正月三が日に弾丸旅行!ニンビン・チャンアンに行ってきました!

記事をシェアする

ベトナムで年を越しました。

初詣も初売りもなく、唯一期待していた初夢も熱帯夜のせいで何がなんだか。
2016年はじめにして、拍子抜けオブザイヤーに早くも認定です。
いやー、ほんとにベトナムの正月はあっけなかったですね。
カウントダウンはあってないようなもので、一応花火は上がったんですが、、、、


 

DSC_0063

まっっっったくわかりませんね。一応画像中央のビルの後ろで花火あがっています。
まあ、それもそのはず。
ご存知の方多いと思いますが、ベトナムはテト(2月)が正月の本番なので、1月は基本的に元旦の1日しか休みがありません。
しかし!今年は2日、3日が週末!三連休!行くしかないでしょハノイ!

hikouki

ノープランで決行したハノイ旅行のはずが・・・

ってことでやってまいりましたハノイ
全くのノープランで来て、やっぱりハロン湾かなーなんてガイドブックぺらぺらしてたら
なになに、ニンビン?チャンアン?
よくわからないものが好きな私、即決で今回の旅行の目的を決めてしまいました
チャンアンへはハノイからバスで2時間ほど。ローカルバス料金はとても安くて6万5000ドンほど。

ただし、、、

bus

見てくださいこの乗車率120%状態。
実はベトナムのローカルバス、人が乗らないといつまで経っても発車しないのです。
8時出発のはずが1時間経過してもまだターミナル近くをうろうろ。

し・か・も!

道中飛ばす飛ばす。遅れを取り戻すかのように常時120km/hペースでガンガン抜いていくのです。そう、
まさにマリオカート
実際予定通りの2時間ちょっとでつくのがさらに怖いのですが、なにはともあれ着きましたニンビン。
さすがにローカルバスは懲りたので、ツアーを組んでもらいいざチャンアンへ

tyanan

川を手漕ぎボート(ときどき足漕ぎ)で渡るのですが、なんといってもこのアジア感漂う雰囲気はハノイ、ホーチミンでは体感できません。そして最大のポイントは

tonnel

 

おわかりいただけますでしょうか?
この洞窟ほんとに頭すれっすれを通り抜けていきます。晴れの日すらすれっすれ過ぎて、雨だと水位が上がって中止になってしまうらしいですよ。

今回のニンビン旅行で行ったところはもうひとつ。ホイルー遺跡なのですが……

ushi

牛さんがいました。

もっとたくさんの有名な歴史的名所があるそうで、時間をとれば凄くいい旅になると思いますよ!(ローカルバスも一度乗ってみるといい思い出になります(笑))

フライトの関係で、実質1日半の自由時間だったので、約3日のハノイ旅行は弾丸の様相を呈した結果となりました。
今度は王道ハロン湾に行きたいですね!

ではでは。

sao

ICONIC

海外で働きてぇと思ってベトナム来ました。ホーチミン暑いですね。道渡りづらすぎですよね。でも、あんな風にバイクや自動車がガンガン来ている道を問答無用で渡れることに最近快感を覚えています。ハノイへの旅行を夢見る青年です。

記事をシェアする

関連する記事