。全く分かりませんね…。

そして、ベトナムで働く方はご存知の方も多いと思いますが、ベトナムはテト(1月下旬~2月中旬頃)が正月本番なので、1月は基本的に元旦の1日しか休みがありません。しかし!今年は週末と被り三連休。

こんな時は国内旅行です。ホーチミンからハノイへ行くしかないでしょ!

 

ハノイから近い世界遺産、ニンビン省チャンアン

早速やってまいりました、ハノイ。ハノイ観光といえば、世界遺産にも登録されているハロン湾が定番ですが、ガイドブックをぺらぺらしていたら…なになに、ニンビン?チャンアン?

どうやら、ニンビン省にある「チャンアンの景観関連遺産」もまた世界遺産なのだそう。
タムコックのボートツアーで川下りしつつ洞窟内を探索して、ベトナム初の独立王朝とされる古都ホアルーに行くのが一連の流れだそうで(Wiki調べ)。

よくわからないものが好きな私、即決で今回の旅行の目的を決めてしまいました。

 

恐怖のローカルバス?ハノイからニンビンへ

チャンアンへはハノイからバスで2時間ほど(鉄道でも行けます)。ローカルバス料金はとても安くて6万5000ドン(約350円)でした。

ただし……

見てください、この乗車率120%状態。
実はベトナムのローカルバス、人が乗らないといつまで経っても発車しないのです。
8時出発のはずが1時間経過してもまだターミナル近くをうろうろしていました。

し・か・も!

ニンビン省までの道中、それはもう飛ばす飛ばす。遅れを取り戻すかのように、常時120km/hペースでガンガン抜いていくのです。そう、まさにマリオカート。

実際に予定通り2時間ちょっとで着いたのがさらに怖いのですが、なにはともあれ着きました、ニンビン。さすがにローカルバスは懲りたので、ツアーを組んでもらいいざチャンアンへ。

 

チャンアンの絶景川下り&奇岩の洞窟へ

ようやくチャンアンに到着しました!

川を手漕ぎボートで渡るのですが、なんといってもこのアジア感漂う大自然は、都市部のハノイ・ホーチミンでは体感できません。

そして最大のポイントは、洞窟!!

おわかりいただけますでしょうか?
この洞窟、本当に頭すれっすれを通り抜けていきます。すれっすれ過ぎて、雨だと水位が上がって中止になってしまうらしいですよ。

だいたい2時間ぐらいのツアーになっています。

 

小さな世界遺産、ホアルー遺跡

川下り後に向かった場所は、もう一つの目的地。ホアルー遺跡です。

牛さんがいました(気に入ったのでプロフィール画像にしてます)。

写真は取りませんでしたが、こんな感じでホアルーの遺跡を見学できます。

引用:https://tour.dulichvietnam.com.vn/diem-den/ninh-binh/tham-co-do-hoa-lu-khu-di-tich-lich-su-quan-trong-cua-tinh-ninh-binh.html

 
以上、ニンビン省の世界遺産巡りをお届けしました。
フライトの関係で、実質1日半の自由時間でかなり駆け足になりました。もっと時間をとれば、凄くいい旅になると思いますよ。ローカルバスも一度乗ってみるといい思い出になります(笑)

今度は王道のハロン湾にも行きたいですね。
ではでは。

ICONIC

海外で働きてぇと思ってベトナム来ました。ホーチミン暑いですね。道渡りづらすぎですよね。でも、あんな風にバイクや自動車がガンガン来ている道を問答無用で渡れることに最近快感を覚えています。ハノイへの旅行を夢見る青年です。

記事をシェアする

関連する記事