ベトナムの新着求人

NEW VIETNAM JOB

事務系職種 - 経理事務/財務
ベトナム(ハノイ)
月収 1,800~2,500 USD
日系大手ゼネコンの合弁企業にて、経理スタッフを募集します。具体的には以下の通りです。・経理業務全般・総務、法務、貿易等の内務業務全般経理のスペシャリストとしてよりも、ゼネラリストとしての動きが求められます。およそ400名のスタッフが勤務する規模感で、現職スタッフと協力して体制強化に取り組める方を募集しています。
社名(非公開) 求人番号:JHC0017389
ベトナムの求人

鉄鋼/非鉄金属/金属製品

企画・管理系職種 - 役員/経営企画/事業統括
ベトナム(ビンズオン省)
月収 4,000~5,000 USD
業界トップクラスの売上を誇る鋼管メーカーで、エグゼクティブ マネージャーを募集します。財務/経理、ロジスティクス、購買、総務、環境、安全/衛生における業務管理を予定しています。合わせて未経験の分野を担当していただく可能性もあります。
技術系職種 - アプリケーションエンジニア/システム開発
ベトナム(ホーチミン)
月収 2,000~3,000 USD
日系IT企業のテスト自動化部門におけるプロジェクトマネージャーを募集します。具体的には以下の通りです。・対顧客業務お客様の組織全体の課題抽出 開発手法・開発環境・開発状況を踏まえたテスト自動化の最適な導入プランの計画 国内営業と連携した提案活動プロジェクト推進、運営のための顧客折衝サービスを取り入れているお客様の検証業務管理、推進、コンサルティング・プロジェクトモニタリング業務テスト自動化プロジェクトの立ち上げ・管理・推進サポート プロジェクトメンバーのフォロー ・組織運営支援組織長の右腕として組織拡大に向けた戦略策定 日本サイドとの営業・リソース状況の調整 日本サイドとの方針・戦略のすり合わ
営業系職種 - 営業職
ベトナム(ホーチミン)
月収 1,500~2,500 USD
日系ソリューション開発企業にて、生産管理ソフトの営業スタッフを募集します。具体的には以下の通りです。・生産管理パッケージソフトの営業業務・日系企業の代表や役員へのアポ取り、商談・導入サポート業務1社にかかる営業期間はおよそ半年~1年となります。アポ取りから複数回の商談を経て導入、導入決定時にはシステムに関する様々な質問に回答します(実際の導入はエンジニアが対応します)エリアはビンズオン省やドンナイ省の工業団地を担当します。
営業系職種 - 営業職
ベトナム(ハノイ)
月収 2,000~2,500 USD
大手通信グループのハノイ拠点で、営業マネージャー候補を募集します。具体的には以下の通りです。・日系企業を中心とした、外資系企業への営業業務・自社サービス(ICT)の提案営業、コンサルティング業務営業マネージャー候補として、自社サービスの提案営業に従事していただきます。社内公用語は英語となるため、英語能力は必須です。
営業系職種 - 営業職
ベトナム(ホーチミン)
月収 1,800~2,500 USD
外資系の大手海運グループにて物流営業スタッフを募集します。具体的には以下の通りです。・主要顧客の獲得、関係構築・効果的なCRMの活用・顧客の要件対応・顧客からのフィードバックの収集、報告、共有・市場動向の監視ベトナム南部での事業拡大につき、日系企業の新規開拓を担う日本人営業を募集します。社内は全員外国人スタッフとなるため、外資系企業ならではの職場環境で経験を積んでいただけます。
社名(非公開) 求人番号:JHC0017370
ベトナムの求人

ITアウトソーシング

技術系職種 - ITコンサルタント・システムコンサルタント
ベトナム(ダナン)
月収 2,500~3,500 USD
日系Web制作・開発企業にてプロジェクトマネージャーを募集します。具体的には以下の通りです。・システム開発基本計画の策定・業務要件定義・システム化要件定義・設計や開発の管理・スタッフの育成、マネジメント開発チームでプロジェクトマネジメント業務を担当していただきます。開発言語は様々ですが、主にPHP・Javaを使用します。
事務系職種 - マーケティング/商品企画/広告宣伝
ベトナム(ハイフォン)
月収 2,000~2,300 USD
経済特区の工業団地で、日系企業誘致を担うマーケティングスタッフを募集します。具体的には以下の通りです。・顧客リストメンテナンス・配布物管理・顧客対応業務港湾施設を備える工業団地で、進出が見込まれる日系顧客の対応強化を行っていただきます。新規顧客開拓の支援、アカウントマネジメント、既存顧客のCS向上などが主な業務です。
社名(非公開) 求人番号:JHN0017390
ベトナムの求人

