パンダン(外部ライター)

野生の勘を磨け!

パンダン(外部ライター)

暑いところが大嫌いだったはずが、住んでみたらマレーシアの南国独特の時間の流れにすっかりはまったビール好きライター。旅は自分で車を運転していくのが好き。ビーチで夕日を見ながら一杯!が至福の時間。

最近書いた記事

覚えておきたい公共の場所でよく見かけるマレー語

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 海外で異国を感じるのがその国の言葉ではないでしょうか。現地の方の会話もそうですが、筆者は空港や駅といった公共の場所の現地語表記を見るとテンションあがってしまいます。 アジア圏は難読な言語が多いのですが、マレーシアの公用語マレー語(バハサ・マラユ=Bahasa Melayu)は、英語表記に近くほぼローマ字読みで大丈夫なこともあります。例えばJapan(日本)はJepunと表記され「ジャプン」。 また特にクアラルンプールほか大都市では英語、中国語も使われていたり、

雨でもOK!大人も遊べるオススメの屋内テーマパーク3ヶ所がここ!

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 南国のリゾートなイメージのマレーシアですが、住んでいるとその日差しの強さにびっくり。そして外にいて困るのはいきなりのスコール(日本でいうゲリラ豪雨レベル)。 ということで、思いっきり弾けて遊ぶには屋内最強!?ということで、今回ご紹介するのは個人的に選んだクアラルンプール市内と近郊の推しテーマパークです! テーマパークじゃないのもありますが……。 ベルジャヤタイムズスクエアの恐るべき絶叫マシン ショッピングセンターの中にあるテーマパークという

【2020年】マレーシアのチャイニーズニューイヤー風景

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 つい1ヶ月ほど前にマレーシアのクリスマス風景についてお伝えした。そして年明けと同時に街の風景はチャイニーズ・ニュー・イヤー(Chinese New Year)へと変わります。 2020年のチャイニーズ・ニュー・イヤーは1月25日(土)、26日(日)。この前後は企業や商店などが休業となることが多く、全体的に社会の動きが緩慢になるので注意が必要です。 それでもさまざまなイベントや行事など華やかさがあり、映える撮影スポットも多数出現するので、ぜひ楽しんください。 というわ