ベトナム出入国時の持出&持込禁止品

記事をシェアする

ベトナムへ入国する際、ベトナムから出国する際、

所持していると空港で没収(または罰金)となってしまう物がいくつかあります。

 

<ベトナムから日本へ持ち帰れないもの>

旅行者がお土産として購入してしまいがちなもので、

ベトナム出国の際に空港で没収されてしまうものをご紹介。

 

フルーツ

フルーツ2

日本よりも格安で手に入るマンゴーや、東南アジアならではのドラゴンフルーツなど、

お土産として持ち帰りたいと思う方もいるかと思いますが、

果物や植物、植物の種などは日本へ持ち帰ることができません。

これは、日本国内に存在しない寄生虫や病原菌を国内に持ち込ませないという理由からです。

※食用に加工されたナッツやドライフルーツは持ち帰れます。

 

 

匂いの強い食品

Nuocmam

ベトナムを代表する調味料ヌクマムマントムなどは、

刺激臭がするということで例え預け入れ荷物の中でも、

万が一見つかったら没収対象となります。

(しかし持ち出し禁止というわけではないので、一か八か荷物に忍ばせるのは有り)

 

 

ブランドのコピー商品

偽ブランド

ベトナムの市場や路上で大量に格安で販売されている有名ブランドの模倣品は、

税関で偽物と判明した場合持ち帰ることはできません。

また、偽物と知りながら日本に持ち込むことは犯罪となります。

 

 

骨董品

骨董品

ホーチミンの骨董品通りなどでついアンティーク雑貨を購入したくなってしまいますが、

基本的にはベトナムから骨董品の持ち出しは禁止となっています。

税関で発見された際に、レシートを提示すれば没収はされなくなってきているようですが、

トラブルのもとになるので骨董品の購入はできるだけ控えたほうが良いでしょう。

 

 

<日本からベトナムへ持ち込めないもの>

ベトナム入国時の禁止品には、

麻薬・毒物・武器・爆発物・花火・骨董品・銃器類

猥褻な内容の本/雑誌/ビデオテープ/DVD/玩具などがあります。

(詳細は在ベトナム日本国大使館 ベトナム出入国情報)

 

また社会主義国のベトナムでは、日本では問題にならない物でも持込が

禁止されていることがあり、特に日本の青年向け雑誌や週刊誌は注意が必要です。

日本の感覚ではただのグラビアに見えても、ベトナムでは猥褻物として没収対象となり、

1,000~2,000USDの罰金を科せられる場合も(量、内容によって)。

※実際には1冊ですと200USDほど請求されることが多いようです

 

荷物の中に雑誌類があるのがみつかると、内容をチェックされてしまいます。

日本の空港で買ってうっかりかばんに入っていて・・・とならないように気をつけましょう!

(雑誌に関する日本国総領事館からの注意喚起)

 

Lyly

ICONIC

2015年よりホーチミン在住の、ICONICアルバイト Lyly です。 時間とお金ができればすぐどこかに行きたくなる、旅行大好きな日本人です♪住んでいるからといって決してベトナム大好き!というわけではないですが、そういう人って意外と多い。そんな、私なりの視点で、ベトナムについて綴っていきます:)

記事をシェアする

関連する記事