有元美津世

ロングセラー著書多数

有元美津世

日本で大学卒業後、日米企業勤務を経て渡米。MBA取得後、独立。アメリカで16年にわたり日米企業間の戦略提携コンサルティング業を営む。その後、投資家に転身。在米30年後、東南アジアやヨーロッパをノマド生活中。訪問国は60ヵ国にわたり、英語のほかにスペイン語も操るが、中国語、韓国語、ベトナム語には苦戦。 著書に、ロングセラーの『英文履歴書の書き方』『面接の英語』のほか、『英語は7つの動詞でこんなに話せる』『プレゼンの英語』『ビジネスに対応 英語でソーシャルメディア』『英語でTwitter!』(以上ジャパンタイムズ)、『ロジカルイングリッシュ』(ダイヤモンド社)など30冊。韓国語や中国語にも翻訳され、韓国、中国、台湾で出版されている。

最近書いた記事

英文履歴書の書き方(4) 採用される英文履歴書を書くコツ

英文履歴書(英文レジュメ)を書く上で覚えておくべきことは、履歴書は応募先の企業に自分を売り込み、面接にこぎつけるためのマーケティングのツールだということです。英文履歴書は身上書ではないので、自分の人生をすみからすみまでさらけ出す必要はありません。応募職に関係のないこと、自分に不利になることは、書かなくてもいいのです。 みなさんも何か商品を売るときには、その長所を強調し、どんなに優れた商品かを力説するはずです。履歴書は、自分という“商品”をよりよい条件で買ってもらうための一種の“宣伝”と考えるといい

英文履歴書の書き方(3) 英文履歴書(英文レジュメ)の構成要素

前回に引き続き、英文履歴書(英文レジュメ)の書き方についてお伝えします。   <目次> 英文履歴書(英文レジュメ)の構成要素 ①氏名、住所、電話番号、メールアドレス 英文履歴書(英文レジュメ)の構成要素 ②プロフィール/技能/業績要約(Profile/Qualifications/Summary) 英文履歴書(英文レジュメ)の構成要素 ③職歴(Experience/Employment) 英文履歴書(英文レジュメ)の構成要素 ④学歴(Education) 日本の履歴書とは違い、自分で好きなように作成してよいといっても、英文履歴書(英文レジュメ)にも下記のよ

英文履歴書の書き方(2) 日本の履歴書との違い

前回は英文履歴書(英文レジュメ)の概要と、日本語の履歴書との違いをお伝えしました。 今回は英文履歴書(英文レジュメ)の書き方について、履歴書のサンプルを掲載すると共に詳細を説明します。   <目次> ①企業へのアピールにならない!日本式を直訳した英文履歴書(英文レジュメ) ②英文履歴書(英文レジュメ)は「希望職種に関わる」「直近の経歴」を記載 ③海外で通用する英文履歴書(英文レジュメ)はコレ!     ①企業へのアピールにならない!日本式を直訳した英文履歴書(英文レジュメ) 私は以前、