GLOBAL INFORMATION BLOG

海外転職やアジアでの生活に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

シンガポールの記事一覧

シンガポールの新型コロナウイルス感染状況と対策から学ぶ④

世界中での感染の広まりに伴って、3月上旬から入国制限やSHN措置を拡大したことにより、海外からの帰国者が相次ぎ、国内の感染症例数は大幅に増加してしまったシンガポール(詳細は、シンガポールの新型コロナウイルス感染状況と対策から学ぶ③で紹介しています)。もはや安全とはいえない国内状況となってきました。これにより、シンガポールへの渡航を中止・延期された方も多いのではないでしょうか?個人的にも、同時期にMOMに申請した入国が却下されてしまい、帰国できなくなってしまいました。   1. 3月18日、SHN措置

シンガポールの新型コロナウイルス感染状況と対策から学ぶ③

新型コロナウイルス感染の世界的感染拡大がとまりません。2月末まではある程度制限できていたと思われていたシンガポールも(詳しくはシンガポールの新型コロナウイルス感染状況と対策から学ぶ②)、2月29日には感染者が100名に達し、シンガポール保健省(MOH)が公表する3月以降の国内感染状況と規制内容に急速な変化がでてきました。   1. 3月3日、遂に日本が感染予防措置対象国に追加される 2月から懸念していた通り、3月3日時点で感染予防措置の対象となっていた中国(感染症例10,538件)、韓国(感染症例4,812件)、

シンガポールで車所有は難しい?注目のサブスクリプションサービス “Carro”

日本一時帰国中に、国外免許を1年間、無事更新!更新のみなので、所要時間約5分というスピードでした。たまに現地でライセンスを取得する方を見かけますが、現地のドライバーの筆記試験はほぼ満点近く取らなければ合格が難しいと聞いたことがあります。毎回一時帰国の度に、国外免許を更新するほうが楽なんじゃないかと思ってしまうのでした。 さてライセンス問題は置いておいて、今回の記事で話題にしたいのが、この国で車を「所有する」ことのハードルの高さです。   1. シンガポールでの車所有は、なぜ難しいのか その理

シンガポールでおすすめのオガーニックカフェ3選!

シンガポールに住んでいても、旅行しにきても、必ず訪れたいのが 素敵なローカルカフェ ですよね。多民族国家のシンガポールでは、オイリーな中華料理を好む人もいれば、「油や人工調味料はNG!」という人が沢山います。インド系も多いことから、ベジタリアン対応するお店にもアクセスしやすいです。しかしながら、日本ほど自然派でおしゃれなカフェは意外に少ないのです。今回はカフェ巡りが趣味の私がお勧めする、「オーガニック」な料理がいただけるカフェをご紹介します。   1. シンガポールで必ず訪れたい自然派カフェ “Ope

シンガポールの新型コロナウイルス感染状況と対策から学ぶ①

世界的なパンデミックが懸念されている新型コロナウイルスが日本でも猛威を振るう中、私自身のシンガポールへの帰国までとうとう1ヶ月を切ってしまいました。日本とシンガポール間を移動する上で、新型コロナウイルス(COVID-19)の出入国制限への懸念がふつふつと高まってまいりましたので、日本から知り得たシンガポール国内の新型コロナウイルスの感染状況を整理しておきたいと思います。これからシンガポールへの渡航を予定されている方にとっても、少しでも渡航遂行判断をする上での参考となれば幸いです。   1. シンガポール

シンガポールの新型コロナウイルス感染状況と対策から学ぶ②

前の記事「シンガポールの新型コロナ感染状況と対策から学ぶ①」では、今年に入ってから1月末までのシンガポール国内の新型コロナウイルス感染状況と初期対応についてまとめました。本記事では2月以降の状況と追加対応についてまとめています。 1. 入国制限対象が中国全土に拡大 2月2日以降、当初は湖北省に限定されていたシンガポール入国及びトランジットの制限とビザ発行の一時停止の適用範囲が、ついに中国本土に渡航歴をもつ者すべてに拡大されました(保健省HPでの発表)。中国旅券所持者ですでにビザが発行されている場合で