有元美津世

ロングセラー著書多数

有元美津世

日本で大学卒業後、日米企業勤務を経て渡米。MBA取得後、独立。アメリカで16年にわたり日米企業間の戦略提携コンサルティング業を営む。その後、投資家に転身。在米30年後、東南アジアやヨーロッパをノマド生活中。訪問国は60ヵ国にわたり、英語のほかにスペイン語も操るが、中国語、韓国語、ベトナム語には苦戦。 著書に、ロングセラーの『英文履歴書の書き方』『面接の英語』のほか、『英語は7つの動詞でこんなに話せる』『プレゼンの英語』『ビジネスに対応 英語でソーシャルメディア』『英語でTwitter!』(以上ジャパンタイムズ)、『ロジカルイングリッシュ』(ダイヤモンド社)など30冊。韓国語や中国語にも翻訳され、韓国、中国、台湾で出版されている。

最近書いた記事

英文履歴書(英文レジュメ)の書き方(2) 日本の履歴書との違い

前回は英文履歴書(英文レジュメ)の概要と、日本語の履歴書との違いをお伝えしました。 今回は英文履歴書(英文レジュメ)の書き方について、履歴書のサンプルを掲載すると共に詳細を説明します。   <目次> ①企業へのアピールにならない!日本式を直訳した英文履歴書(英文レジュメ) ②英文履歴書(英文レジュメ)は「希望職種に関わる」「直近の経歴」を記載 ③海外で通用する英文履歴書(英文レジュメ)はコレ!     ①企業へのアピールにならない!日本式を直訳した英文履歴書(英文レジュメ) 私は以前、

英文履歴書の書き方(1) 日本の履歴書との違い

今回から、英文履歴書や英語面接について書くことになった有元です。 私は日本で大学を卒業し、日本の米企業で勤務した後、大学院入学のために20代半ばでアメリカに渡りました。ビジネススクール卒業(MBA取得)後に独立し、16年にわたりアメリカの市場調査や日米企業間の戦略提携コンサルティングを行いました。 その間に、日本人やアメリカ人から受け取った履歴書、社員を採用した経験を基に執筆したのが、「英文履歴書の書き方」や「面接の英語」(ジャパンタイムズ刊)です。 その後、海外や日本国内の外資系への転職を目指す