GLOBAL INFORMATION BLOG

海外転職やアジアでの生活に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

海外転職・海外就職の記事一覧

ベトナム語が活かせる求人特集

今や日本で働くベトナム人は31万人以上、国籍別の割合は中国に次ぐ2位にのぼります。 そしてベトナムで働く日本人も、1.7万人(前年比+6.9%)と右肩上がりで増加しています。 邦人数の多いASEAN国のうち、最も高い増加率を誇るのがベトナムです。 今後ますます日本とベトナムの交流が深まり、互いの言語を使用できる人材へのニーズが高まることは間違いありません。 そこで本特集では「ベトナム語」が話せる日本人人材向けに、ベトナム勤務の求人特集をお届けします。 日常会話から業務上のコミュニケーション、交渉が可能なレベル

【ベトナム語講座】ベトナム人と仲良くなろう!簡単な雑談まとめ

前回での入社挨拶に引き続き、ベトナムの会社で使えるベトナム語フレーズを紹介していきます。  関連記事  【ベトナム語講座】入社挨拶にチャレンジ!ベトナム語で自己紹介 朝の挨拶からちょっとした雑談まで、話す機会を上手く使ってベトナム語を練習しましょう。 全体での入社挨拶を終えて、入社手続きやガイダンスが一区切りついたら、さっそくベトナム人スタッフに話しかけてみます。お互いの情報が少しでも分かれば、仕事も進めやすくなると思います。   ベトナム語で朝の挨拶 日本語:おはよう。 ベトナ

【ベトナム語講座】入社挨拶にチャレンジ!ベトナム語で自己紹介

これからベトナムに転職したいそこのあなた! 「ベトナム語(Tiếng Việt)」は話せますか?私は話せません(泣) ベトナムの都市部では、英語が通じるエリアも増えていますが、公用語が話せるに越したことはありません。 ベトナムの企業で働くならばなおさらです。 ベトナム語がほんの少しでも話せれば、ベトナム人スタッフとの距離はグっと近づきます。 そこで今回は、転職したベトナムの会社で入社挨拶をするものと想定し、ベトナム語の表現を練習していきましょう。 ほぼ話せない私でも、ベトナム人の知人に教えてもらい出来

【失敗しない】デジタル時代の英語面接(3)– Web面接向け英語表現 ①

Web面接と言っても、面接官に聞かれる質問は対面面接と変わりません。ただし、Webならではのやりとりもあります。今回は、そうした際の英語表現を一部紹介します。   英語で作動確認をする 面接当日は、面接予定時間の10分前にはSkypeまたは先方指定のソフトにログインして、マイクやスピーカー、ソフトがうまく作動するかをチェックしておきましょう。 約束の時間が来たら、まず先方から下記のような確認がチャットで入る場合が多いです。 面接官:Hello, Hanako, this is Farid Kamil from Iconic. Can I call y

ミャンマーでの食事や給料などに関する文化の違い

ミャンマー人と働くにあたって、文化の違いを感じることが多々あります。 今日はそのうちのいくつかについて話をしたいと思います。     1. 朝ご飯からおやつまで?食事時間に忠実なミャンマー人 まずは食事について。ミャンマー人は食事の時間をとても大事にします。日本人は朝寝坊して朝ご飯を食べる時間がなかったり、仕事が忙しく昼ご飯を食べる時間がなくてもそれほど不満に思うことはありません。仕事中に間食をする人も少ないと思います。しかしミャンマー人は、朝遅刻ぎりぎりに来たと思ったらまずはオフィ

【シリーズ②】タイ人と働く~タイに住んで、食べて、そして働いて~

今回も通常のビジネスコラムを一休みして、より身の回りのネタを読みやすい内容でお届けしますのでお付き合いください。 このタイに住んで、食べて、働いてを通じて、最終的にはタイ人と働くとはどんなことなのか、どんなことに遭遇するのかなどについて、かいつまんでお送りするコラムです。 前回のこのテーマではタイ人と直接仕事をするなかでのよくある気質的なものをお届けしましたが、今回は食べるということを通じて、働く環境にまで踏み込んでフォーカスをあてたいと思います。 ▼前回の記事はこちらをご覧ください。 【シ