ASIA INFORMATION BLOG

アジア各国での生活や旅行・転職に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

Pick up!!

...

グローバル人材を応援する、8ヶ月間のビジネスプログラム(JMEC)に1名様を無料でご招待します。さらに4名の方は、費用半額でご招待します。ぜひ最後までご覧ください。 【キャンペーン応募フォーム】 https://goo.gl/forms/KYgk8w7TyE0sExIn2 ※応募期間:2018年9月1日~10月1日 英語での概要説明はこちら →Details in English   JMECとは JMEC(the Japan Market Expansion Competition)は1993年に在日オーストラリア、ニュージーランド商工会議所と、いくつかの在日外国商工会議所によって開発された、英語を使っ

【チェックリスト&よくある質問を掲載】ホーチミンの物件内覧時に注意すべきポイントとは

前回は、ホーチミンでのお部屋探しの流れと注意点をお伝えしました。 実際に不動産会社に連絡し内覧が決まったら、内覧時に確認すべき点をまとめておきましょう。物件契約後は予想していなかったメンテナンスを不動産会社に求めることがあります。場合によっては対応してもらえない事があり、物件の解約も簡単にはできないため、事前確認をしておくと安心です。 そこで今回は、物件の内覧に役立つチェックリストと、契約時によくある質問・回答について取り上げます。   ホーチミンの物件内覧時の確認事項 まずは不動

【2018年5月最新】ボーナスと初任給の動向

今回は今年5月に弊社が実施した最新の給与昇給率調査結果より、ボーナスと初任給の動向を経年推移を追いながら概観します。   【ベトナム人社員】ボーナス平均支給額の経年推移(中央値) ※単位=KVND ※上記ボーナスには、いわゆる13ヶ月目の給与を含みます。 【ベトナム人社員】ボーナス平均支給額の経年推移(中央値) ※単位=KVND   ボーナスの平均支給額は横ばい、初任給は大学新卒・ブルーカラーともに上昇 【ボーナス】 ボーナスの平均支給額については、ここ数年の1.1~1.4ヶ月分の支給レ

【連載③】税務調査の実例から見る給与負担按分とは~タイの経理現場から~

本シリーズではこれまで、タイにおける日本人駐在員の給与取り扱いのキーとなる源泉処理とグロスアップ、それから所得の合算についてご案内してきました。 今回は給与負担按分について、当局による税務調査の実例も交えて解説したいと思います。   給与負担按分とは 給与負担按分のここで言う「按分」の帰属先とは、親会社である日本法人と、関係会社や子会社であるタイ現地法人と定義します。駐在員の給与という費用負担を、日本側にするかタイ側にするか、法人税の観点から見た税金の取り扱いが今回のテーマになります。

【女性の活躍を応援!求人特集】キャリアはグローバルに築ける!

  こんにちは。グローバルな転職を支援するにiconicJobです。 【女性の活躍を応援!求人特集】をご覧いただき、ありがとうございます。 世界5ヶ国7拠点でキャリアアドバイスを行う私たちは、日々「女性の皆さんは非常に勢いがある」と感じています。 英語力を活かして新しいフィールドでチャレンジする方、専門スキルを土台に海外でキャリアを積みたいという方、多国籍なスタッフをマネジメントする立場の方……。日本国内に留まることなく、積極的に世界へ飛び出そうとする姿がとても印象的です。 本特集では、そんな海外

【解説】ベトナムのインターネット上の個人情報保護に関する規定について

以前の記事「【解説】ベトナム サイバーセキュリティ法の概要~国内Webサービス事業に影響大か~」では、2019年1月1日からサイバーセキュリティ法が施行されることについて解説しました。サイバーセキュリティ法(86/2015/QH13)は主にインターネット上の秩序維持を目的としているのに対して、個人情報の保護を目的としているのは既に施行されているサイバー情報保護法です。 もっとも、その規制分野は一部重複しています。しかし、政府からは異なる法律の趣旨であるため、両者は併存するものとされています。 今回は既に施行されてい

【写真付きで紹介】日本の自動車運転免許証からマレーシアの現地免許を取得する

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 マレーシアでは首都クラルンプールを始め、ペナン島、マラッカ、イポー、ジョホールバルといった国内の主な都市では、Grab(タクシー配車アプリ)を使うことで快適に移動できます。筆者の個人的な印象ですが、市内では特に不便を感じたことはありません。 しかし、電車やバスなどの公共交通事情は、都市部以外ではあまりよいとは言えません。少し郊外に出ると、道を行き交うのはオートバイと車ばかりといった光景です。東南アジアらしくバイクが行き来しているのかと思えば、意