パンダン(外部ライター)

野生の勘を磨け!

パンダン(外部ライター)

暑いところが大嫌いだったはずが、住んでみたらマレーシアの南国独特の時間の流れにすっかりはまったビール好きライター。旅は自分で車を運転していくのが好き。ビーチで夕日を見ながら一杯!が至福の時間。

最近書いた記事

【2019年】クアラルンプールのクリスマス風景レポート

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 以前にもお伝えしましたが、マレー系、中華系、インド系を中心とした他民族国家のマレーシアは祝日や行事が多いのが特徴です。   そして1年を締めくくる最後のイベントがクリスマス。マレーシアではなんと12月25日のクリスマスも祝日となっています。 以前にも民族ごとの行事とディスプレイなどをお伝えしました。ハリラヤ(マレー系)、チャイニーズニューイヤー(中華系)などです。 そこで今回はクアラルンプールのクリスマス風景をお伝えします。 クアラルン

マレーシアで見ておくべきウォールアート群(ペナン・イポー・マラッカ)

こんにちは、マレーシア在住のライター パンダンです。 マレーシア観光というと、まず浮かぶのがブルーやピンクのモスク(Masjid/Mosque)、そしてクアラルンプールのランドマークとも言えるペトロナス・ツイン・タワー(Petronas Twin Towers)といった定番スポットかと思います。 そしてもう一つ、マレーシア国内ではウォールアート(ストリートアート)が有名なエリアがいくつかあります。もともとは地域活性化、あるいはイベントなどの際に描かれたものでした。 何よりも目をひくのがマレーシアの生活、食、文化、などをアジアらし

マイナーからメジャーまでマレーシアでインスタ映えを狙おう!

こんにちは、マレーシア在住のライター パンダンです。 マレーシアには見所があつまっているクアラルンプールはもちろん、他民族国家のため食や文化などが交差していて、アジアが感じられるエキゾチックなSNS映えするスポットも数多くあります。 でもよく見ると、地味で有名ではないものの、おもしろいスポットも点在しています。今回は筆者目線ではありますが、そのようなマレーシア的な映えスポットをいくつかご紹介させていただこうかと思います。   地味だけどローカルに人気のフォトスポット ①クアラルンプール