【アイコニックブログ】海外転職・アジア生活

海外転職やアジアでの生活に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

但野和博(外部ライター)

タイ在住歴8年・累計100社以上のご相談に対応

但野和博(外部ライター)

Accounting Porter Co., Ltd.にてManaging Directorを勤めています。弊社は日本からの進出や会計サービス全般をタイ国で提供して6年経つ会計事務所です。代表である私が日本で2社の上場会社のCFO通算6年の経験を活かして親身なサービスを提供できるよう心がけております。 これまで累計100社以上のお客様からご相談いただいた様々な実例もあり、本コラムではそんな実例の中からタイで就業するあるいは就業を想定した方向けに駐在員、現地採用の方を問わずお役に立てる情報をお届けしようと思います。 内容としては身近な給与などの取扱いから、経理処理、はたまたそれらをひっくるめたタイの日系企業で身近に起きたことなど雑感的なところも交えながら、気軽に読めるようなトーンで展開していきますのでどうぞよろしくおねがいします。

最近書いた記事

タイ人と働く~タイに住んで、食べて、そして働いて~【隔離生活】

今回も前回に引き続いてのコロナ禍でのタイ入国における自身の経験を踏まえ、入国後の隔離生活についてご案内いたします。 一連の申請手続きまわりのややこしいことは前回のコラムを参照にしていただき、今回は隔離中のASQホテルと称される隔離対応の体制でタイ国外からの入国者を15泊16日受け入れるホテル内での実際の生活をお届けします。いつもより読みやすく気楽な内容ですので最後までお付き合いください。 早速ですが、まずは羽田空港発バンコク行9月25日の特別便でタイに向かうところからです。空港は当然ながらガラガラです

タイ人と働く~タイに住んで、食べて、そして働いて~【渡航申請】

今回は通常のビジネスコラムを一旦一休みして、Withコロナで旬な話題にもなっていて各国間の移動につきものの、タイに入国するための実際の手続きやその後の隔離ホテル生活などについて、ちょうど先日私自身が経験したことを踏まえてご案内をいたします。 まずこれからの話は日本からタイに入国する際のものです。その点踏まえたうえでよろしくお願いします。更にこちらのコラム記載時点(2020年10月16日)で、既に結構な数の日本人がタイに入るような状況になっているため、各種情報も身近なものとして耳にされているかもしれません。

アウトソーシングできる業務とは(4)~タイの経理現場から~

前回は事業開始後の会計・税務周りのローカル業務のアウトソーシングという切り口でご案内してきましたが、今回は更に踏み込んで日本人駐在員などキーパーソン業務についても同様にアウトソーシングできる部分が一部でもあるのかという観点で、ある程度踏み込んだ内容をご案内していきます。 まずは、なぜここまで踏み込んでご案内するかというところから入りましょう。これはひとえにこのWithコロナのご時世でグローバルの移動がままならないということと、それによってある程度現地で運営を切り盛りできる体制が半ば強制的にでも実現