小学校は5年間、中学校は4年間?ベトナムの教育事情とは

記事をシェアする

みなさんはベトナムの教育事情についてご存知ですか?

今回は小中高といった各教育段階における教育期間や教育プログラム、日本との違いを紹介するとともに、私たちベトナム人がどのような過程を経て社会で働いているのか、その概要をお伝えします。

 

1. ベトナムの教育段階と教育期間

ベトナムの教育段階は日本と同様、幼稚園・小学校・中学校・高等学校・大学(大学院)までありますが、教育年数が異なります。小学校が5年・中学校が4年・高校が3年となっており、義務教育の期間は小学校~中学校の9年間です。

学期は9月からスタートし、翌年の旧正月までを1学期、その後6月までを2学期としています。間の7月~8月は夏休みとなります。

 

2. ベトナムの教育プログラム

就学前教育(幼稚園)

3~6歳の子どもが対象となります。幼稚園での教育を通じて、思考力や生活習慣を育みます。

 

小学校教育

小学校は1年生~5年生までの5年間で、必須科目はベトナム語、外国語、数学、自然・社会、歴史・地理、科学、情報技術、体育、芸術、倫理、ライフスタイル教育となっています。

 

中学校教育(前期中等教育)

中学校は6年生~9年生までの4年間で、必須科目は文学、数学、外国語、市民教育、歴史・地理、自然科学、テクノロジー、情報学、体育、芸術など。選択科目として、少数民族語やその他外国語、課外活動や職業訓練などもあります。

中学校を卒業したら、高校に進学したり、職業学校で訓練を受けることも可能です。

 

高等学校教育(後期中等教育)

高校は10年生~12年生までの3年間で、学習科目は以下の通りです。

必須科目:文学、数学、外国語1、経済教育・法律、歴史、地理、物理、化学、生物学、コンピュータサイエンス、デザイン・テクノロジー、 ナショナルセキュリティ教育、芸術、創造的な活動
選択科目:外国語2
また、課外活動、職業訓練、その他の科目もあります。

入試に合格すると公立高校に入学でき、卒業するには教育省の一般試験に合格する必要があります。以降は大学に進学したり、職業教育プログラムを履修することもできます。各カレッジや大学には独自の入学基準があり、状況に合わせて毎年変更されています。

大学は学校や研究分野によって異なりますが、ほとんどは4年間(18歳~22歳)の教育となります。大学卒業後は、修士課程2年(22~23年)、博士課程3年(23~26年)となります。

 

3. ベトナムの学校の授業料

ベトナムでは今現在、学生のために授業料を無料にするといったポリシーはありません。授業料の免除は、生活が困難な家庭や障害を持つ子どもにのみ適用されます。
勿論、私立学校やインターナショナルスクールの費用は公立学校よりも高くなります。

 

4. これからの教育について

ベトナムの教育はまだ発展途上の段階で、教育を受けられる子どもやその分野は限られています。

しかし近年は、先進国の教育課程を参考にし、徐々に改善されてきています。授業の質を高めて学生の自主学習を強化し、教師の評価と組み合わせて、より良い教育プログラムの実施を目指しています。

 
以上、ベトナムの教育事情についてお伝えしました。みなさんの参考になりましたら幸いです。

thuy

鳥のように自由だ

ICONIC

こんにちは、Thuyです。旅行やあたらしいことを見つけるのが好きです。世界は広くてたくさんやりたいことがあります。さあ楽しみましょう!

記事をシェアする

関連する記事