GLOBAL INFORMATION BLOG

海外生活や転職に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

【エリアガイド】ホーチミンに移住したらどこに住む?おすすめの居住地を紹介

みなさん、こんにちは! ホーチミン在住のベトナム人Hanです。 近年、ホーチミン市は経済・文化・社会面において急速に発展しており、ベトナムの中でも住みたい街の1つとして知られています。特に経済成長によって国内外の資本が集中し、それが都市部の人口を急増させています。故郷を離れて自身のスキルを磨きたい、家族の暮らしを豊かにしたいといった人が集まっているのです。 ベトナムには「An cư lập nghiệp」という決まり文句があるのですが、これはまず安心して暮らせる場所を見つけて、その上で安定した仕事が得られるとい

【正しい水の使い分け】ベトナムでは水道水・飲用水のどっちを使う?

ベトナムでは、水道水をそのまま飲用することはできないという認識が一般的です。 近年は行政による浄水システムの強化などにより、水源(浄水場)自体は日本と大きく変わらない状態に改善されています。一方で、浄水場からの給水に使われる排水管や建物の貯水タンク、配管のサビ・汚れ・劣化による水質悪化が問題となっています。※地域によって異なります。 また、塩素は日本の10倍とも言える量が検知されているとの情報もあり、やはり水道水の飲用への利用はおすすめできません。水道水を沸騰させて料理に利用するにしても、発ガン物

【失敗しない】オンライン上での英文履歴書の登録・応募方法

デジタル時代の今、英文履歴書(英文レジュメ)はメールで送信したり、オンラインでアップロードしたりするのが一般的となりました。   <目次> 応募先の指定に従う ファイル名 オンラインフォーム     応募先の指定に従う 日々、膨大な数のレジュメを受け取る大企業では、ウェブサイトの採用情報ページで応募方法を細かく指定しています。英文履歴書(英文レジュメ)のアップロードに関しては、下記のように、ファイルの種類やサイズが指定されている場合が多いので、指示に従いましょう。 Resume -

ベトナム 旅行業・観光業求人特集

古き良き風情ある街並みやベトナム料理、伝統衣装のアオザイなどで知られるベトナムは、日本からの旅行客が右肩上がりで増加しており、2018年には年間80万人を突破しました。東南アジアへの日本人旅行者数はタイに次ぐ2位となっており、今後ますますの旅行業・観光業の発展が見込まれます。 さらに、日本各地の空港からベトナムの主要都市への就航も増えており、今後はより便利かつ安価なベトナム旅行が実現する見込みです。併せて、日系旅行代理店におけるベトナム現地でのツアー企画や、ホテル・航空券の手配といった業務への需要が

設立時に株式会社と有限責任会社のどちらを選ぶべきか ~ベトナムの会社形態の相違点~

2019年に入ってもベトナムへの新規進出の話は数多くご相談をいただいています。そんな中、会社形態としてそもそも有限責任会社と株式会社の違いの説明をすることが多くあります。やはり日本では株式会社が原則であり、ベトナムで多くの会社が取っている類型である「有限責任会社」と聞いてもピンと来ない場合も多いようです。 そのため、今回は有限責任会社と株式会社の重要な違いについて説明したいと思います。   1. 出資者数 まず、一番大きな相違点は出資者の「数」です。 有限責任者の場合、出資者が一人の一

ベトナムで仕事がしたい方必見!ベトナム生活ガイド

日本との国交45周年を迎えたベトナムは、東南アジア随一の親日国として親しまれています。ベトナムを訪れる日本人の数は年々増加し、2018年には過去最多の約1900万人を記録しました。iconicJobでは、そんなベトナムで仕事がしたい方に転職・求人情報をお届けしています。 今回はベトナム生活ガイドと称しまして、現地での生活情報をお伝えします。ベトナムで働きながら暮らすご自身をイメージして、ぜひ今後の転職活動にお役立てください。 <目次> ベトナムの基本情報 ベトナムの物価と生活事情 ベトナムの物件、居住エリア、