GLOBAL INFORMATION BLOG

海外転職やアジアでの生活に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

【2019年版】ベトナム ホーチミンの物価相場と1ヶ月の生活費は?

こんにちは。ベトナム在住ブロガーのURANOです。 ホーチミンで暮らし始めて早1年になりました。現地で長く過ごしていると、時々思い返すことがあります。 それは、来た当初にやたら高いものばかり購入して、無駄に出費を重ねてしまったということです。 土地勘がなく言葉も分からなかったため、日本にいたときと変わらない生活をしようとして、日本人街の食品店で輸入された日本食材や雑貨を購入し、食事もコンビニや日系レストランに行ってばかり……。 気付いたら貯金がほとんどなく、数か月してようやく無駄遣いを自覚しました(

【初心者向け】もう怖くない! マニラ・ニノイ・アキノ国際空港攻略ガイド

皆さんは、海外の空港には慣れていますか? 今回お話したいのは、フィリピンの国際空港、マニラ・ニノイ・アキノ国際空港(Manila Ninoy Aquino Airport)についてです。 私がフィリピンを初めて訪れたのは、21歳の時。ケソン・シティのフィリピン大学ディリマン校へ留学するためでした。その際に利用したのが、マニラ・ニノイ・アキノ国際空港。空港に関する情報が乏しく、ドキドキしたことを覚えています。 これからマニラに行かれる方は、ぜひ参考にしてくださいね。   フィリピンの玄関口、ニノイ・アキノ国際空港

【2019年版】マレーシアの通信会社とプリペイドSIMカードについて

こんにちは、マレーシア在住のライターパンダンです。 近年のマレーシアでは、クアラルンプールを中心に無料Wi-Fiスポットが増えてきています。 とはいえ、旅行でも短期滞在でも、まずは通信手段をしっかりと確保しておきたいものです。 そこで今回は、マレーシアのプリペイドSIMカードをいくつかご紹介します。   マレーシアの通信会社のSIMについて マレーシアでは、旅行や短期・長期滞在に便利なチャージして使うプリペイドSIMカードが普及しています。 もちろんポストペイド(月払い)も可能ですが、通信会社

ベトナム出入国時の持出&持込禁止品

ベトナムに入国またはベトナムから出国する際、所持していると空港で没収(または罰金)となってしまう物がいくつかあります。ベトナムでの出入国を予定している方は、これらの情報を事前にチェックしておきましょう。 特に、ベトナム側では持ち出しを許可していても、日本側では持ち込みを禁止しているものや、お土産の定番とされている特産品でも、持ち帰れない場合があります。これらは間違えやすく注意が必要なため、やはり購入前に持ち出し・持ち込み禁止品の確認をすべきでしょう。 今回はベトナム旅行者が購入しがちなお土産の

ベトナム人が喜ぶ日本のお土産【女性向け・男性向け・家庭向けを紹介】

ベトナムで働く日本人の方にとって、私たちベトナム人はどんな存在でしょうか。 職場における日本人とベトナム人の関係は、互いが良き友人であり、ビジネスパートナーでもあると思います。そうした相手に贈り物をすることは、お互いの関係を深めるきっかけになると思います。 ベトナムの職場では、誕生日や国際女性デーなどの記念日はもちろん、テト(旧正月)明けにお土産を渡し合うことが多いです。綺麗な生花やお菓子、旅行や帰省先で購入した特産品など。その際に日本人社員の方は、日本に一時帰国した際に購入したお土産を配る

ベトナムにおける新競争法の改正点の概要

2004年競争法と比較した新競争法の重要な改正点の概要 2018年、競争法(以下「新競争法」といいます。)がベトナム国会で可決され、2019年7月1日から施行されました。新競争法は2004年の競争法(以下「2004年競争法」といいます。)と比較して抜本的に改正されており、特に合併や買収に関して知っておくべき新しい規制があります。 以下、2004年競争法と比較した新競争法の重要な改正点の概要をご紹介します。   1. 適用範囲の拡大 新競争法は規制の範囲を拡大しました。具体的には、新競争法第2条第3項において、「関連