アジアでの求人検索

アジアの求人一覧 1希望する勤務国:その他のアジアの求人情報を表示しています。

社名(非公開)求人番号:JTK17325
社名(非公開)

Vice President in India

アジアの求人

その他

企画・管理系職種 - 役員/経営企画/事業統括
インド
年収 90,000~140,000 USD
ベンチャー企業海外勤務
Business OverviewThis company provides their customers with various payment-related services and financial services.They establish a financial company in India.The company will conduct loan business.To Start loan business.The candidate is required financial experience and establish new company in co
技術系職種 - その他(建築設計/土木/プラント/設備)
ミャンマー、ベトナム(ハノイ)
月収 3,500~6,000 USD
現在進んでいるプロジェクトについて、施工管理として携わっていただきます。現地スタッフとは英語を使って的確な指示出しを行い、併せてスケジュール管理を行います。<プロジェクト概要>ミャンマー国内における大学の研究棟建築工事。空調・設備等の設備面全般を請け負います。・期間2019年9月までを目途に進めております。※別プロジェクトにより他拠点への移動を含め勤務いただきます。・プロジェクトメンバーベトナム人・フィリピン人・ミャンマー人・日本人のスタッフが現地入りしています。他社メンバーを含めると、150~200名ほどが携わっています。※本プロジェクト完了後は、ベトナム国内外を含めた案件に携わっていただき
技術系職種 - 生産者/製造業者/工場管理/工程技師
ベトナム(ハノイ/ホーチミン)、タイ(バンコク)、カンボジア(プノンペン)、インドネシア(ジャカルタ)、バングラデシュ(ダッカ県)、ミャンマー
月収 2,000~3,500 USD
・当社海外拠点の運営管理業務全般・検品、検査業務の提案営業・生産物の品質向上のための提案営業・受注した検品、検査業務の品質管理および進捗管理・工場様や取引先様への報告と円滑なコミュニケーション・現地採用社員の指導、育成・予算策定、管理、報告業務人事・総務機能を備える香港拠点の採用となり、駐在として世界各国に派遣されます。現状はミャンマー・インドネシア・ベトナム配属となる可能性が高いです。特定の国限定の場合は、各拠点の法人採用(現地採用)となるため、給与水準などは上記の範囲とはなりません。新卒の場合は、今後の責任者候補としてOJTからのスタートとなります。
営業系職種 - 営業職
タイ(バンコク)、ベトナム(ハノイ)、カンボジア(プノンペン)、ミャンマー
月収 1,500~2,500 USD
プロジェクトの進行役として営業から引き渡しまでのプロジェクト全体を管理して頂きます。顧客層は主に日系企業となります。他国での案件などもあり、現地会社などと協力して進めていただきます。・営業活動・積算・プロジェクト管理・現場管理・顧客対応取引先や関係先からご紹介頂く事も多い為、日頃から関係先との良好な関係構築に努める事も大切な業務となります。最近では中東やアフリカ(イエメン、トンガ、タンザニアなど)案件も手掛けております。採用国はベトナムまたはタイとなり、勤務地はこれらに加え、ミャンマー・カンボジアの可能性があります(希望は考慮されます)
専門職種 - コンサルタント/シンクタンク/監査法人
ミャンマー、ベトナム(ホーチミン)
年収 5,000,000 JPY
日系税理士事務所にて公認会計士を募集します。具体的には以下の通りです。・日本企業向け税務、会計アドバイス・業務進捗管理・ベトナム人社員への教育、指導・セミナー講師(年2回程度)・コラム執筆(月1回程度)※勤務地はベトナム(ホーチミン)またはミャンマー(ヤンゴン)となります。 ベトナム、ミャンマーを出張で行き来しながら業務をしていただくことも可能です。
社名(非公開)求人番号:JHC0012731
アジアの求人

広告/メディア

営業系職種 - 営業職
バングラデシュ(ダッカ県)
月収 1,500 USD 以上
日系広告代理店にてバングラデシュ拠点の立ち上げを担当する拠点長候補を募集します。具体的には以下の通りです。【バングラディシュ法人の立ち上げ業務全般】・拠点運営業務全般・オフィスの選定や各種業者とのやり取り・現地スタッフの採用活動、社内規定の作成など・顧客の開拓活動※立ち上げから運営が軌道にのるまでは、日本本社の社長がサポートします。