レンタルアオザイで街歩き♪半日満喫ホーチミン!

記事をシェアする

ホーチミン観光で時間が空いた時、憧れのアオザイ姿でホーチミンを散策してみませんか?今回は、お手軽レンタルアオザイで5時間ホーチミン満喫コースをご紹介します!


週末、日本からお友達のNちゃんがベトナムへ遊びにやって来ました。過去の来越時に、ホーチミンの主だった観光地やメコン川クルーズなどは既に経験済の彼女なので、今回は「アオザイでお散歩」という切り口で半日市内徒歩観光をすることに。

オーダーメイドのアオザイ製作は、早くて1日で出来上がるのですが、何せ今回の場合は、思いついたのが当日の朝だったため、行ってその場でレンタルをしてくれる、雑貨屋の「Co Co」に突撃。

 

1Fは雑貨屋さん、2Fはオーダーメイドのアオザイやお洋服を取り扱うココさん。
01

予約も問合わせも無しにいきなり伺いましたが、丁寧な日本語で快く応じてくださいました。「店内の写真は撮らないでほしい」といわれたため、あいにく、選べるレンタルアオザイの画像は無いのですが、色とりどり15着ほどの中から選ぶことができます。
アオザイは本来、身体にフィットさせて製作する衣装なので、15着の中から完全に身体に合うものを見つけるのは難しいですが、「お試しアオザイ体験」と割り切って、多少ブカブカだったとしても、好みの柄を選んで楽しみましょう。

 

私はたまたま、色が気に入った一着目の緑アオザイが、奇跡的に割とジャストフィット。Nちゃんは水色のアオザイをチョイス。店内の写真撮影は怒られましたが、鏡越しの自分撮影はギリギリ見逃してくれるようです。
02

アオザイレンタルは、24時間で一着120,000VND(約587円)。アオザイ返却時に返ってくるデポジットの400,000VNDと合わせて、一人520,000VND(約2,543円)をお支払い。着ていった服はお店で預かってくれます。ちなみに、普通サイズのバッグとアオザイの相性は最悪ですので、当日は、アオザイに合うよう小さなバッグ&少なめ荷物で出かけましょう。

 

この日は午後からのお出かけだったので、まずは遅めのお昼ご飯。ココから徒歩2~3分のベトナム料理屋さん「レモングラス(Lemongrass)」へ。こちらは席数は少ないですが、フレンチコロニアル風の店内がお洒落で、非常に落ち着く人気店です。
IMG_20160415_1

ハマグリのレモングラス蒸しと、生絞りレモネード。
04-2

空心菜炒めと、ココナツチャーハン。美味しい上に見た目も綺麗!
05

上記3品+飲み物で、2人分合計550,000VND。(約2,690円)
ローカル店に比べるとお高めですが、清潔感があって味も良いため、日本から来たお友達を案内するにはオススメのお店です。

 

その後、1年前に改装されて観光通りとなったグエンフエ(Nguyen Hue)通りをお散歩。
その時に新しくなったはずのホーチミン像は、2016年4月現在で早くも改修中のため、あいにく見ることはできませんでした。
06

 

そこから、アオザイを脱ぐ手間の要らないフットマッサージ専門店へ。グエンフエ通りから歩いて3~4分の「健之家」さん。
07
メニューはフットマッサージ70分(もしくは+延長30分)のみでわかりやすいですが、実際はフットのみならず、最後に肩や腕などもほぐしてくれます。施術の上手さも相俟ってあっという間の70分。料金は、チップ込みでお一人250,000VND(約1,223円)。席数がかなり多いので、予約はほぼ要らないと思われます。日頃の足腰の疲れが癒えました。

 

続いて、ローカルネイルを体験したいというThe日本女子的なNちゃんの要望に従い、10分ほど歩いてベンタイン市場近くのネイルサロン街へ。以前の記事でご紹介したドローカル店は個人的に一押しでしたが、何せそこは、屋外に面した半路上店で暑いため、かわいいアオザイで行くにはちょっと不向き。
ということで、たまたま通りがかった、「冷房の効いたちょっと良いローカル店」 Hollywood Nailsに入店してみました。
IMG_20160414_31

10

さほど混んでいなかった割に、いやに待たされた結果、終わるまでの所要は2時間近く。
11

ネイルアートのデザインは、あまり派手ではない↑このサンプルを選んでみましたが、実際できた完成ネイルはこちら↓。

12
……うーむ、別に悪いとは言いませんが、「この色でいいか?」 という確認も無く塗りたくられたので、ピンクの色味がかなり微妙です。

 

Nちゃんのネイル。私は結構素敵だと思いますが、ご本人は 「サンプルだと、この白いラインのところどころは紫になるはずだから、見本と違って納得がいかない」 とご不満モード。
13

料金はネイルアート代込みでお一人270,000VND(約1,320円)。前回の路上店に比べるとサービスとセンスはどちらも激しく劣り、それでいて倍額以上の料金なので、あまり満足には至りませんでしたが、それでも日本に比べればまだ安い方なので、「涼しく快適にベトナムローカルネイル」 を体験したい方にとっては、悪くは無いように思います。

 

そして、Nちゃんは日本へのお土産をまだ買っていなかったとのことで、最後にそこから10分ほど歩き、百貨店Parkson内にあるスーパー「Citimart」でお買い物。
14

定番のコーヒーやドライフルーツの他、周りからのリクエストがあったとのことで、マンゴー味とライチ味のハイチュウを大量購入していましたが、それらの商品には思いきり台湾からのインポート品という表記が。ちゃんと指摘しましたが、「飛行機が台湾乗換えだからいいの!」という謎のお答えだったので、反論せずにそっとしておきました


 

今回の行程は、すべて歩いて回ることができます。
16

そんなこんなで、12時から17時までのアオザイ半日ホーチミンお散歩観光、普段あまり着られないアオザイによる高揚も合わさって、なかなか女子的な要素に満ちた充実行程でした。

そして、この後に出かけたディナーのレストランでは、また新たなおもしろい体験ができましたので、次回の記事へ続きます!

またね!

※今回のお店
◆Co Co (47 Mac thi buoi ,Dist1)
◆Lemongrass (4 Nguyen Thiep , Dist1)
◆健之家 (44 Ton That Thiep , Dist1)
◆Hollywood Nails (160 Le thanh ton, Dist1)
◆Citimart (35-45 Le thanh ton , Dist1 Parkson 4F)

miyako

音楽活動とコスプレ活動が楽しい今日この頃

ICONIC

ホーチミン在住3年。音楽活動とコスプレ活動が楽しい今日この頃ですが、将来の希望はドイツに住むことです。ですが、あんことお餅とココナツミルクが大好きなのでそれがあればたぶんどこでも生きていけます。

記事をシェアする

関連する記事