GLOBAL INFORMATION BLOG

海外転職やアジアでの生活に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

ベトナムの記事一覧

ベトナムにおける新型コロナウイルスの影響

ホーチミン市に住んでいるHanです。 年始から現在までの間に、コロナ感染(COVID-19)の状況は世界中の国々で広まっています。今日までに170以上の国・地域で感染者が出ていて、その数は30万人以上(*)とされています。各地の人々は感染予防に気を付けながら生活を送っていますが、ベトナムでもそうした対策が積極に行われています。現在、ベトナムでは感染拡大の防止に成功しているとされていますが、それでも経済活動、店舗営業、日常生活などの面で多くの影響を受けています。今回はこの危機に対して、いかに協力して立ち向かうかと

ベトナム人には意外な日本のボディランゲージ6選

こんにちは。ベトナム人のVyです。 日本人と一緒に仕事をしていると、日本にはたくさんのボディランゲージがあることが分かります。ボディランゲージを理解して、私自身も使ってみることで、日本人との会話がよりスムーズになっていると思います。 そこで今回は、ベトナム人から見ると意外な日本のボディランゲージを6つ紹介したいと思います。日系企業ではよく使われているそうなので、覚えてみたいですね。   1. 顔の前で手を合わせる 誰かに作業を手伝ってほしいときに、「Onegai(お願い)」と言いながら顔の前で手を

ベトナム人は知らない日本のおもしろ和製英語

外国語の発音をそのまま自国の言葉として使うのは、それほど変わったことではありません。radio(ラジオ)やcamera(カメラ)のように、英語と同じように読める単語が日本には多くあります。 このような言葉を外来語といいますが、日本にはもう1つ、オリジナリティーにあふれた言葉があります。日本の人々が無意識に使用している和製英語と呼ばれるものです。和製英語はMade in Japanの独特な言い回しの言葉が多いので、今回はベトナム人目線で気になったものを調べてみました。   日本社会に溢れる和製英語 和製英語には確

日本にいるベトナム人留学生が抱えている悩みとは

ベトナム人学生の間で人気が高い日本留学。経済的に恵まれた日本で勉強したい!との思いで留学してきたものの、必ずしも充実した生活を送れているとは限らないそうです。むしろ、様々な場面で障壁や問題が生じています。 今回は、日本にいるベトナム人留学生が抱えている悩みにフォーカスしていきます。   日本を目指すベトナム人留学生たち 近年、日本に留学するベトナム人学生は多くなっており、その数7万2000人以上にのぼります。前年度から約1万人も増えており、出身国別では中国に次ぐ2位となっています。どうして多

【ボランティア】深夜にホームレスの人々を訪ねるベトナム人学生たち

ホーチミンでは夜になると、ホームレスの人々を見かけます。 彼らは家がなくて、家族とも離れていて、一人ぼっちで歩道でスヤスヤと眠っています。 そんな時、枕元にプレゼントを置いてくれる、仏様のような人が現れるそうです。 いったいどういう事なのでしょうか?   深夜にホームレスの人々を訪ねる その正体は、「サイゴンハートフル活動」を行うホーチミン市の大学生達です。この活動には200人ほどのメンバーが参加しています。 彼らはボランティアやスポンサーなどの関係者と連携し、袋ラーメンや牛乳などの

ベトナム人がテトに食べる「バインチュン」「バインザイ」とは?

ベトナムの家庭にとって、もち米を使ったライスケーキのバインチュン(Bánh chưng)とバインザイ(Bánh Dầy)がなければ、テトを始めることができません。これはベトナム人にとって、そしてテトにおいて非常に重要な伝統料理だからです。   ベトナムの伝統料理「バインチュン」と「バインザイ」 バインチュンは先祖への感謝を示す、ベトナムの伝統的なちまきです。材料はシンプルにもち米・緑豆・豚肉の3種類。これをラーゾン(Lá dong)などの葉に包んで10時間以上茹でたものを指します。主にテト(旧正月)のシーズンや、ベ