GLOBAL INFORMATION BLOG

海外転職やアジアでの生活に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

Pick up!!

...

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 南国のリゾートなイメージのマレーシアですが、住んでいるとその日差しの強さにびっくり。そして外にいて困るのはいきなりのスコール(日本でいうゲリラ豪雨レベル)。 ということで、思いっきり弾けて遊ぶには屋内最強!?ということで、今回ご紹介するのは個人的に選んだクアラルンプール市内と近郊の推しテーマパークです! テーマパークじゃないのもありますが……。 ベルジャヤタイムズスクエアの恐るべき絶叫マシン ショッピングセンターの中にあるテーマパークという

【タイ労働法コラム】第15回:内定取消しの可否についての判断方法は?

GVA法律事務所・タイオフィス代表の藤江です。本コラムでは、タイの労務管理について、日本との違いを踏まえた上で、法的に解説していきます。今回は、内定の取消しについて解説します。   内定取消しの可否についての判断方法は? 日本の労働法には、内定やその取消しについて明確に定めた規定はありませんが、内定取消しが認められるためには、「客観的に合理的で社会通念上相当であること」が一般的に要求されます。タイでも、内定やその取消しについて明確に定めた規定はなく、内定取消しが認められるかどうかは、事

【新型コロナウイルス】(1)3月18日にマレーシアがロックダウンされるまでの経緯

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 世界で猛威をふるっている新型コロナウイルス(Novel Corona Virus/Covid-19)。マレーシアでは一般にロックダウンと呼ばれる行動制限令(Moving Control Order=MCO)が出されています。 3月15日に新型コロナウイルス感染者数が拡大 マレーシアでは3月上旬まで1日あたりの感染者数は多くて20人程度でしたが。ところが3月14日に40人、15日には190人と爆発的に増加。 その原因の一つとされているのが2月27日-3月1日にかけて開催されたムスリムの大規模集会です。クアラルンプ

シンガポールの新型コロナウイルス感染状況と対策から学ぶ④

世界中での感染の広まりに伴って、3月上旬から入国制限やSHN措置を拡大したことにより、海外からの帰国者が相次ぎ、国内の感染症例数は大幅に増加してしまったシンガポール(詳細は、シンガポールの新型コロナウイルス感染状況と対策から学ぶ③で紹介しています)。もはや安全とはいえない国内状況となってきました。これにより、シンガポールへの渡航を中止・延期された方も多いのではないでしょうか?個人的にも、同時期にMOMに申請した入国が却下されてしまい、帰国できなくなってしまいました。   1. 3月18日、SHN措置

シンガポールの新型コロナウイルス感染状況と対策から学ぶ③

新型コロナウイルス感染の世界的感染拡大がとまりません。2月末まではある程度制限できていたと思われていたシンガポールも(詳しくはシンガポールの新型コロナウイルス感染状況と対策から学ぶ②)、2月29日には感染者が100名に達し、シンガポール保健省(MOH)が公表する3月以降の国内感染状況と規制内容に急速な変化がでてきました。   1. 3月3日、遂に日本が感染予防措置対象国に追加される 2月から懸念していた通り、3月3日時点で感染予防措置の対象となっていた中国(感染症例10,538件)、韓国(感染症例4,812件)、

【AirAsia】もう予約した?1年間乗り放題!「Unlimited Pass」の使い方

こんにちは!マレーシア在住のライター ノマドゆきこです。 マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「Unlimited Passの使い方」です。 AirAsia社が販売したお得なプラン「Unlimited Pass」。 もう予約しましたか? 「まだ利用してない!」「利用方法がわからない!」という方のために、今回はUnlimited Passの使い方をご紹介します。 「Unlimited Pass」とは? 「Unlimited Pass」とは、なんとRM499(約13000円)で期間内であれば何度でもフライトに乗り放題という夢のようなチケットです。 こ

ベトナムにおける新型コロナウイルスの影響

ホーチミン市に住んでいるHanです。 年始から現在までの間に、コロナ感染(COVID-19)の状況は世界中の国々で広まっています。今日までに170以上の国・地域で感染者が出ていて、その数は30万人以上(*)とされています。各地の人々は感染予防に気を付けながら生活を送っていますが、ベトナムでもそうした対策が積極に行われています。現在、ベトナムでは感染拡大の防止に成功しているとされていますが、それでも経済活動、店舗営業、日常生活などの面で多くの影響を受けています。今回はこの危機に対して、いかに協力して立ち向かうかと