藤江大輔(外部ライター)

日本国弁護士

藤江大輔(外部ライター)

09年京都大学法学部卒業。11年に京都大学法科大学院を修了後、同年司法試験に合格。司法研修後、GVA法律事務所に入所し、15年には教育系スタートアップ企業の執行役員に就任。16年にGVA法律事務所パートナーに就任し、現在は同所タイオフィスの代表を務める。

最近書いた記事

【タイ労働法コラム】第7回:タイの残業に関するルール設計

GVA法律事務所・タイオフィス代表の藤江です。 本コラムでは、タイの労務管理について、日本との違いを踏まえた上で、法的に解説していきます。今回はタイの残業に関するルール設計について解説します。   1. 残業時間は社員が決める?タイの残業事情 タイの残業においてまず頭に入れておかなければならないのは、「残業を命じるには、従業員の個別の同意が必要である」という点です。日本では、会社と従業員は一般的に36協定と呼ばれる残業に関する取り交わしをしていることが通常で、この協定によって会社と従業員は

【タイ労働法コラム】第6回:労働者保護法の主な改正ポイント

GVA法律事務所・タイオフィス代表の藤江です。 本コラムでは、タイの労務管理について、日本との違いを踏まえた上で、法的に解説していきます。今年の5月5日に、改正労働者保護法が施行されました。そこで、前回と今回の2回に分けて、改正労働者保護法の主な改正ポイントについて取り上げたいと思います。 1. 改正の趣旨 まずは、改正の趣旨を再度確認したいと思います。 今回の改正は、既存の労働者保護法の規定の中で現代の労働環境に即していない部分の改定、また、国際標準に合わせて労働者保護のレベルをさらに引き上げる

【タイ労働法コラム】第5回:労働者保護法の主な改正ポイント

GVA法律事務所・タイオフィス代表の藤江です。 本コラムでは、タイの労務管理について、日本との違いを踏まえた上で、法的に解説していきます。今年の5月5日に、改正労働者保護法が施行されました。そこで、今回と次回の2回に分けて、改正労働者保護法の主な改正ポイントについて取り上げたいと思います。       1. 改正の趣旨 今回の改正は、既存の労働者保護法の規定の中で現代の労働環境に即していない部分の改定、また、国際標準に合わせて労働者保護のレベルをさらに引き上げることを目的として行われま