ASIA INFORMATION BLOG

アジア各国での生活や旅行・転職に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

Pick up!!

...

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 シリーズ化決定!となるのでしょうか!?……またまたパワースポットに行ってまいりました。前回訪れたのは【マレーシアのパワースポット巡り①】日帰りで訪れるセキンチャンの絶景&願い事の木です。 今回訪れたのはターミナル駅のKLセントラル(KL Sentral)からほど近い中国寺院の天后宮(Thean Hou Temple)です。ほど近い、と言っても徒歩ではちょっと厳しい?のでアクセスはタクシーが便利ではないでしょうか。 いつも回し者のごとく言ってますが……ボラれないためにはタクシ

【ブランド別・価格表を掲載】ベトナムでオートバイを買うには

ベトナムで最も一般的な移動手段はバイクです。 ベトナムには地下鉄がなく、鉄道の路線も限られていることから、バイクでの移動が最も便利であるとされています。 国内のどこに行ってもオートバイを見かけますし、経済都市であるホーチミン市・ハノイ市では、帰宅ラッシュ時にバイクが溢れかえっています。最近では、通勤や外出にバイクを常用する外国人も増えています。 今回のブログでは、ベトナムでバイクを購入したい!という方のために、選ぶ基準や人気ブランド、商品の価格帯、交通ルールについてもお伝えします。  

ベトナム人が喜ぶ日本のお土産【女性向け・男性向け・家庭向けを紹介】

ベトナムで働く日本人の方にとって、私たちベトナム人はどんな存在でしょうか。 職場における日本人とベトナム人の関係は、互いが良き友人であり、ビジネスパートナーでもあると思います。そうした相手に贈り物をすることは、お互いの関係を深めるきっかけになると思います。 ベトナムの職場では、誕生日や国際女性デーなどの記念日はもちろん、テト(旧正月)明けにお土産を渡し合うことが多いです。綺麗な生花やお菓子、旅行や帰省先で購入した特産品など。その際に日本人社員の方は、日本に一時帰国した際に購入したお土産を配る

ベトナムでの生活を快適に!生活周りでよくあるオプションやサービスを紹介

ベトナムでは住居を決める際に、日本ではあまり聞き慣れないサービスを付加することが多い状況です。日本とは住環境、インフラ環境が異なる為、より生活を便利にするだけではなく、必須なサービスもあったりします。 以下、よくあるオプションサービスを5項目に分けてご紹介させていただきます。 <目次> ベトナムの住居のオプション&サービス①【浄水器・浄水シャワー・飲料水】 ベトナムの住居のオプション&サービス②【ウォーターサーバー】 ベトナムの住居のオプション&サービス③【ウォシュレット】 ベトナムの住居のオ

【今週のハノイ求人特集】アジアの風情が残るベトナムの首都ハノイ!優秀な仲間と切磋琢磨しよう

  ハノイ求人特集をご覧いただき、ありがとうございます。 この記事では、海外転職を支援するiconicJob編集部おすすめの、ハノイ求人をご紹介します。 大手企業の求人や、福利厚生が充実した求人、管理職・営業職など多数掲載しています。どうぞ最後までご覧ください。 <目次> ハノイ求人特集【管理職・マネジメントポジション】 ハノイ求人特集【営業職】 ハノイ求人特集【事務職】 ハノイ求人特集【技術・専門職系】 コラム:ベトナム第二の都市、ハノイの魅力 コラム:気になるハノイの生活環境は?   &nb

慣れれば簡単!マレーシアのストリートパーキングの利用方法

こんにちは、マレーシア在住のライター パンダンです。 マレーシアに来て、仕事やプライベートで車を運転する人も多いのではないかと思います。 スコールが降ったり荷物が多かったり、そんな時に車があると安心で、プライベートでも行動半径が広がるので便利です。ショッピングモールには巨大な駐車場がありますし、駐車代が無料だったり、メンバーカードを持っていると料金が割安になったりとお得です。 マレーシアでは、商店街(通常はショップロットと呼ばれています)に面した道路が、ストリートパーキングになっているのを見か

まだ間に合う!キャリアアドバイザーが語る、年内アジア転職活動

「年内に転職先を決めたい!」「海外転職でも年内に間に合うの?」とお考えの方へ。 iconicJob編集部が、年内に海外転職を成功させる秘訣をご紹介します。   海外転職なら、年末に求人が増える「アジア」がおすすめ 日本国内における転職者向け求人数のピークは、4月の新年度を迎える前の2~3月、下半期がスタートする前の8~9月です。一方で海外(アジア)転職は、それらの時期に加えて11月~12月に求人が増加する傾向にあります。 その理由は2つあり、1つは外資系企業の決算が12月に多いこと、2つは旧暦の国にとって