GLOBAL INFORMATION BLOG

海外転職やアジアでの生活に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

ビジネスの記事一覧

【連載⑤】日本人の駐在員・現地採用者の給与の取り扱いについて~タイの経理現場から~

表題のテーマで取り扱ってきた内容が書き始めたらそれぞれ深かったため、これまで4回にも渡って主に日本からの赴任者いわゆる駐在員を中心に取り上げてきました。今回、本テーマの最後にあたって、今やその存在も時に駐在員以上の成果や期待などのプレゼンスも出始めている現地採用されている方向けの目線で取り上げたいと思います。 前回の記事はこちら:【連載④】日本人の駐在員・現地採用者の給与の取り扱いについて~タイの経理現場から~   タイの日本人現地採用(プロパー社員)の取扱い 現地採用されている方について

【解説】ベトナム サイバーセキュリティ法の概要~国内Webサービス事業に影響大か~

ベトナム サイバーセキュリティ法の公布 近年、ASEAN各国でSNSの利用が盛んであり、ベトナムでは特にFacebookの利用率が高まっています。Eコマース(通販)サイトや各種Webサービスの事業も拡大してきており、ベトナムの若年層ユーザーがWebサービスを広く利用していることが伺えます。 このような状況下で、ユーザーの個人情報をどのように保護するのか…という個人情報保護の観点について注目が集まっています。 ベトナムでは他国同様、個人情報保護について法令で規定されており、ネットワーク情報保護法(86/2015/QH13、2016年7

【タイ労働法コラム】第9回:タイの退職金・解雇補償金に関するルール

GVA法律事務所・タイオフィス代表の藤江です。 本コラムでは、タイの労務管理について、日本との違いを踏まえた上で、法的に解説していきます。今回は、タイの退職金・解雇補償金に関するルールについて解説します。   タイに退職金制度は無い?似て非なる解雇補償金制度 まず、一般的に日本で「退職金」というと、一定の間勤務継続した人が、退職する際に、(多くの場合は)その貢献に応じて、まとまった金銭を支給される制度を言います。退職金の支給は、会社の義務ではなく、どのような基準で支給するか、どのような対

ベトナム2019年労働法改正案の重要な改正点

現在、ベトナムでは労働法の改正草案が国会に提出されています。過去何度も労働法の改正について議論されてきましたが、そのたびに延期されてきています。今回の草案は施行される可能性が高まっていますので、最新の重要な改正点について説明したいと思います。 PDFデータはこちらをご覧ください。 最新の労働法改正案の重要な点   <本記事に関するお問い合わせはこちら> CAST LAW VIETNAM Web:http://cast-group.biz/ Mail:info-v@cast-law.com

【ベトナムの相続法の仕組み】ベトナムで資産を持って亡くなったときの対処は?

経済発展が続くベトナムにおいては、毎年日本人の居住者も増加しています。また、ベトナムに居住していなくても、ベトナムの不動産を購入している方もいます。そうした中、ベトナムに不動産や預金・証券などの資産を有したまま亡くなった場合、相続はどのようになるのでしょうか。今回は、ベトナムでの相続の概要について解説します。   1. ベトナムの相続法 ベトナムでの相続は、大きくいえば日本と類似の制度となっています。 相続については、民法において規定されていますが、2017年1月1日から新しい民法が施行され

【連載⑫】就業規則の大解剖~タイの経理現場から~

「タイの経理現場から」シリーズ、連載12回目となります。 就業規則の後半部のメインパートである第7章も今回で完結となります。今回もタイらしい内容でお届けします。 ▼過去の記事はこちらをご覧ください。 但野和博(外部ライター)の記事一覧 https://iconicjob.jp/blog/author/tadano/   タイの福利厚生と権利 目次 第7章 福利厚生と権利 7.7 年次健康診断 7.8 親睦会及び年次社員旅行 7.9 出張時の宿泊費、食費及び諸費用 7.10 研修   前回までの2回と今回にわたり、全3回にもなるこの第7章 福利厚