ASIA INFORMATION BLOG

アジア各国での生活や旅行・転職に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

Pick up!!

...

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 マレーシアいえばB級グルメ。なんと言っても魅力はその値段で、おかずとごはんで一食RM5-6(約136-164円)ぐらいからいただけます。最初はこの安さにかなり驚きますが、慣れてしまうとRM10ぐらいでも「贅沢したなあ……」と思うようになるから不思議です。 ローカルフードだけではなく、バラエティも豊かで、近隣のアジアンフード、ウェスタン、ラーメンまで食べることができる屋台街(ホーカーズ)がどこにでもあります。 でもたまには日本食が食べたい、いやできたら毎日

【トラブル回避の秘訣を紹介】ホーチミンでのお部屋探しの流れと注意点

ベトナム ホーチミン市の物件は、価格・種類共に豊富な選択肢があります。短期間で効率的に探すためには、希望条件に合わせて業者・物件を絞り込んでいく必要があります。ホーチミンは日本よりも居住者の出入りが激しく、物件の動きも非常に早いため、希望している部屋が埋まってしまった……といったこともよくあります。 今回はそんなホーチミンでのお部屋探しの流れについて、日本との違いをお伝えするとともに、スムーズかつ希望通りの物件を見つけるうえで注意すべきポイントを解説します。   ホーチミンでのお部屋探

【連載②】日本人駐在員の所得の合算を決める基本軸とは~タイの経理現場から~

前回は日本人の駐在員・現地採用者の給与の取り扱いについて、源泉処理とグロスアップ、所得の合算についてお伝えしました。今回は本質的な部分とも言える所得の合算を深掘りするとともに、より分かりやすくご説明していきます。   課税対象かは【居住属性】×【所得の源泉地】で決まる 広義での全世界所得合算という観点で、前回の要旨としては、課税所得対象となる前提条件には①居住者・非居住者か②対価である労働提供先の所得の源泉地はどこになるのか、という2軸があるとお伝えしました。これをマトリックス的にまとめると

激安でマレーシア発の航空券やツアーを購入!旅行博MATTA FAIR

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 今回は旅行好きである私の熱量がほとばしる内容です! ご紹介するのは、クアラルンプールで年2回開催されるマレーシア最大級の旅行博マッタフェア(MATTA FAIR)。旅行博というと、観光スポットを巡る優雅な旅行パンフレットが配布されているイメージですが、このMATTA FAIRは激安航空券やツアーなどがしのぎを削る、旅行好きにはたまらないお得なフェアなんです。   旅行博というよりも…… マレーシアに住んでいてお得感を実感するのが、航空券やツアーなど

ホーチミンの中華系料理店を巡る!サイゴン中華飲食ツアー

Hi!みなさん! ホーチミン在住のベトナム人Hanです。 ホーチミンでは年々中華料理店が増えており、店舗同士の競争も加速しています。そうしたなかでも勝ち残った人気店や老舗店の存在を、みなさんはご存知でしょうか。 今回はホーチミンでおすすめの中華系料理店を紹介する、「中華飲食ツアー」にみなさんをご招待したいと思います。朝から晩まで中華系料理を楽しみましょう!   ツアーの始まりは、1杯のコーヒーから。 まずは6区の中国人街、313 Tan Phuoc StreetにあるThanhおじさんのフィルターコーヒー店を覗いてみま

【2018年版】クアラルンプール生活情報②(医療、住居、衣類編)

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 前回の【2018年版】クアラルンプール生活情報①(物価、食費、日用品、その他編)では、主に食などを中心とした現地の物価についてお伝えしました。 今回は、医療費や日本語で診察が受けられる病院の紹介、住居の選び方、衣類の購入方法と併せた物価情報についてお伝えしようと思います。   クアラルンプールの物価【医療費と健康保険について】 クアラルンプールに在住する場合、企業の駐在や現地採用、留学、MM2H(長期滞在ビザ)など、さまざまな形があると思い

【解説】ベトナムにおける外資によるM&Aの活況と注意点

昨今、日系企業を始めとする外資系企業のベトナム進出が加速するなかで、現地企業に対する「M&A(合弁・買収)」が活況を見せています。現地の資本獲得やライセンス取得などの課題を乗り越え、新たな市場を切り開く上で欠かせないM&Aですが、一方で、新規法人設立との違いや海外M&Aならではのメリット・デメリットを把握しておく必要があります。 本記事では、ベトナムにおけるM&Aの実態とともに、特に留意しておくべき点について、新規法人設立との違いを比較しながらお伝えします。   <目次> ① ベトナムにおける外国投資と