IT/通信

営業系職種 - 営業職
ベトナム(ハノイ)
月収 1,500~2,000 USD
大手ICT企業のハノイ拠点にて提案営業スタッフを募集します。具体的には以下の通りです。・ICTサービスの提案営業・スタッフと連携した社内業務事業拡大につき増員募集をいたします。提案営業としてのポテンシャル、社内業務にあたり自身の要望を明確に伝える英会話力が必要となります。
社名(非公開) 求人番号:JHC0017377
ベトナムの求人

運輸/物流/エネルギー

販売・サービス系職種 - 運輸・物流サービス
ベトナム(ホーチミン)
月収 2,000~3,000 USD
重電大手の物流子会社で、代表の右腕として活躍する物流アシスタントマネージャーを募集します。具体的には以下の通りです。・倉庫内業務・事務所内業務・顧客のフォロー業務・現地スタッフのマネジメント業務・見積もり作成業務・部材の調達業務など現地法人代表の右腕として、物流業務全般を担当していただきます。全体の業務配分は、倉庫内業務が6~7割、事務所内業務が3~4割となります。現地スタッフには資料作成のポイントを教えたり、顧客対応時のサポート等を行います。

【ベトナムで活躍!】転職者インタビュー

USER'S VOICE IN VIETNAM

ベトナム転職者インタビュー

学生時代から考えていた「海外転職」を実現したベトナム転職。

学生時代から考えていた「海外転職」を実現したベトナム転職。

学生時代にアメリカでインターンに参加した時から、海外で働くということに漠然と興味を持っていました。社会人になって「海外に行きたい!」という気持ちがますます強くなり、海外での転職を検討。そんな時に見つけたのがICONICの転職サイトでした。

アメリカでインターンをした経験があるとはいえ、英語力は日常会話レベル。自分に合う仕事は無いのでないかと不安でしたが、なんとかなるのでは?という楽観的な気持ちも一方でありました!(笑)

ICONICの方は親身に相談に乗ってくださり、私が希望する仕事内容の求人をご紹介いただきました。書類作成や面接にも的確なアドバイスをいただきました。その甲斐あって、無事、ベトナムにある日系企業への入社が決定。

ベトナムでは、金属加工部品の営業を行っています。経済成長真っ只中のベトナムでのビジネスはとても刺激的です。やはり英語力はあるに越したことはなく、少し言語に苦しむ時もありますが、思い切って飛び込んでみてよかったと思っています!

メーカー(28歳/営業職/男性)

ベトナム転職者インタビュー

「英語」「グローバルキャリア」をテーマにオフショア拠点のマネージャーに転職。

「英語」「グローバルキャリア」をテーマにオフショア拠点のマネージャーに転職。

職場の友人に誘われ英会話学校に通い始めてから、なんとなく海外で働くことには興味を持っていました。その後、本格的に英語を学ぼうと、カナダに一年間留学。留学中に「仕事復帰するならば日本より海外で」と思うようになりました。最初はカナダやオーストラリアなどを考えていましたが、就労ビザの難易度や物価のことを考えると選択肢から外れました。他に適切な国はないかなと調べていた時に、「英語を使った求人ならアジアがおすすめ」という記事を読んで、「アジアでの転職もありかも?」と思ったのがベトナムでの転職を意識したきっかけだったと思います。

どのようにキャリアを築いていくのかを考えた時に、「これまでの業務経験はしっかりいかしつつ、英語が使える環境にチャレンジしたい」という気持ちがあったのでそんな働き方ができる求人を検索。

念願叶い、ベトナムのオフショア拠点で、ローカルメンバーをまとめるマネージャーとして働いています。ベトナムの食事は口にも合うので、ベトナムで転職してよかったなと思っています!

IT企業(34歳/開発プロジェクトマネージャー/女性)

ベトナムの魅力

ATTRACTION OF VIETNAM

ベトナム社会主義共和国地図
ベトナムの人口 人口

約9,270万人※1

ベトナムの面積 面積

32万9,241㎢※1

ベトナムの中央年齢 中央年齢

30.4歳※3

ベトナムの公用語 公用語

ベトナム語

ベトナムの通貨 通貨

ドン(VND)

ベトナムの経済状況 経済情報
  • ・経済成長率(GDP):6.21%※1
  • ・日本企業進出状況:1,452社※2
  • ・在留邦人:14,695人※2
キーワード キーワード
  • ・日本と友好関係があるアジア随一の親日国。
  • ・GDP成長率が年5~10%と高い経済成長を続けている途上国。
  • ・日本語教育の推進や経済連携協定などの様々な連携している。

※1 出典:外務省「ベトナム社会主義共和国 基礎データ」

※2 出典:外務省「海外在留邦人数調査統計 平成28年(2016年)要約版」

※3 出典:国際連合「World Population Prospects: The 2015 Revision」
2017年3月1日に利用