有元美津世(外部ライター)

ロングセラー著書多数

有元美津世(外部ライター)

日本で大学卒業後、日米企業勤務を経て渡米。MBA取得後、独立。アメリカで16年にわたり日米企業間の戦略提携コンサルティング業を営む。その後、投資家に転身。在米30年後、東南アジアやヨーロッパをノマド生活中。訪問国は60ヵ国にわたり、英語のほかにスペイン語も操るが、中国語、韓国語、ベトナム語には苦戦。 著書に、ロングセラーの『英文履歴書の書き方』『面接の英語』のほか、『英語は7つの動詞でこんなに話せる』『プレゼンの英語』『ビジネスに対応 英語でソーシャルメディア』『英語でTwitter!』(以上ジャパンタイムズ)、『ロジカルイングリッシュ』(ダイヤモンド社)など30冊。韓国語や中国語にも翻訳され、韓国、中国、台湾で出版されている。

最近書いた記事

【失敗しない】メールでの英文履歴書の提出方法

前回に引き続き、オンライン上での英文履歴書(英文レジュメ)の応募方法についてお伝えします。 <目次> ファイル形式を確認 メールの件名は指定どおりに 英文メールを書く時の注意点 件名には応募職名を入れる ファイル名には自分の名前を入れる 採用担当者の名前で呼びかける メール本文は簡潔に     ファイル形式を確認 応募先に、英文履歴書(英文レジュメ)をメールで提出するように言われる場合もあります。英文履歴書(英文レジュメ)をアップロードする場合と同様、メールで送信する場合も、たい

【失敗しない】オンライン上での英文履歴書の登録・応募方法

デジタル時代の今、英文履歴書(英文レジュメ)はメールで送信したり、オンラインでアップロードしたりするのが一般的となりました。   <目次> 応募先の指定に従う ファイル名 オンラインフォーム     応募先の指定に従う 日々、膨大な数のレジュメを受け取る大企業では、ウェブサイトの採用情報ページで応募方法を細かく指定しています。英文履歴書(英文レジュメ)のアップロードに関しては、下記のように、ファイルの種類やサイズが指定されている場合が多いので、指示に従いましょう。 Resume -

英文履歴書の書き方(5) 応募職ごとにカスタムメード

これまで述べてきたように、英文履歴書には、自分が今まで何をしてきたかを並べるのではなく、雇用者側が何を求めているかに焦点を絞り、応募職にマッチさせる形で技能や経験を記載することが大事です。   <目次> 複数の職に対応できる万能の英文履歴書(英文レジュメ)はない 応募職に応じて経歴を組み立て直す 英文履歴書(英文レジュメ)1 英文履歴書(英文レジュメ)2     複数の職に対応できる万能の英文履歴書(英文レジュメ)はない つまり、応募する職ごとに技能 (Profile/Summary/Qualifications