東洋のパリであったサイゴン【ベトナム三人娘執筆】

記事をシェアする

ホーチミン市は南ベトナムにある最大の商業都市で、観光都市として旅行客に非常に人気があります。最近では高層マンションや巨大なショッピングセンターなどが建設され、著しい発展を遂げています。しかし一方で、旅行者を引き付けるのはたいてい古い建築物であり、その中の一つが中央郵便局です。


 

buu-dien-thanh-pho
ビルの外観 <http://www.baomoi.com/Ngo-ngang-voi-mau-son-moi-cua-buu-dien-thanh-pho/150/15812690.epi>

 

中央郵便局はホーチミンの中心部にあり、フランス風の建築群に所属します。統一会堂からドゥックバー教会に向かって一分ほど歩くと、郵便局に到着します。1886年に建設が開始され、1891年に当時のフランス領インドシナの郵便・電信施設として完成しました。そのため、当時フランスで流行っていた建築デザインをモデルにしたと言われています。

 

郵便局なので入場は無料です。中央には土産物店が並んでおり、ポストカード、切手、本、など、いろいろなものを適正価格で買うことが出来ます。左右のカウンターでは現在でも郵便をはじめ、各種通信・金融サービスの業務を行っています。

4
そして、内側 <http://mytour.vn/location/4556-chia-se-kinh-nghiem-tham-quan-sai-gon-trong-mot-ngay.html>

 

ホーチミン市はこれからさらに近代化していくでしょう。しかし都市生活の慌ただしさの中で、中央郵便局を見ると、現実のことを忘れてしまいそうに感じます。サイゴンがかつて東洋のパリと言われたのが分かるなあと思います。

10640982_686462981445737_4735535392406349745_n
日差しを楽しみながら食事を、「De La Poste Cafe」で <https://www.facebook.com/cafedelapostevietnam>

 

※中央郵便局のすぐそばに「De La Poste Cafe」という喫茶店があります。屋外なので、ドゥックバー教会に朝集まっているハト達が見え、夜寄り合っている若者たちが生み出す活気が感じられる、雰囲気のいいヴィンテージ風のコーヒーショップです。近くにおいでのときはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

Mai

Mai

マイです!日本人と少し似た名前ですが、レッキトしたベトナム人です。薬学部の五年生ですが、2015年5月からICONICでフリーランス翻訳者として働いています(笑)なぜなら日本のことが大好きで、何でもチャンスがあれば是非挑戦したいとずっと思いたからです。ホーチミンに住んでいますのでペットは飼えないんです。それが残念。実家には猫3匹もいます。マイペースでネコ人間とよく言われてしまいますが、どうぞ宜しくお願い致します。

記事をシェアする

関連する記事