【徹底比較】ホーチミンのおすすめ物件「サービスアパート」と「コンドミニアム」

記事をシェアする

こんにちは。
ベトナム ホーチミン市で日本人向け物件を紹介しているベトナムハウスです。

初めてのベトナム赴任で、住居探しに悩まれる方は多いと思います。
経済の中心地であるホーチミン市には様々な住居形態があり、なかでもアパート型物件の「サービスアパート」とマンション型の「コンドミニアム」が日本人に好まれます。

本記事では、これら2種類の物件について概要とメリット・デメリットを解説します。
ホーチミン市内で住居をお探しの方は、ぜひ参考にされてください。

 

ベトナム ホーチミンでおすすめの物件タイプ

「サービスアパート」「コンドミニアム」、どちらも日本では聞きなれない名称かと思います。
簡潔に説明しますと、サービスアパートは光熱費や掃除・洗濯などの家事サービスが付いた物件です。建物ごと組織が運営しています。

コンドミニアムは日本と同様に、個人オーナーが賃貸に出している物件です。光熱費や家事サービスは家賃に含まれておらず、マンション型の物件が多いです。

室内については、どちらの物件も家具が揃っており、入居者が手配する必要はありません。コンドミニアムは部屋毎にオーナーが異なるため、家具類はそれぞれ違うものが設置されています。

さらに詳細を見ていきましょう。

 

単身者・共働き夫婦向け 便利な家事サービスが付いた【サービスアパート】

光熱費、掃除、洗濯、リネン交換などのサービスが家賃に含まれている物件です。小規模のサービスアパートは、キッチン付きで家賃400USDから入居可能です。簡素なアパートから戸建てを改装した物件など、その形態は様々です。

少しグレードアップしたい方は、「ホテルレジデンス」という選択肢もあります。プールやジムが併設された規模の大きい物件で、家賃は1500USD~5000USDと高くなります。

サービスアパートの物件は、初めてのベトナム赴任で一人暮らしをされる方や、共働きのご夫婦におすすめしたい物件形態です。エリアや物件数も多岐に富んでおり、数多くの物件から探すことができます。

 

ファミリー向け 施設が整った大型物件【コンドミニアム】

日本と同様、分譲マンションタイプの賃貸物件です。ご自身の希望に合った内装や間取り、眺望などを各コンドミニアムから選択できます。環境や設備はサービスアパート以上に整っていることが多く、プールやジム、スーパー(ショッピングモール)が敷地内にあります。
物件に応じて光熱費やインターネット、ケーブルTV、管理費などの支払いが発生しますが、これらは家賃に組み込むことも可能です。

コンドミニアムタイプの物件は敷地が広いため、子どもが遊ぶ場所を確保できるメリットもあります。海外生活に慣れている子育て世帯におすすめしたい物件です。

 

物件タイプ毎の違いを知ろう サービスアパートVSコンドミニアム

それぞれを違いについて、一覧表にしました。

サービスアパートの家賃相場  コンドミニアムの家賃相場
小規模サービスアパート:400USD~1000USD
ホテルレジデンス:1200USD~5000USD
 1LDK:700USD~
 2LDK:900USD~
 3LDK:1200USD~
   
物件が多いエリア  物件が多いエリア
小規模サービスアパート:1区
(Pham Viet Chanh/Nguyen Thi Minh Khaiエリア)
ホテルレジデンス:1区周辺
 ビンタン区、2区
   
サービスアパートのメリット  コンドミニアムのメリット
光熱費や家事サービスが付帯している  環境・設備が充実している
日本人の居住者が多く安心できる  物件規模が大きいため、他の居住者と距離感が保てる
他の物件と比較して家賃相場が安い  同レベルの広さ・グレードのアパートに住むよりも割安
物件数が多く市街地(1区)近辺で探しやすい  部屋の内装が様々で選択肢が広がる
   
サービスアパートのデメリット  コンドミニアムのデメリット
部屋間隔が狭いためプライバシー度が下がる  部屋毎の管理となるためセキュリティ度が若干落ちる
環境・設備面でコンドミニアムに及ばないことが多い  電気、インターネットの支払い忘れがあると停止する
洗濯物の誤配やメイドトラブルが発生する(物件による)  部屋のメンテナンス時には立ち会いが必要
物件のステータスやグレードが低いことが多い  オーナーの質がピンキリでサービスが安定しない

 

比較してみると、それぞれに良し悪しがありますね。
ご自身の生活スタイルや希望条件を加味して、適切な物件を選びましょう。

 
 
以上、サービスアパートとコンドミニアムの違いを紹介しました。住居形態については、他にもVILLA(ヴィラ)という戸建ての選択肢がありますが、また別の機会に紹介したいと思います。
 
 
■ベトナムハウスのご紹介
ベトナムハウス(Vietnamhouse Inc.)はベトナム・ホーチミン市において物件数最大級の日系不動産仲介会社です。2011年創業より長年に亘り、多くの日本人の方や英語圏の方々に住宅・オフィスの仲介をしてまいりました。手数料体系は完全無料 (礼金ゼロ・仲介手数料ゼロ・更新料ゼロ)となり、日本人スタッフが案内から退去までサポート致します。
またベトナム初となる住宅保険を無償でお客様に提供させて頂いており、ベトナムハウスではより安全なご契約を結ぶ事が可能になっております。
「ココロ躍る、お部屋さがし」を標語にお客様のより豊かな生活を支えるベトナムNO.1の不動産リーディングカンパニーを目指しています。

Webサイトはこちら
https://vietnamhouse.jp/

ベトナムハウス(Vietnamhouse Inc.)はベトナム・ホーチミン市において物件数最大級の日系不動産仲介会社です。「ココロ躍る、お部屋さがし」を標語にお客様のより豊かな生活を支えるベトナムNO.1の不動産リーディングカンパニーを目指しています。

記事をシェアする

関連する記事